チニングに必要なアイテムまとめ

フィッシュグリップイメージ

チヌ(キビレ・クロダイ)を釣るのに必要なのは、ロッド・リール・ライン・ルアーであるがそれ以外にもいくつか必要なものがあるのでそれについてこのページで紹介していこう。


ランディングツールは必須アイテム

クロダイをゲットするためにはランディングツールと呼ばれるタックルが必要である。

一つ目がタモアミ(玉網)。昔から使われているランディングツールで足場が高い場所などでは必須となる。

2つ目がフィッシュグリップと呼ばれる魚つかみ。クロダイは口が小さいので指で口を掴んだり出来ない。腹を掴むというのもあるが暴れると落として逃げられるのでフィッシュグリップは必須アイテム。

チニングに使うタモアミ(玉網)について

タモアミのイメージ

タモ網は軽さとコンパクトさが大事

タモアミは持ち運びやすいものじゃないとついつい置き忘れたりして無くしたり、重くて置きっぱなしにしていると魚がかかった時に取りにいけなくなってしまったりする。

チニングのポイントはたいてい足場がそれほど高くない場所だったりするので、それほど長いタモの柄は必要なく、3メートル程度で十分の場所がほとんどだろう。沖堤での岸壁チニングなどでは長いタモの柄が必要になってくる場合もあるがその時は長いのを使おう。

私のおすすめはとにかくコンパクトに収納できるタイプ。仕舞寸法が短いタイプは持ち運ぶ時に腰にぶら下げたり出来てとても快適に持ち運べる。長いと持ち運び時に取り回しが悪く邪魔なので、出来れば継本数の多いコンパクトタイプを選びたい。

タモ枠のサイズは小さくてもOK

シーバスやハマチなど細長い魚の場合、タモ枠のサイズも魚の全長ぐらいあったほうがすくいやすく、逃げられにくいので60センチ枠をおすすめしているのだが、チニングの場合、魚の全長は大きくても50センチ程度でタモ枠サイズもそのぐらいで十分となる。一般的に安いタモアミについてくる45センチ枠でも、十分チニングには使えると言えるだろう。

タモアミはゴムコーティングされてるものが望ましい

リリースする場合、魚にやさしいラバーネットを使うことをおすすめする。チヌは結構網に入ってからも暴れるのでナイロンのネットだと鱗が剥がれやすい。ラバーコーティングされているか、ラバーネットだと魚のぬめりも取れにくくリリース後も元気なまま泳いでいけるだろう。

キビレは意外と繊細な魚で結構よく死んで浮いているのを見るので、長くこの釣りを楽しむなら魚に優しいリリースをしたい。

参考タモ網(ランディングネット)について

タモ網におすすめなアイテム

ジョイントパーツ

ジョイントパーツイメージ

これはタモの枠と柄を重ねて収容出来る優れもので陸っぱりで歩きながら釣りをするなら必須レベル。非常に便利なアイテムだ。
昌栄・フレックスアーム・・・私ももちろん使っているが非常におすすめ。

クリップ

これはライジャケとか腰のベルトに差し込むタイプのクリップ。
使いたい時にすぐ取り出せるので、歩きながら釣りをする際にはかなり便利である。
プロックス・タモホルダーV3

おすすめタモ網

TAKAMIYA(タカミヤ) H.B concept ラストウィニング ランガンシャフト
私がチヌ用に使っているタモ。ブラックバスやライトゲーム用ではあるが40センチクラスのチヌにはちょうどいい大きさ。コンパクトで持ち運びが便利なのもグッド!
ロッドイメージ

Amazon タモ網ランキングはこちら

タモの臭いの取り方

たまに魚の匂いがむちゃくちゃ臭い時がある。そのまま車へ持っていったり、収納すると最悪なことになるので臭いは取ってから持ち帰ろう。

取り方は網を水につけて思い切り上下にじゃぶじゃぶすれば大体取れる。匂ってみてダメだったら何回かじゃぶじゃぶすれば多分大丈夫。
本当にダメな時は、ヌーラ 急速イオン消臭スプレーのような製品もあるので使ってみるといいだろう。

あと、匂いが漏れないようにゴミ袋は必ず持って行こう

フィッシュグリップについて

フィッシュグリップ
フィッシュグリップは閉じるとロックがかかって魚がどんなに暴れようが全く外れないようになる仕組みになっているので、クロダイだろうがでかい鯉だろうが草魚だろうがランディング出来る。

私も旧モデルを使用しているオーシャングリップ。
この製品の特徴は圧倒的な軽さ!

いつもベルトを通す穴のところをつかませて持ち運んでるのだが、軽過ぎてつけたまま電車で帰ろうとしてしまうことがよくあるくらいつけてる感じが無い。これだけ軽くても、グリップ力は最強レベルで大型の青物にも対応している。


ドレス(DRESS) GRASPER GRUKHA(グルカ)

ドレスの製品はオーシャンマークより後発ながらオーシャンマークには無い良さがある。

製品をよく見ると掴む部分に突起があるので魚の口が固く閉じられている場合でも速やかにこじ開けることが出来て手間取らない。そしてマジックハンドのように折りたたみで伸びるので、通常コンパクトで使う時は魚に届きやすい仕様。銃のトリガーのような形状も使いやすい。

マルシン漁具(Marushin)ヴィーナスグリップ
【掴む】ことに特化したフィッシュグリップ。コンパクトさでは最高レベルの製品である。一時期は類似した製品が多く売られていたが上のような製品の方が主流となった。ウェーディングなどでは重宝するサイズ。

キープするならストリンガー

チヌを持って帰るならストリンガーもあると便利。

まとめ

チヌはシーバスのように顎をがっしり掴むことが出来ない魚で、どんな足場が低いところで釣りをしてもタモが必須と呼べる魚だ。また、ランディング後も暴れることが多く、フィッシュグリップも無いと後処理が非常に困難になってしまう。
私もフィッシュグリップを使わずに何度も逃げられて写真が取れなかったことがある。

ちゃんとキャッチしたいならタモとフィッシュグリップは必須だろう。

ルアー釣り入門

このページでは「釣活」の釣り入門コンテンツをまとめて紹介しています。ルアー釣り初心者から意外と基本的なことを忘れてしまったルアー釣り歴の長い方までごらんいただけると幸いです。 目次タックルについてウェ ...

続きを見る

おすすめ記事

1

秋は気候がよくて釣りがしやすく、魚も冬を前に荒食いを始めるシーズンということで釣りにおいて超ベストシーズンとなる季節である。そんな秋におすすめなルアーフィッシング対象魚を紹介してみよう。

2

釣りという趣味ははまる人ははまるがはまらない人ははまらない。 何が違うのか?それはわからない。 けれども私にとっての釣りは人生で一番興奮出来る遊びであり、どれだけやり続けても飽きることの無い究極の趣味 ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

投稿日:

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2020 AllRights Reserved.