ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

チニング

台風接近でチヌの活性爆上げ!?

投稿日:2022/09/04 更新日:

9月になって早速台風が日本の南で発生し、日本に接近するコースとなっている。

釣り好きで有名なオール阪神師匠は気圧の変化で体調を崩すタイプの人なのだが台風がフィリピン近海とかで発生しただけでわかると言っている。

それだけ台風は地球に大きな影響を与えているものなのだろう。

そんな台風のパワーにより、魚も食いだめに走ったのかかなりいい感じだったチニング釣行をレポートしていこう。

3投目でナイスサイズのチビレをゲット!

いつもの通り、近所の武庫川へ行って釣りを開始する。とりあえず特になんの変哲もないところへ投げているかな?と探る。

ルアーは「ハタ喰い蝦」。とにかくなぜかよく釣れるのに他のワームよりもちょっと安いしサイズも丁度チニングにピッタリサイズで千切れにくくて主力ワームの一つとなっている。

最近ではバグアンツよりもこっちの方が斥候として好成績を誇っているレベル。ちなみにクレイジーフラッパーは強いが値段が高いので厳しそうな場面でしか使わない。

釣りって最初の方はその日の潮の流れとかベイトフィッシュの動きとか潮の透明度とか波とかそういう要素を確かめる時間なので10投ぐらいは本気で釣ろうとはしてない時間なのだが3投目でひったくるようなアタリが来たので反射的に合わす。

最初の引きは良かったのでいいサイズかと思ったものの抜き上げサイズのチビレであった。一応最初の魚なのでネットは使ったが別に使わなくてもいいサイズではあった。

初っ端から釣れる日というのは後が続かない日なのではあるがその後もかなりいいアタリが続き、思わず「おっふ♡」と斉木楠雄のセリフが飛び出すほどである…。

でもおそらくはチビレなので場所を変更。

実績のあるポイントへ移動してやってみるがアタリが無い。いつもよく釣れる岩を通しても反応がないので移動。

風が当たるエリアでやってみると早速ヒット!これは大きい。楽しめるサイズ感でキャッチしたのはナイスサイズのキビレであった。このサイズのキビレは非常に楽しめる。

ただ、かかりどころが悪くてフックがぐにゃぐにゃになってしまったのでワームをチェンジ。

より大物が釣りたくてワームのサイズを上げてハリーシュリンプを投入。これはバス用のワームなので少しサイズが大きいがチビレも普通に釣れてしまうという最強ワーム。値段が高いのが残念なところではある。

この作戦が上手くいってアタリだけだったところでひったくっていくようなバイトが出てヒット!

かなり良い引きを味わいゲットできたのは真チヌ。

最近真チヌを釣っていなかったので嬉しい一匹だった。なぜかチヌってキビレがよく釣れる時と真チヌがよく釣れる時に偏りがあるような気がする。なぜかはわからないけど。

この後、ちょっとアタリが減ったのでチビレが釣れたところへ戻ってハタ喰い蝦を投げるとまたチビレがガッツリ持っていくアタリでヒット!これは普通に抜き上げたがお腹パンパン。来る台風を前に食いだめしてる感じがすごい。

やっぱりチビレエリアは小さいのしかいないようでアタリも乗りそうなアタリが来ないので移動し、真チヌが釣れたところでまたやってみる。

この日は潮の動かない日だった上に風もほぼない釣りはしやすいけど変化は少ない日だったのだがタイミングよく風が吹き始めてザワザワ感が増す。

食うなら今だろって思った瞬間ドン!と当たりが来たので軽く合わせるとしっかりヒット。

引きはそれほど強くなく重いけどすんなり寄ってきたが結構いいサイズの真チヌだった。

まだまだ釣れそうではあったが2時間ほどで5本ゲット出来て十分楽しめたので終了とした。定説通り台風が近づいているタイミングは非常に魚の活性が上がるという結果だった。

おすすめ記事

1

夏は暑いがルアー釣りにはベストシーズンなので夏に是非ともおすすめしたいルアーフィッシングを紹介していこう。

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-チニング

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.