元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

管理釣りトラウト

としまえんのプールにてニジマスを釣る

更新日:

あの夏はものすごい人でごった返すとしまえんへオフシーズンにやっているトラウトの管理釣り場へ行ってみた。

ふとツイッターのタイムラインを見ていると王禅寺で89匹ニジマスを釣った!という衝撃的なツイートを発見。。

トラウトいつ釣るの?今でしょ!

スポンサーリンク

と言うわけで都内からのアクセス抜群な管理釣り場であるとしまえんのプールの管理釣り場へゴー!

私の住む東京の外れの狛江市から約50分ほどでとしまえんに到着。

としまえんのスライダー
トラウトの管理釣り場は遊園地の隣にある流れるプール。

受付がまぁまぁ奥の方なので若干歩く。途中、なんかコスプレイベントやってた。ナルトみたいなかっこしてる人がいた。ハロウィンだねぇ。

受付までにエサ釣りコーナーがあるのだが結構釣れてる。割りといい感じなのか?と淡い期待を胸に受付。

土曜日なので3時間で2900円。(レギュレーション等はとしまえんフィッシングエリアのサイトにて)

川崎にあるよく行っている管理釣り場フィッシュオン王禅寺が値上げしたのでこっちの方が安い。

ちなみに遊魚券は回収方式なので時間を過ぎて居座る人がいないので嬉しい。そしてランディングネットは無料でレンタル出来るので荷物が少なくて楽。

流れるプールで釣り。
としまえんのプールで釣りイメージ

としまえんのプールで釣りイメージ2

としまえんのプールで釣りイメージ3
釣れんのか?

割りと魚の反応は良くて追いかけてくるのが見える。

バイトはあるが乗らないバイトばっかり。

そしてどうやら流れるプールはローカルルールでみんな斜めに投げて泳がせる距離を長くするみたいでみんな同じ方向を向いて釣りをしている。

人も土曜日と言うことで多くてやりづらいのでもう一つの方の池に行ってみる。ナイアガラエリアっていうところ。

まぁー誰も釣れない。
何だこれ?魚やる気無さ過ぎるだろ・・・って展開。
暑いし、直射日光直撃だし、それほど魚影濃くないしと色々な要因が重なりまくってうまそうな人ですら全然釣れない。

こっちも維持になってボトムとかトップとか試しまくるわけだけどほんとに厳しい。

そんなこんなで1時間半ぐらい経った時、日がかげり始めて隣の常連さんっぽい人が連発。

お?時合来た?

と思って色々やるも当たるのは当たるんだけど乗らない。久しぶりのトラウトロッドでちょっとアタリがよくわからないってのもあるけどバイトが微細・・・。

常連さんのヒットも止まり、どっかへ行ってしまった。

それからも全然攻略の糸口がつかめないまま2時間経過。

だいぶ夕方になってきて対岸の人とかがそれなりにボチボチ釣り始めた。

これは場所が悪すぎると感じてちょうど帰った人のところへ移動。

水車の真横。

魚影が全く違う。魚の活性も非常にいいみたい。

ただ、普通にスプーン巻いてもほんとにバイトが取れないので、しょうがなく棒のルアーを使う。
これはもうボウズの気配がものすごいのでしょうがなくだ・・・。

としまえんで釣ったニジマス
釣れました・・・。

長かった・・・やっと釣れた・・・。

最終的に3匹ゲットできたがこんなに難しいとは思わなかった・・・ほんとに管理釣り場って釣れるときと釣れないときの差がすごい・・・管理されているはずなのに。。

次はミシガンエリアで倍返しや!

参考リンク:としまえんフィッシングエリア

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-管理釣りトラウト
-,

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.