元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

アジング

最近のアジングタックルが軽すぎる件

投稿日:

今月のソルトウォーター誌を見て驚いたのがアジングタックルの進化。

by カエレバ

この表紙にも使われているのががまかつのラグゼ宵姫 天というロッドであるがなんと32グラムである…。

32グラムって空気やん!っていうしかない…。

詳細はラグゼ宵姫 天の公式サイトにてご確認を。

アジングロッドはアジングという言葉が生まれた当時は7フィート以上あるのが普通でメバリングロッドと何が違うのかわからんような竿もたくさんあった。

しかし最近はとにかく信じられないぐらいアジングロッドが進化していてより短く、より軽く超高感度に進化してきている。今では5フィート台のアジングロッドがどんどん生まれていて軽さが際立っている。

なぜこれほどまでにアジングロッドが軽くなっているのか?というと感度を追求しているから。アジングは小さなアタリをかけていく釣りなので感度が良ければアタリがわかりやすくなって釣果が上がる。

アジの居る港湾部は結構いきなり深くなっていて足元でも釣れるので飛距離を犠牲にしても軽く短いロッドへ流れているのが今の状況だろう。

リールも超小型軽量に!

そんな32グラムというとんでもない軽さのロッドに合わせてリールも小型化が進んでいて今まではシマノでは1000番クラスのリールが最小クラスではあったのだがついに500番という超小型スピニングリールが誕生している。その重さわずか140グラム!
参考NEW ソアレ CI4+[Soare CI4+]

先程のがまかつのロッドとソアレCI4を組み合わせた重さは172グラム!ラインと仕掛けを合わせても200グラムもないという信じがたいセッティング。

使ってみたいの一言だ。

このタックルなら俺みたいに下手くそな人間でもアジングが楽しくなりそうな気がする。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

クーラーボックスは美味しく魚をいただくためには必須アイテムなのではないだろうかと思い、少しクーラーボックスについてご紹介する。 クーラーボックスと言っても簡易保冷バッグから真空6面パネルまで様々なラン ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知識に ...

4

ライントラブルは釣りをしていて最も厄介な問題の一つだ。 ほどくのに時間がとられるし、再起不能になれば釣り自体がそこで終了してしまう。 こんな状況に陥らないためにライントラブルを防ぐ方法をいくつか紹介す ...

5

釣りはアウトドアなので常に雨にあう危険性がある。また船釣りなどでは波しぶきが掛かったりするのでレインウェア(別名レインコートまたはカッパ)というのは釣りの必需品のひとつだと思われる。 今回はそんな釣り ...

-アジング

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2018 AllRights Reserved.