サイトロゴ

激安のクロスバイク「FORTINA」購入!乗ってみた感想

激安のクロスバイク「FORTINA」購入!乗ってみた感想
先週、ロードバイクが盗まれてウーバーイーツが出来なくなり、競馬資金を作れないという事態に陥ってしまったため、早急に次のクロスバイクを購入した。

ロードバイクから安物のクロスバイクに乗り換えた感想はどんなもんなのか、紹介してみよう。


新しいクロスバイク紹介

送料込みで23,000円しない激安クロスバイク。馬券が当たってちょうど2万円ぐらい稼げたのでそれを使って買った。

これが今回購入したモデル。

ぱっと見、結構ちゃんとしたクロスバイクって感じではあるが、重量は13キロ近くあるし、後ろのタイヤは簡単に外れないタイプである。タイヤのチューブも仏式ではなく、米式のバルブ

クロスバイクっぽいシティーサイクルと言ってもいいぐらいのレベルのような気がする…。さすが安物。調べるとルック車とも言われているらしい。

組み立ては簡単だが…

組み立てに関しては付属の工具を使えば簡単に組立可能で、30分もかからずに説明書もほとんど読まずに組み立てることが出来た。

私がクロスバイクを10年ぐらい乗ってきたというのもあるだろうが、初心者でも難しすぎるというレベルではなく、説明書を読めば1時間はまずかかることなく組み立てることが出来ると感じる。

ただ、問題はネジをちゃんと締めないとすぐ緩むというところで、シートと前輪が30分ぐらいでグラつき始めた。どの程度締め込んだらいいのかちょっと把握しづらいので使う前に30分程度試し乗りをして緩みがないかはチェックしたほうが良いだろう。最初は工具を持って試し乗りしたほうがいいかもしれない。

こういう組み立てや調整の部分が素人にはちょっと難しい部分だったりするので本当のド素人は多少高くても近くの自転車屋で買ったほうが安心かもしれない。

乗り心地について

乗り心地について
安いクロスバイクの乗り心地であるが、とにかくふにゃふにゃしてる感じがする。

これまで10キロ以下のロードバイクでレース仕様のモデルを使っていたため、非常に反応が早く、ペダルを踏めば一瞬で加速するし、曲がる時もハンドル操作がものすごい軽く、機敏に動いたのだが、安物の場合は全てが遅い

ペダルを踏んでもイメージより0.5秒遅れて進むし、ハンドル操作でもワンテンポ遅れて車体が動く感じがする。これがレース用と街乗り用の違いなのかと強く実感する。見た目が俊敏そうなのに全然動かないのがかなりギャップが強く乗り味が気持ち悪い

ただ、恐らくシティーサイクルと比べると十分に軽くて動きも慣れればそれほど大して気にならなくなっていくだろう。

総合的に判断して買ってよかった

総合的に判断して買ってよかった
まだ、乗り始めて数日なのでなんとも判断しかねるが、1時間半程度漕いでみた感想としては普通に使う分には全く問題なく、街乗りにはちょうどいい自転車だと感じる。ウーバーイーツ用として活躍してもらえるかなと思って買ったクロスバイクではあるが、正直十分活躍してくれると感じる。

タイヤの空気圧もロードレーサーほどではないが結構ちゃんと高圧にすることが出来るので長距離乗っても疲れにくいし、変速も7段あり問題なく使用できるので多少の坂でも問題なく登れるだろう。

今まではロードバイクで配達していたわけだが、正直レース仕様の軽すぎる自転車は結構コケやすくて危険だったし、ハンドルの位置が前すぎるのでウーバーのバッグを担いで真剣に漕ぐとバッグが傾いて中身がぐちゃぐちゃになってクレームに繋がることも多かった。長距離が続いた時は一生懸命漕ぎすぎてバッドマークだらけになったこともある。

それを考えると食べ物を運ぶウーバーイーツにはシティーサイクルぐらいがちょうどいいと感じる。流石に上本町の辺りの坂がしんどいので変速は7段ぐらい無いと厳しいと感じるが2万円のクロスバイクの方がロードレーサーに比べて多分使い勝手はだいぶ上だと思う。

ロードバイクの呪縛からやっと開放された

ロードバイクの呪縛からやっと開放された
本当に今は早くロードバイクを売ってクロスバイクを買っとけば良かったという気持ちしかない。ロードバイクの場合、いつ盗まれるかとビクビクしながら停めるところも考えないとだめだし、タイヤが細くて空気が抜けやすいので、すぐにリム打ちのパンクしてめんどくさいことになるし、コケて怪我しやすい…。

正直ロードバイクを普段遣いするメリットがマジで無い。速いとか楽とかは長距離漕いで始めてメリットとなるわけで街乗りではまずメリットを活かしきれない。

とにかく負債でしか無かったロードバイクの呪縛からやっと開放されて少しホッとしている。

なんやかんやでパーツとかばらして売ったら5万ぐらいついたかもしれんと考えると盗まれたことはかなり痛手ではあるが不幸が起こると幸運が訪れる開運法によって、その日のうちに2万8000円の万馬券が当たってだいぶ帰ってきたのでまぁいいか…。

3年間乗って総合的に評価すると無し

激安のルック車を購入して3年以上が経過して結論を書くとルック車は買わないほうがいいという結論に至った。

理由はとにかくボロいから。

まず、タイヤがボロすぎて1年も経たずにひび割れが出来た。結構長距離乗っているというのもあるし、長距離乗るために空気圧も高めというのもあるが溝の減り方がかなりひどい。消しゴムかよってぐらいの勢いで減る。
そしてパンクを連発する。チューブもしょぼいのを使っているようで連続してパンクしたのでパンクしにくいのに変えた。もう最初から変えておけばよかったと思う。

両方ともパンクしにくいチューブに変えて両方ともブリジストンのタイヤに変えてからは全然パンクしなくなったので最初からそうしておけば数回連続してパンクして簡単には外れない様になっている後ろのタイヤを外したりする必要がなかった…マジでかなり無駄な労力を消耗してしまった。

あと、ブレーキシューもすぐ減る。前のブレーキあっという間にブレーキパッドがなくなってしまった。

1番イラツイたのはサドルを支えるネジが折れてサドルが取れたこと。

おそらく緩んでいたのに乗り続けて金属疲労が溜まったのだろうがこんな部分折れるかな?って思う。この部分が折れるとシートポストごと変えないとダメなのでしんどい。
他にはペダルに付いている反射板が外れてしまったりもろい。

ということで普通のクロスバイクを5万円で買って10年ぐらい乗った時には無かったような問題が続々と起こり、やっぱり安物は全てにおいてボロいという結論に至った。安くするために品質の悪いパーツを使っているのでそれなりに長距離乗ることが多いとあっという間にパーツがだめになる。
3年でこれだけ無駄に金がかかって手間もかかるなら最初から倍の金払ってそれなりの値段のクロスバイクを買っておいたほうが絶対に得になる。