元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

インプレッション ショッピング 必要知識

裂けたワームを再生させてみた

投稿日:

釣活やってみたシリーズ!

今回は釣りをしていて裂けちゃったワームを再生してみたのでそのレポート。

裂けただけで捨てるなんてもったいない

私の場合セレブな人々とは違い一度使ったワームでも完全に使用不可能になるまで繰り返して使う。ただ、やっぱり何匹か釣っていると頭の部分が裂けたりフックが刺さっていた部分が裂けたりする。

通常そこまで使ったらさすがに諦めて捨ててしまうのだが私の大好きなスウィーパースティックミニのように簡単には手に入らないワームの場合裂けていても再生させて出来る限り一回でも長く使いたいわけである。

そんな時に使える商品がこちら↓
リペアボンド
フィッシングマックスなら630円で買えるリペアボンドという商品。

この商品はキャップにハケが付いていてマニキュアみたいな感じで液を塗ることが出来る。

裂けたワーム
ワームの裂けた部分に塗りこむとワームが液によってちょっと溶けて、それを上手くくっ付けて乾くのを待つ。するといい感じにくっつく。

完全に元通りとまでは行かないが上手く使えばあと3匹は釣れるんじゃなかろうか?と思えるぐらいの強度。希少性の高いワームや高級なワームを一度でも長く使いたいなら使わない手はないだろう。

ちなみに完全にちぎれたワームをくっつけようとしてみたが無理でした・・・。
ちぎれたワーム
こうなったら諦めて処分するしかなさそうだ。

リペアボンドをナチュラムで購入
icon

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-インプレッション, ショッピング, 必要知識

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.