釣りサイト「釣活」ブログ

チニング用リールの基本知識とおすすめ紹介

リールイメージ
ルアーでチヌを釣るチニングで使うリールはスピニングリールベイトフィネスリールが今よく使われています。
スピニングリールが良いのか?ベイトリールがいいのか?それぞれの特徴などを詳しく紹介してみます。

どういうリールがチニングには向いているのか?

スピニングリール

スピニングリールイメージ
スピニングリールは軽いルアーを投げやすく、ドラグ性能も良いので比較的初心者向けのリールとなっている。

ベイトリール(ベイトフィネス)

ベイトフィネスイメージ
ベイトフィネスリールはベイトリールの中でも2グラム程度の非常に軽いルアーを投げることの出来るリールのことで、パワーがあり強烈なチヌの引きでも問題なく寄せてくることが出来るのがメリット。

今売られているスピニングリールはどれも非常に性能が良くなっていて、トラブルも一昔前に比べると圧倒的に減っている。

使い心地も比較的低価格なモデルでも何ら問題なく使えるレベルになっている。

それでも長く使ってくるとリールによって違いははっきりとしていてドラグ性能(ラインがスムーズに出ていくか?)とかスムーズな巻き心地かどうかが明らかに違ってくる。

チニング用のリールとしての注意点は剛性が強いかどうか?と軽いかどうか?

高剛性のリールは強烈な引きに耐え強引にやりとりすることも出来る。やわなリールだと歪んで巻けないこともあるのがクロダイの引き。

軽さは感度と直結するので出来る限り軽いと感じるリールがよい。相反する強さと軽さのバランスが重要。

チニングにおすすめするスピニングリール

上に書いたことを踏まえた上で、私が自信を持っておすすめするスピニングリールを紹介しよう。

シマノ・ストラディックCI4


icon
16 ストラディックCI4+ C2500HGS
何の釣りに使っても優秀なのがこのリール。カーボンボディーの軽さとHAGANEギアが売り。シマノのギアは強くてクロダイの強烈な引きに向いている。ドラグ性能もグッド。

icon

ダイワ・カルディア

軽さを追求しながらも高剛性のカーボンリール。リールが軽ければ感度も上がる。巻き心地の滑らかさも素晴らしく快適性が高い。2018年に最新モデルが発売され、規格がLTに変更されてますます進化が進んでいる。

icon

チニングにおすすめベイトリール

ベイトフィネスを選ぶ上でのポイントはタックルの軽さ。繊細なアタリを取る上でタックルの軽さは重要でショートバイトを取るなら軽いリールを使う事が大事。
あとは夜釣りでもトラブルが少ない扱いやすさや飛距離などにも気をつけて選びたい。

シマノ・ブレニアス


icon
14ブレニアス RIGHT
まず、おすすめしたいのはシマノのブレニアス。ソルト専用のベイトフィネスリールで自重わずか200グラム。とにかく軽いのだがアルミボディーで高剛性とチニングに理想的なリール。

シマノ・アルデバラン

私が使っているのはシマノのカルカッタBFSで金属ボディーなので超高剛性。どんな魚がかかっても全く心配なくやり取りが可能。多少持ちにくいが使いづらい程でもなくおすすめできるリールである。

ダイワ・アルファスSV

ダイワのベイトフィネス用リールで自重175グラムと非常に軽い。マグネットブレーキは小さいルアーを遠くへ飛ばすのに向いているブレーキシステムでSVスプールはトラブルがとても少ないことで評判のいいスプール。繊細なベイトフィネスのチニングにマッチしたリールと言えるだろう。

アブガルシア・REVO

自重141グラムとトップクラスの軽さを誇るリールであり、ソルト対応ということでチニングにもベストマッチする。このスペックでこの価格を実現できるのはハイコストパフォーマンスが魅力のアブガルシアだからこそ。

おすすめチニング用ライン

クロダイのルアー釣りで重要なのは50センチ級の魚を確実にしとめることの出来るライン。クロダイの引きは尋常ではない

50センチクラスになると竿が折れるのではないかという恐ろしい竿の曲がり方になる。これに加えて歯がすごい。アタリと同時に仕掛けごとぶち切られることもしばしば・・・。

バス用と同じでは厳しいので、エギング用に近いセッティングになる(流用可)。

具体的に書くと、メインラインはPEラインの0.8号以上を使用し、リーダーは1.5号以上

大型が多いところだと3号をリーダーの先に20センチほど接続するのもいい。チヌは神経質で細いハリスのほうがよく釣れるというのは昼間の話で、夜なら基本的に太くても釣れる。

メインライン

メインラインのPEとして最高なのがこのライン。初期投資としては高いと感じるかもしれないがPEラインは基本的に1年くらいは使えると考えるとこの値段なら安いと感じる。色々なPEラインを使ってきて多くの人が辿り着く理想のPEライン

リーダー

フロロでやわらかくて強い。エギングのリーダーと同じでかまわない。シーガーグランドマックスは他の商品より高いが基本的に使うのは50〜1メートル程度なので使い方によっては2年ぐらいは使える。

ベイトフィネス用のラインはフロロ直結

ベイトフィネスタックルの場合はPEラインではなく、フロロカーボンライン6〜8LBを使う。私は7LBのフロロカーボンラインを巻いているがリーダーが不要でとてもストレスなく釣りが可能。7ポンドあれば40センチぐらいのチヌなら、ちょっとした岸壁でも抜き上げる事ができる(タモ推奨ではあるが)。

バス用で有名な高性能フロロカーボンラインはチニングでも非常に優秀で、多少の根ズレぐらいなら問題なく強引なファイトが可能。トラブルも少なく扱いやすい。

夏の必需品!モバイル扇風機 ウェアラブルスポーツファン、あなたの夏を涼しく ハンドフリーヘッドホンデザインウェアラブルポータブルネックバンドミニ扇風機、旅行用屋外充電式USB 左右Wファンが涼しい。首掛けポータブルファン。

おすすめ記事

1

皆さんはUber Eats(ウーバーイーツ)というサービスをご存知だろうか? Uber Eatsは簡単に言うと出前で、GPSを使ってどこへでも出前を運んでもらえたり、これまで出前をやっていなかったよう ...

2

クーラーボックスは美味しく魚をいただくためには必須アイテムなのではないだろうかと思い、少しクーラーボックスについてご紹介する。 クーラーボックスと言っても簡易保冷バッグから真空6面パネルまで様々なラン ...

3

2018年、ダイワとシマノの両社がスピニングリールのフラッグシップモデルを共にモデルチェンジして新発売となった。 このシマノのステラとダイワのイグジストを両方買って使って魚を釣ってみた結果、比較して感 ...

投稿日:

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2019 AllRights Reserved.