チニング 釣行記

春のチヌゲット!

投稿日:

どうもご無沙汰しております、釣活くんです。

最近ようやく暖かい日が続くようになって春を感じずにはいられませんね。春だからと言ってボーッとしていると私のように仕事で重大なミスを犯しとんでもない状況に陥る可能性もあるのでこういう時こそ気を引き締めたい今日このごろです…。

ということで今回はすでに非常に好調っぽい春のチニングをやりに行ってみたのでそのレポートです。

芦屋周辺のシャローへ

武庫川周辺でもよく釣れているのであるが私がよく行く場所はボラの大群に占拠されており、先週行った時もぎっしりボラでラインにやたら当たってくるのでほとんど釣りにならず、夜は夜光虫でラインが光りまくり釣れる気がしなかったため今回は場所を変えて芦屋周辺のシャローポイントでチヌを狙ってみることにした。

夕方6時ぐらいに到着して釣りを開始。

タックルは先週行った時のままでベイトフィネスにバグアンツのジカリグ仕様となっている。とりあえず適当に沖に向かって投げてみる。魚っ気は割とあってボラなのか何なのかが水面をもぞもぞさせている。

魚っ気は無いよりはあったほうがいいのでボラだとしてもこの程度ならプラス材料と感じる。

最近よく釣れているメソッドがボトムバンプということでズル引きよりもテンポよく探れるボトムバンプでポンポンルアーを飛ばしながら誘ってみる。

ぶっちゃけ半信半疑でやってたわけだが着底と同時にコンと明確な当たりを感じ巻き合わせを入れる。かかったがめっちゃ引く。

ベイトフィネスで7ポンドを使っているので結構緩めにしてあるドラグがかなり出される引きで中々寄ってこないが特に巻かれる場所もないのでゆっくり寄せてきてゲット。
春キビレゲット画像

春のチヌは釣れるといいサイズが多いのだがそれにしてもナイスサイズな春チヌをゲットできてかなりうれしい。

マジで最近野生の魚を全く触れていなかったのでこれが今年初の野生の魚となった。寒すぎるのと仕事始めて色々忙しすぎたのと相まって釣りにさえほとんど行けてなかったのも原因ではあるがそれにしても3月入って初野生フィッシュって遅すぎ…。

釣れることがわかったのでこの付近を同じ攻め方で探っていくがたまに当たりらしきものがあったり、完全に魚が食ってるアタリもあるのだが乗せきる事ができず、結局2時間ほどやって満潮の潮止まりとなったためこの一匹で終了となった。

春のベイトフィネスキビレゲームはちょうどシーズン真っ盛りなので来週も大物目指して行ってみようと思う。
キビレ

今回のヒットルアー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

クーラーボックスは美味しく魚をいただくためには必須アイテムなのではないだろうかと思い、少しクーラーボックスについてご紹介する。 クーラーボックスと言っても簡易保冷バッグから真空6面パネルまで様々なラン ...

2

オクトパッシングとはタコをルアーで釣るつりのことだ。 今回はこのタコ釣り、オクトパッシング(オクトパス+フィッシングの造語)についてまとめてみる。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツ ...

3

2018年にフルモデルチェンジされたダイワのスピニングリールのフラッグシップモデル、イグジストを買ってみたのでインプレッション記事を書いてみよう。 公式サイトEXIST(イグジスト) | DAIWA ...

4

ライントラブルは釣りをしていて最も厄介な問題の一つだ。 ほどくのに時間がとられるし、再起不能になれば釣り自体がそこで終了してしまう。 こんな状況に陥らないためにライントラブルを防ぐ方法をいくつか紹介す ...

5

釣りはアウトドアなので常に雨にあう危険性がある。また船釣りなどでは波しぶきが掛かったりするのでレインウェア(別名レインコートまたはカッパ)というのは釣りの必需品のひとつだと思われる。 今回はそんな釣り ...

-チニング, 釣行記

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2018 AllRights Reserved.