釣り方紹介

アナハゼの釣り方

投稿日:

アナハゼイメージ
アナハゼは外道の代表格とも言える魚ではあるが、初心者にでも簡単に釣れてライトルアーゲームの練習ボウズのがれにちょうどいいターゲットである。あまりにも貪欲なので私はダボハゼと呼んでいることが多い…。

アナハゼは10〜25センチぐらいまでの魚で特徴としては身がブルーであるところと、魚類としては珍しく生殖器を持っており体内で受精を行うところ。

そんなアナハゼの釣り方を紹介してみよう。

スポンサーリンク

アナハゼのいる場所

北海道南部・本州・四国・九州の一部を除く地方の漁港、テトラポットなどの障害物がある場所に普通に見られる魚で岸から狙える距離にたくさん生息している。
ダボハゼ
漁港の壁に隠れていたり、テトラポットの穴に隠れていたりする魚で、普通のハゼのように砂地の場所というわけではなく障害物が好きなようである。
アナハゼ

アナハゼのシーズン

オールシーズン釣れるのがこのアナハゼの魅力で、夏でも冬でも大抵釣れてくれる。

アナハゼを釣るためのタックル

アナハゼは小型の魚なのでライトゲーム用のタックルやエギング、シーバス用タックルのようなタックルでも釣れる。小さなルアーを使えることが重要になってくるので柔らかめのロッドと細いラインを使えることが重要になる。

ラインは1号までのナイロンラインがベストではあるがフロロカーボンラインやアジング用のエステルラインで代用しても問題はない。

アナハゼを狙うルアー

アナハゼは根魚やアジなどのライトゲームターゲットを狙っていると釣れる魚でそういった魚を狙うルアーを使えば釣れる。

例としては小型のメタルジグライトワインド仕掛け、小型のミノーやバイブレーションなどが挙げられる。

アナハゼは意外と歯が鋭くてちぎれにくい素材のワームを使わないとすぐにボロボロになってしまうので注意が必要。ママワームなどの伸びる素材のワームがおすすめ。

アナハゼの釣り方テクニック

アナハゼ画像
アナハゼは外道としてよく釣れることもあり、ルアーターゲットの中では相当アグレッシブにルアーを追う魚と言える。

基本的に障害物のカゲで餌を待ち構えるスタイルなのだが根のそばを通るルアーを見つけると根から飛び出して来てかなりの距離追ってきて食うチャンスを狙っている

アナハゼを狙うなら基本的に底付近から中層付近を狙ってルアーを引いてくると良い。一度ルアーを底へ沈めてアクションさせて誘いながら中層まで巻き上げ当たりがなければまたもう一度底まで沈めるというパターンが一番釣りやすい。

中層まで巻き上げている時に後ろに追尾してきていることがあるので底をとりなおす時はテンションをかけたままゆっくり沈めるとゴン!と当たりがあることが多い。当たりが来たら合わせて巻いてくればゲットできるだろう。口の大きな魚なので基本的に即合わせで構わない。

漁港の場合、壁にくっついていたり、漁船のロープにくっついていたりするので足元にワームやルアーを落として竿を上下させて誘ってあげるとどこからともなく飛び出してきてひったくっていくのが見える。

アナハゼは基本的に居れば食ってくる魚なのでルアーの後ろにアナハゼが追尾してこないとかアタリがまったくないという場合はそこにアナハゼがいない可能性が高いので移動して探っていくとよいだろう。

アナハゼの食べ方・料理法

アナハゼは身がブルーというかなり特殊な色をしていてあまり食欲を誘わない魚ではあるが意外と美味ということで食べる人は美味しく料理して食べている。

料理法としては焼いて、味噌汁に入れると良いだしが出るため非常に美味しいと言われている。その他は大きい魚が釣れた場合、刺し身が美味。

見た目に反してその味は中々の高級魚ということで釣れたらいろいろな料理を試してみたい魚である。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

秋は気候がよくて釣りがしやすく、魚も冬を前に荒食いを始めるシーズンということで釣りにおいて超ベストシーズンとなる季節である。そんな秋におすすめなルアーフィッシング対象魚を紹介してみよう。 この記事が気 ...

2

クーラーボックスは美味しく魚をいただくためには必須アイテムなのではないだろうかと思い、少しクーラーボックスについてご紹介する。 クーラーボックスと言っても簡易保冷バッグから真空6面パネルまで様々なラン ...

3

目次「ハゼクラ」とは?タックルについてハゼクラのロッドハゼクラ用のリールハゼクラ用のライン私のハゼクラタックルルアーについて腹のフックは無い方がいいかも時期によってはアシストフック必須ハゼクラでハゼを ...

4

2018年、ダイワとシマノの両社がスピニングリールのフラッグシップモデルを共にモデルチェンジして新発売となった。 このシマノのステラとダイワのイグジストを両方買って使って魚を釣ってみた結果、比較して感 ...

-釣り方紹介

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2018 AllRights Reserved.