イベント 旅行

【VR ZONE】VRの釣りが想像以上によく出来てた件

投稿日:

VR ZONE
PS4などでもVRが発売されていろいろなところで話題になっているヴァーチャルリアリティー

実は釣りのVRも前から話題になっていて2017年新宿のコマ劇場跡地正面(ミラノボウル跡地)にオープンしたVR ZONEというVRのテーマパーク的な場所で体験することが出来るということだった。

このVR ZONEについて知らない人のために少し説明すると全てVRを使ったアトラクションで遊べる施設であり、VR版のジョイポリスみたいな感じの場所。釣り以外にもスキーやマリオカート、自転車で空飛ぶやつ、エヴァンゲリオン、お化け屋敷みたいなのもある。

料金体制など詳しいことは公式サイトでご確認を

釣りブロガーとして釣りに関することはとりあえずやってレポート書いとかなきゃなぁと思って今回一人で行ってみることにした。

スポンサーリンク

月曜日の午前でも少し並ぶ

平日の午前とか人少なそうだなと思いながら行ってみたのだが10時のオープン前から10人ぐらい並んでいた。見ているとグループ出来ている人以外にも私のように一人で来ている人も何人か見受けられたので少し安心。一人でテーマパークはVRと言えどそこそこハードル高いよね!

どうも海外からの旅行者も結構いて半分ぐらいは外国人だったような感じがした。

10時少し前にオープンして入場券を購入して中に入る。当日券もネットで買っても同じ値段なので当日券を買ったほうが良さそう。入場料と4回遊べるチケットがセットになったチケットを購入する。パンフレットとゴーグル用のカバーもここで受け取る。

早速、一直線で釣りのVRへ向かう。

もちろん一番乗りだ。流石に釣りのVRをしたくて平日の朝からここに来る人は私ぐらいなもののようで一番乗りできた。

案内してもらって早速プレイ開始の前に説明を受ける。説明を聞くとなんか難しそうでややこしそうなのだが実際にデモプレイを受けるとすぐに理解できると思う。

目の部分にマスクみたいなのを装着し、VRのヘッドセットをつけてもらう。帽子も脱がないとダメなので注意。

ヘッドフォンをつけてもらうともう完全に大自然の中に来た気分になる。ニジマスを釣るゲームなのだが思った以上に山奥の湖だった。
どんな感じかはサイトで見てもらうとだいたい分かる。

デモで一通りやり方を学び釣りスタート。

投げる感じもリールを巻く感じも凄くリアルでまさに釣りをしているような気分になる。没入感がその辺のゲームの比ではない。

とりあえず巻いているとリールにアタリが伝わってくる。このあたりの感じも良く出来てると言うしか無い。掛かったらロッドで合わせを入れずにただひたすらリールを巻くだけなのだがハンドルの重さ加減がまさに魚を釣っているのと同じ!魚が暴れれば巻けなくなるし、魚が弱れば軽くなる。

大きい魚はどれだけリールを巻いても全然寄ってこない。必死で巻いて寄せてきたらタモ型コントローラーを持ってすくい上げ、重さと長さを確認してリリースして次の魚を狙う。

60センチ台のニジマスは中々寄ってこなくて手強いが40センチぐらいのは結構簡単に寄ってきて釣れる。

時間制なので最後かなり巨大なニジマスがヒットしたが全然寄ってこなくてそのまま終了となった。中々の悔しさ…。

終了したらヘッドセットとヘッドフォンを外してもらう。この時係員の人は私が釣りマニアだと見抜いていた。どうやら初めてで7匹釣れる人はあまりいないようで釣りの上手さがゲームの上手さに直結しているらしい。それもまたリアルで面白い所である。

プロフェッサー永井監修だからこそのリアルさ

このゲームがこれだけリアルな理由はプロフェッサー永井氏が監修したからである。この人物はエリアトラウトファンなら誰もが知る人物で、あのトラウト激釣れルアー「ザンム」(旧名アンフェア)の生みの親であり、トラウトフィッシング研究では常にトップを行く人物なのだ。

私もフィッシュオン王禅寺に行った時にそのテクを見させてもらったが超初心者にあっという間にニジマスを釣らせてしまっていた…。

そんなトラウトフィッシング界の大物が監修したことにより釣り人でも納得出来る釣りのVRが完成したということなのだ。

みんなで行けばもっと盛り上がりそう

今回は一人で行ったので誰ともバトルを出来なかったが釣り仲間とバトルするというのがこのゲームの本来の楽しみの一つらしい。今度は釣り仲間を連れて行ってバトルしたい。

他にやってみたゲームも紹介

フロアガイド
4つセットのチケットを買って釣りの他にも3つ体験したのでそれも軽く紹介しておこう。

ハネチャリ

自転車で空を飛ぶゲームだ。このゲームは自転車のペダルを漕いでも前に進まず上昇するだけなのでなんか感覚が難しい。ハンドル調整で前に進むなど出来る。

時間内にゴールを目指すというゲームである。

一人で行ったけど他の人2人と一緒にゲームする形になる。でも個人プレーのゲームなので特に関わることはない。

このゲームの凄さはグラフィックの美しさ。壮大な谷間をひたすら飛ぶ解放感があって最高に気持ちいいゲームになっている。洞窟ゾーンではぶつかりまくったものの意外と墜落しないので頑張って前へ進む。

なんかよくわからない内にゴールが見えたので思い切り突っ込んで時間内にゴール出来た。ほぼ墜落みたいなゴールだったわww

3人中2人ゴールという結果だった。意外と操作が難しい感じがする。

あと、注意は高所恐怖症だとスタートすら出来ない気がする…あの最初踏み出す時の怖さ異常だよ…。

エヴァンゲリオン

このゲームはエヴァファンとしては乗っとかないとダメだろってことで乗りに行く。外国人の人もエヴァが好きみたいでここだけ30分待ちになってた。

ガイドしてくれるスタッフがなんかエヴァンゲリオン好きそうだった。

エヴァンゲリオンに乗り込んで使徒を倒すというゲームなのだがゲームが主体というよりもエヴァンゲリオンの世界を味わうことが主目的のような気がするぐらいゲーム時間は短い。ただ十分に満足のできるアトラクションだった。

私がやった時は3人とも1人で来てる人という状況で多分みんな初めてだったようで全く歯が立たず終了。このゲームは難しすぎると思う。

スキーロデオ

そう言えばスキー何年も行ってないなぁと思ってやってみることにした。

このゲームは山の頂上から麓のゴールを目指すゲームなのだが超リアルで斜面が超こええ!これも高所恐怖症の人には絶対おすすめできないやつや。

崖から落ちるシーンとかマジで死ぬかと思った…。結局半分ぐらいで時間オーバーとなったが終わってからマジで膝に来るゲームだった。これ本当に下手すりゃ心不全やわ…。軽い気持ちでやるゲームじゃねえな。

超リアルで超面白かった

VR ZONE行ってきたまとめ

VRイメージ
人生で初めてVRというものを体験してみたけど凄く良く出来ていて面白かった。

プレイステーションのVRは値下げされて35000円とかなのでまだまだ買うのは辛いけどこのVRゾーンなら一つ1000円程度プラス入場料で体験できるのでまだやったことない人とかにはおすすめできると思う。

ちなみに、釣りVRの隣がマリオカートVRで釣りしながらものすごい悲鳴が聞こえてくるというなんともシュールな感じになっている…。まぁしょうがないけどね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

クーラーボックスは美味しく魚をいただくためには必須アイテムなのではないだろうかと思い、少しクーラーボックスについてご紹介する。 クーラーボックスと言っても簡易保冷バッグから真空6面パネルまで様々なラン ...

2

オクトパッシングとはタコをルアーで釣るつりのことだ。 今回はこのタコ釣り、オクトパッシング(オクトパス+フィッシングの造語)についてまとめてみる。 この記事が気に入ったらいいね ! しようシェアするツ ...

3

2018年にフルモデルチェンジされたダイワのスピニングリールのフラッグシップモデル、イグジストを買ってみたのでインプレッション記事を書いてみよう。 公式サイトEXIST(イグジスト) | DAIWA ...

4

ライントラブルは釣りをしていて最も厄介な問題の一つだ。 ほどくのに時間がとられるし、再起不能になれば釣り自体がそこで終了してしまう。 こんな状況に陥らないためにライントラブルを防ぐ方法をいくつか紹介す ...

5

釣りはアウトドアなので常に雨にあう危険性がある。また船釣りなどでは波しぶきが掛かったりするのでレインウェア(別名レインコートまたはカッパ)というのは釣りの必需品のひとつだと思われる。 今回はそんな釣り ...

-イベント, 旅行

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2018 AllRights Reserved.