元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

タチウオ

強風タチウオ攻略法

投稿日:

どうも!最近マンガが電子書籍化されてきてついつい買い過ぎちゃう釣活くんです。

どこでも買えてどこでも読めるのはマンガ好きにはホントたまりません。最近読んだマンガは「王様ゲーム」です。全5巻なので一気に読めます。

今回は強風の中タチウオ釣りに行ってきたのでそのレポートと強風での釣りのコツを書いてみます。

スポンサーリンク

15時過ぎ開始。

前回周りがすごい勢いで釣ってるのに3本しか釣れなかったリベンジをするために今回はメタルジグを軽く扱えるライトショアジギング仕様のタックルで行くことに。

ルアーも前回で消耗したワームとジグヘッドを買い込み、メタルジグも前回隣で釣りまくっていた人のを真似て3つほど追加しておいた。あと気になっていたバイブレーションジグヘッドというルアーも使ってみることにした。

釣り開始するもとにかく西からの風がとんでもなく強く、ラインがたるんで横に流されて釣りにならない。芦屋浜南面は風がまともすぎて誰も竿を出していない状態。みんな東面へ避難していた。

ちょっとだけ南面でやってみたがもうルアーがどこ泳いでるのか全くわからない状態になってしまったのでしょうがなく南東面へ移動。

しばらくすると人が増えてきて南東面も人で埋まる。南面があの状態だと風が少しでも避けれる場所がだいぶ混雑する。。。

前回なら15時半ぐらいから釣れていたのだが今回は荒れているせいかアタリがないまま16時になる。周りも誰一人釣っていない・・・。とっておきの新ルアーバイブレーションジグヘッドも何のアタリもない。ただこのルアーはワームなのにめちゃくちゃ飛距離が出て使いやすいのでいい日なら確実に釣れる気のする凄いルアー。動きも思った以上に魚っぽい。icon

ルアーは風が強いということと前回よく釣れていたということでメタルジグメインに使用。ワインドも少しだけやってみたが風で使いづらいしアタリもゼロ。周りのワインドも今ひとつ釣れている気配が無かった。

16時過ぎになってやっとアタリがあり、合わせたらガッツリかかってゲット。
タチウオイメージ
予想通り無茶苦茶遠投したほぼ底付近であった。前回もそのパターンだったので今回もそのパターンでいける気がしたが本当に攻めづらい・・・。ワインドでは確実に届かないエリアの底ということで選択肢がメタルジグか鉄板バイブレーションぐらいになってしまい今回も前回同様フォーリングに好反応だったためメタルジグ一択になる。

その後しばらくあたりが出ずに続けていたが隣のワインドやっている人にタチウオらしき魚がかかったが残念ながらバラシでゲットならず。。。

それにしても風が強くてやりづらく何回も隣と絡まるというのを繰り返す。風向きと潮が逆というまた嫌なパターンでウキ釣りのウキが迫ってくるけどルアーは風で浮きの方へ行ってしまうという本当に地獄だよ。

そんな感じでやりづらい中やってるとなんか隣と引っかかったような感じがしたので回収を急ぐとあれ?なんか引いてる?って感じで2本目のタチウオゲット!
メタルジグでタチウオ画像
釣れてたって感じの魚だったが意外とナイスサイズでお刺身コース。

その後も暗くなるまでやってみたが風は少しだけ弱くなったものの吹き続けているし大きめのタチウオ2本ゲット出来たしもういいかってことで夜を待たずに終了とした。

強風の時のタチウオ釣り

まず、ルアーは重くてすぐ沈むルアーを使うこと。出来れば30グラム以上のメタルジグか鉄板バイブレーションがベスト。

投げ方は出来る限り低い弾道で投げることで糸ふけを出し過ぎない。糸ふけが出たと思ったら風で流される前にリールを巻いて糸ふけを回収。通常はラインはフリーにして沈めたいところだが隣と絡む可能性が高い場合はカーブフォールで沈める。

強風時はアタリも取りづらくなるので極力糸ふけを出し過ぎないように注意しながらルアーを操作することをおすすめする。

今回のヒットルアー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-タチウオ

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.