元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

ショアジギ

武庫川一文字にてショアジギングで青物を狙う

投稿日:

そろそろ沖堤、武庫一でショアジギングが面白くなるシーズンなので釣り初心者の友人を連れて行ってみた。

去年も一昨年も美味しい思いをした武庫川一文字。
しかし、今回は思わぬ厳しい釣りとなってしまった・・・。

午前5時半乗船

スポンサーリンク

10分ほどで沖堤に到着。
ものすごい人。釣りキチは釣れているという情報にものすごく敏感。
4キロもある沖堤がたった30分遅れて来ただけでこれほどまで隙間が無い状態だとは思ってもみなかった。

ひとまずサビキの家族連れの隣に入れてもらってルアーを投げ始める。
ちょうど干潮の時間帯とあり、潮はほとんど流れていない。

私は鉄板バイブレーションで中層を狙う。
初心者の友人には定番のスピンテールをつけてあげてひとまず様子を見ることにした。

サビキでやっているとなりのファミリーには断続的にサバ・アジの入れ食いが訪れている。30センチ近くあるサバも釣れていてかなり楽しそうな状況。

サビキでサバが釣れているならジギングサビキでも釣れるんじゃね?
と早速ジグサビキを装着し、バイブレーション波動とサビキのダブル仕様にした。

が、釣れない。

アタリらしきものはあるっちゃあるけど小さなサバかなにかなのか乗らない。

周りもあまり釣れている気配はないまま時間が過ぎる。

6時過ぎくらいになり潮が動き始めると友人がルアーを変えたいというので勝手に変えてと変えさせる。

その次の一投。

友人「なんかきてるわ」

マジか!初心者のルアーチョイスは時にビギナーズラックと言う素晴らしいひきを見せる。
釣れたのは普通の魚カラーのメタルジグでした。潮は濁ってるのに普通のカラーをチョイス。

貸してあげたオーバースペックなタックルでぶっこ抜いたのは30センチちょっとのチビサゴシ(サワラの子供)だった。
写真撮ってる余裕は無かったので速攻締めてクーラーボックスへポイしておった。

俺も釣らんと!
とちょっと本気モードに突入して似たカラーのメタルジグを使って釣る。

何のアタリも無い。

隣の隣ではショアジギンガーがメタルジグで20センチほどのサバを釣っている。
なぜ俺のメタルジグには何も反応がないのだろうか・・・。

6時半を回りそろそろピークかと思う時間帯になって来たがアタリは無い・・・。

周りのちょっと見渡すと西の方で盛大なボイルが!!!
結構なナブラと言ってもいいくらいの祭りが繰り広げられているが7〜800メートルあるのでこっちまでこないかなぁとまっていたら沈んでしまった・・・。

入ったポイントが悪かった。
本当に今日はそれに尽きる。

我々近辺で釣れているのを見たのは50メートルほど西にいた人がサゴシか何かの50センチほどのナイスサイズをゲットしているのを見たくらいで東側はもう全く釣れている気配がなかった。
沖堤イメージ
この状況釣った友人は中々ビギナーズラックだなとしか言いようが無い。

あっという間に8時をまわりポツポツと帰り始める人が出てくる。
俺はタコを狙ってエギを投げ始めた。

釣れんじゃないか!
タコの反応も全くない。エギじゃなくてタコマンションを持ってくるべきだったかなぁ・・・。

これでは釣り初心者の友人に対して俺のメンツが立たないではないか。

ということで鞄に忍ばせていたガルプを使い、手長海老釣り用の極小フックで表層を泳ぐサヨリを狙い始める。
堤防内向きの水面にはサヨリの大群が行ったり来たりしているのでそれを狙う。

サヨリが小さ過ぎてガルプそのままでは全く食い込まない・・・合わせても全く乗らないのでガルプベビーサーディンを縦に切り、ボリュームを落とす。細くしたので口に入りやすくなったようでちっさいサヨリをゲット!
サヨリイメージ
これで魚の数では同点だ!

で、この地味な釣りをやり続けたものの魚が小さ過ぎて全然乗らない上にエサもガルプがすぐにぼろぼろになるので小さいワームを縦に切る作業が手間取り数が全く伸ばせない。

11時を過ぎた時点で風が全く無くなり、日も容赦なく降り注ぐことでやる気が蒸発してしまったのでここで終了!

結局6匹だけサヨリが釣れた。
数だけでは圧勝したが合計の重さで言うと完敗でした・・・。

次回は美味しい魚がたくさん釣れる釣りになるといいなぁ。

ニューブリッツTシャツを着て釣りをしました!

去年もブリッツさんにTシャツを頂いてそれ着てハーフマラソン走ったりしたのですが今年もニューTシャツをブリッツさんから頂きました!!
ニューブリッツTシャツ
今年のTシャツも着心地抜群でおしゃれ。。

お求めはブリッツさんのサイトより。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-ショアジギ

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.