元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

タチウオ 釣行記

南芦屋浜で早朝狙い!タチウオ&サゴシが来た!

投稿日:

どうも!気づいたら34歳になっていた釣活くんです・・・。月日が経つのは早いですね・・・。

今回は最近好調の南芦屋浜で朝一フィッシングをしてきたのでそのレポートです。

スポンサーリンク

雨の芦屋浜

家を出た時はほぼ霧雨だったのだが着くと小ぶりになり、その後はずっとしとしと小雨が続くという状況。私がやったのは東側だったのだがずっと北風が横から吹いているので想像以上に体感気温は低く寒い。

着いた時間は5時過ぎでまだ真っ暗だったのだが先行しているウキ釣りのおじさんは好調にタチウオをかけているようだった。

今回はフォロワーさんと合流してやったのだが、30分ほど前に来たフォロワーさんはまだ釣れていないらしい。

どうやらこの時間でも人気の芦屋浜は南面は非常に混雑しているらしい。東面はそうでもなかったのでよかったのだが。

多分土日が休みの人と日曜日と月曜日が休みの人と月曜日だけ休みの散髪屋さんと火曜日が休みの不動産屋さんなどがいるので月曜日と火曜日はそれなりに混雑しがちだと思う。空いてるのは木曜とか金曜日だろう。

とりあえずタチウオは釣れているのだからルアーでも釣れるはず。ただ、まだそれほど活発にエサを追い回しているわけでは無さそうなのでワームを使うことにする。

ルミノーバのフラッシュJで探るが特に当たりはない。潮が結構澄んでいるのでベイトフィッシュライクなカラーがいいかもとイワシカラーのパワーシャッドをつけたジグヘッド仕掛けで探る。

するとジャークしたりただ巻きしたりして誘っていたらガブッ!となんか食ってきたので思い切り合わせるといい感じの引き。前回からベイトタックルのディアルーナにエクスセンスDCなのだが初めてのやり取りはとても快適。近寄ってくると緩めに設定しているドラグも出されて割りと大きめの魚のようだ。

タチウオかな?と思っていたがどうやらサゴシでベイトタックルなので何のためらいもなくひょいっと抜き上げ。やはりパワーの有るベイトタックルだとめちゃくちゃやりやすいわ。これからは多分このタックル多用しそう。
サゴシの画像
意外と大きめのサゴシゲット。夜サゴシは初めてだ。

暗くても全く問題なく釣れることがわかり同じくワームで続ける。

フォロワーさんもこの直後にタチウオをワインド仕掛けのただ巻きでゲット!レギュラーサイズのタチウオでした。

その後しばらくするとこちらにもタチウオのあたりが。合わせて巻いてくるがゴミか?と思う引き。お腹にスレがかりでした・・・。
タチウオとサゴシ

このヒットのあとはアタリが足元に集中しはじめて本当にピックアップバイトばかりになってくる。

足元5メートル以内にタチウオが集合している感じすらある。3回ぐらい乗らないアタリがあったあと乗せたがバラし・・・。よく見るとワームのフックがサゴシ外した時に伸びてた・・・。しっかり確認しとかないとこういうことになる。

ミノーに変えてやるとこれにもバイトは有るが乗らない。そんな感じが続いて明るくなってくると当たりが遠のき何を投げても釣れなくなる。

鳥が上を回っているし、ベイトフィッシュも足元にも沖にもかなりの量いるのだがどうもフィッシュイーターの数がいまいち多くないようでたまに小魚が追われるのが見えるのだがルアーには何の反応もない。

周りの人の様子を見ていても隣の人がワインドで一本上げているのは見たが明るくなってからはほぼ誰も上げていない。この日は暗い時間帯がピークだったようで明るくなって1時間以上ノーバイトだった。

午前7時ごろ、雨も全然止む気配もなく風が冷たくて体が冷え切ってきたのでここで終了とした。

状況は悪くないものの群れの移動が早くピーク時に効率よく釣らないと数を伸ばせない。フックは良いものを使わないとダメだ・・・。

by カエレバ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-タチウオ, 釣行記

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.