元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

インプレッション ショッピング 日常

ロッドのグリップが汚れた時便利なグッズ

投稿日:

今回は釣りに便利なグッズを紹介する釣活ショッピングのコーナー。今回もナイスな商品を紹介していくぜ!

ロッドのグリップが汚れることがあるが多少の汚れならきつく絞った雑巾でこすれば大体綺麗になる。コルクなんかは汚れが目立ちやすいグリップであるが汚れもまた味という人もいる。

ただ、何年も使っているともはや落ちないぐらい汚れたり汚れと言うか劣化のようなレベルまで来ると洗剤や雑巾ではどうしようもない状態になったりする。

そんな時に使いたいのがこの商品。

プロックス(PROX) ラバーホールドグリッププロックス(PROX)ラバーホールドグリップ

熱収縮チューブになっていてロッドのグリップにかぶせてドライヤーやバーナーを使ってゆっくり温めると縮んで密着する商品。

シーホーク
10年近く前に買ったシーホークに使ってみたが非常に良い感じになった。このシーホークのグリップは何か柔らかすぎてフニャフニャで使っているうちにどんどん質感が悪くなっていてグリップ以外はまだまだ問題なく使い続けられるのにグリップだけはもはや限界と言った感じになってきていたのであるがこのカバーを被せたらすごく質感が良くなった。あと5年は余裕で使えそうな気がするレベルで良くなった。

この製品を使ってみた感想としてはターボライターで炙って温めたのだが割りと時間がかかるということ。めちゃくちゃ熱に強い材質なのか普通のワームに使うような熱収縮チューブに比べて全然縮まらない。ライターのガスが半分ぐらい無くなるような時間温めてやっとちゃんと収縮してグリップに密着した。
シーホーク
恐らくドライヤーが最適だと思われる。パッケージにはガスコンロでも良いというようなことが書かれており相当な熱量が必要ということだろう。

あと温まり始めると時間差で縮む特徴があるようだ。

ラバーホールドグリップ使ってみたのまとめ

コルクグリップのロッドや傷のついたEVAのグリップなど諦めないでこのカバーを使ってみるとよみがえるので試してみて欲しい。

新しいコルクグリップを汚すのがもったいない時とかにも最初からこのカバーを付けてしまうというのもありかもしれない。ヤフオクとかで転売する時有利になるかも。

カラフルなのもあるようです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

どうも!最近家に引きこもって暇さえあれば釣り雑誌を読んでいる釣活くんです。 なぜか?今年もフィッシングショーの季節到来したからだ。今年のフィッシングショーで何を見て何を質問すればいいのかを去年のカタロ ...

2

冬はルアーターゲットが減るシーズン。 それでも釣れないわけではなくて低水温が好きな魚もいる。また温排水などの条件が整う場所では冬の方が他のシーズンよりも釣れるということもよくある。 そこで今回は冬のソ ...

3

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

4

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-インプレッション, ショッピング, 日常

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2018 AllRights Reserved.