ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

チニング

キビレプチ爆デー

投稿日:

チニングイメージ
どうも釣活くんです!

昨日やたら大雨が降って川が増水したので多分チヌが高活性という予想のもと、ちょっとキビレを狙いに行ってきたのでレポートします。

明るいうちから

夕まずめから釣り開始。日が長いので中々日が沈まない。多分日が沈んでからが本番だろうなと思いつつ濁ってるのでもしかしたら釣れるかなといった感じで釣りを開始。

不思議な空の色
空の色が不思議な色をしていた。

ちなみにこの日は大潮で川が増水していて濁りが入っていて南からのやや強い風というチヌが釣れる要素が全部揃ったバブル的な日だった。CR海物語で言うと魚群リーチが発展してマリンちゃんとサムが出てきた感じの期待値MAXレベルの状況。

タックルは最近お気に入りのベイトフィネス。アドレナ+アルデバランに7lbのフロロラインを使っている。多分チニングには絶対合うはずと思ったので使ってみた。

実績のあるポイントを撃っていく

今回、根がかり対策としてブラックバス用の直リグ2.5グラムを使用してみた。使ってみた感想としては根がかり激減でめっちゃいい感じだけどベイトフィネスではさすがに飛距離はほとんどでない感じ。まぁこのポイントのチヌの場合は足元で食ってくることが多いのでそれほど飛距離はいらないことが多いから20メートルぐらいの飛距離で十分という判断でやってみた。

ちょこちょこ動きながら撃っていくと流れの当たる場所でアタリ。ただ小さい魚なのか乗らない。
そんなバイトが何度かあった後、ヒット。小さいのか?と思ったもののそんなことはなく引きが強烈。キビレの引きはものすごいパワフルで最高。空気を吸わせても中々弱らず突っ込みまくってすごかったが上手く寄せてゲット。
チヌ画像
しょっぱなからナイスサイズ。まだ明るいけど問題なく釣れる。

リリースして同じような場所を狙う。
いつもは中々同じ場所から連発したりはしないのだが今日は違った。やはり大規模な増水と大潮南風の条件が揃えば連発もあるみたいでアタリがバンバン。だが合わせても乗りづらい。多分小さい魚がかじってるのだと思う。乗ってもすぐバレたりする。

しばらくアタリをとにかく全部合わせていたら乗った。これも小さいのか?という予想を裏切りナイスサイズ。
チヌ画像

このサイズが連発すると本当に楽しい。アタリもコンコン!ってくるのを思い切り合わせるという釣り方なので気持ちがいい。やっぱり釣れてたって感じの釣れ方より思い切り掛けていくような釣った感のある釣りはしびれる快感がある。これがチニングの醍醐味。

アタリが無くなったら少しづつ移動を繰り返し広範囲に攻めていく。今回は本当に魚影が濃い上に魚の活性も高くどこのポイントでもアタリは多かった。

軽く3匹めも40オーバーゲットして4匹目はサイズダウンしたもののこれも35センチぐらいある良型。
チニング
チヌイメージ

5本目も40センチくらいの魚だった。もう写真も取らずに即リリース。

6本目は少し移動してやっと釣れた25センチのチビサイズ。
チビチヌ

その間にも即バレとかを挟んでいて本当にアタリに関してはひっきりなしと言ってもいいぐらいだった。

おそらくこの後も頑張れば2桁は楽勝だったのだろうけど仕掛けが根掛かって切れてしまったので終了ということにしておいた。
シーバスの人は何人か周りでやっていたが釣れている気配が無かった。

キビレゲームはこれからのシーズンますます楽しくなってくるのでまたベイトフィネスでガンガン釣っていこうと思う。

今回の使用ルアー

エコギア(ECOGEAR) バグアンツ

ほとんど全部このワームにて

おすすめ記事

1

春、釣りを始めたい人が増えるシーズンですが正直そこそこ難しいシーズンだったりもします。 なぜかと言うと気温が安定しないことが多く、三寒四温で急激に水温が下がったりした時は魚がさっぱりエサに食いつかなく ...

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

-チニング

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.