元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

エギング ショアジギ 旅行 釣行記

初秋の四国遠征、高知の海でルアー釣り

投稿日:

高知の釣り
どうも!釣活くんです。

今回は初秋の四国遠征記事第一弾、高知県編です。

スポンサーリンク

23時、高知へ出発

高知県は遠いというのとETC深夜割引を使いたいという理由で23時出発。0〜4時までの間に高速を走っていれば3割引きになるオトクな制度を利用しようということを考えたのだがちょっと早すぎたようで阪神高速は割引時間帯外・・・。しまった、阪神高速使わなきゃ良かった・・・。

深夜の高速道路は走りやすく、途中サービスエリアでの仮眠時間を含めても朝4時に高知県の安芸市に到着。港ではタチウオの人が電気ウキを並べている。

とりあえずチニングしながら朝を待とうかとワームを投げてみたが特に反応はない。水は前日の大雨で濁り気味。これはポイントが悪いんじゃなかろうか?と思って移動。

他の港へ行ってみるが暗すぎて釣りができるのか出来ないのか?車を停めるところがあるのか?とか全然わからないので朝一はサーフでヒラメでも狙おうかと砂浜へ行ってみる。
朝の砂浜
おそらく台湾付近にいる台風から来る、とんでもないうねりで波が高く、夜の暗さと合わさって恐怖しか感じない砂浜・・・。これは釣りできる状態ではないと判断し、香南市にある港へ。
港イメージ
こちらはそれほど波の影響は無さそうだった。

すでに明るくなっていたのでとりあえずメタルジグでもぶん投げてなんか釣れたら儲けもんと、メタルジグを投げまくる。

しばらくやって何か小さい魚がヒット。

メッキアジ画像
メッキアジでした。

しばらくジグを投げたがメッキ以外反応が無かったのでメッキ狙いに切り替えてみる。小さいメタルジグをシャクっていたら何故かイカが引っかかってきた・・・。
イカ画像
メッキの反応は結構多くてヒットしたりもするがすぐバレてしまう。

5連続ぐらいでバラし、メタルジグを諦めてトップウォーターでやってみることに。メタルジグも表層をはねさせながら巻いてくるパターンでヒットしていたのでペンシルの方が効果的と判断。

よくテレビで見る船でジャイアントトレバリーを釣る釣りのイメージでペンシルを引くと足元でボカン!ときれいな出方で飛び出してきてゲット。
トップでメッキ画像
メッキもジャイアントトレバリーの子供だけあって出方が豪快で楽しい。

この後は急激に群れが何処かへ行ってしまったようでアタリが消える。代わりにボラの群れがやってきて釣りがしにくくなったのでメッキ釣り終了。

高知県を堪能しようと西へ移動。

浦ノ内湾でエギング

西へは海沿いの道を走ったのだがとにかく波がやべえ。防波堤に叩きつけられた波は砕け散り白い飛沫が上空まで舞い散るほどの凄さでどこも釣りできそうな感じがなかった。
波とおじいちゃん
逆にサーファーはちょうどいい波なのかうじゃうじゃ浮いてた。

地図を確認すると浦ノ内湾なら波の影響が小さそうだったのでそこならエギング出来るだろうと適当に行って適当に釣りできそうな場所で釣りをする。黒鯛のダンゴ釣りしている人がいっぱいいる釣り場でエギング開始。

砂浜のところにテトラ帯があったので多分こういうところに一杯ぐらいはいるだろうと適当にエギを投げる。水がきれいなのでエギの動きがよく見えるなぁと思っていたら後ろからイカが!まぁまぁいいサイズ!

足元では抱かなかったのでもう一度同じコースを通すと完全にエギを持っていくアタリが来てヒット!
トンカツクラスのイカ

トンカツ級のアオリイカゲット!

この後、チビイカが回ってきてリリースサイズが釣れたもののそれほど釣れ続くような感じもなく、暑くなってきたので昼ごはん休憩にする。

昼ごはんは無人販売所で見つけた桃にした。
美味い桃
べらぼうに美味かった。

午後からは室戸岬へ

なんとなく、高知県行ったら室戸岬に行って四国の先っちょから太平洋見たいなぁって思ってたので一気に室戸岬まで移動。

室戸岬に着く前にすごくいい感じの場所を見つけたのでちょっと釣り。

波の影響が少ない大きめの港で水潮の影響も無さそうだったのでいるだろうと思ったら大量のメッキがエギを食ってくる・・・。こんなにいるんだったらメタルジグ投げたら簡単に釣れるんじゃないか?と思ったがなぜか全く釣れず、メタルジグにアタックするのはダツばかり・・・。

場所を小移動したらイカが大量にいる場所発見!浮いているイカにエギを投げるとエギを奪い合いするのが見える!しかしエギのかんなにラインが引っかかって逆向きになってるので針掛かりしない・・・。こんな状態で乗ってくるってどういうこと?

次の一投でコロッケサイズをゲット!

ただ、このコロッケを釣る時に超大量の墨を水中で吐かれてしまい、群れ全体が完全に警戒モードになってしまう・・・。イカの体色が黒から完全な透明に変わり食う気がゼロって感じになってしまった。

こうなるとどんなエギ投げても見に来るだけで触ってこない。しばらくいろいろやってみたが時間の無駄と判断し室戸岬へ。
室戸岬

室戸岬
室戸岬を堪能して、夕まずめどうしようかなと思ったけどほぼ徹夜で朝から釣りしまくったおかげでなんか体力的にきついので釣りを止めて風呂に行くことにした。

次の日、香川に行く予定だったので徳島の健康ランドで風呂入って香川へ。香川へついたのは夜21時30分頃となった。

香川の釣り場に関してはまぁ多分どこでも釣れるだろうってことで適当に決めた港へ。ライトで照らすと足元にチヌの幼魚がいたのでチニングをしてみたがアタリゼロ。

釣り人がいる明るいところへ行ってみると明るいところには極小のイカの稚魚がしきりに小魚?虫?みたいなプランクトンを食っているようだったが何を食ってるのか不明。食うたびに発光していたので海ほたる食ってたのかも?

一応1.8号の最小エギで誘ってみたけど全く反応無く疲れたので22時車中泊にて就寝。次の日の朝まずめに香川ファーストフィッシュを狙うことにした。

香川編へ続く

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-エギング, ショアジギ, 旅行, 釣行記

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.