元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

シーバス

秋シーバス行方不明

投稿日:

どうも!釣活くんです!朝は冷え込みますが夕方から夜はまだ原付きでも手袋不要な気温ですね。

今回は大潮なのでシーバスを狙ってみることにした。

19時ぐらいに現地についたが潮はまだそれほど動いていない。場所は前回連発した運河である。

スポンサーリンク

潮が動くまでは様子見でフローティングミノーを投げる。巻いていると何か当たる。シーバスがガツンと来るのとは違う気がするがもしかするとセイゴかな?というようなバイト。ボラが当たるのではない感じ。

潮が動かないのであちこち歩いてポイントを撃っていくがシーバスの反応はうすい。ただ、どうもセイゴがルアーにちょっかいを出しているようなバイトが何度かある。乗るようなアタリではないので無視してルアーを投げ続ける。

潮が一気に動き始めて流れが効いてきたので本気モードで明暗を刻んでいく。ここのシーバスはいつも固まっているのだがいる場所は毎回ちょっと違う。足元の時もあれば沖の時もあり場所を見つけると連発することが多いが見つけるまでが少し大変。

ルアーを通すレンジも少しづつ変えていくがバイトは出ない。
ボラはいつも通り多くて飛び回っているので魚自体はこの付近にいる可能性が高い。

アップクロスからダウンクロス、表層からディープまで探ってみたがまあ反応無いわ・・・。木枯らし1号のおかげでちょっと魚の食い気が落ちたのかそれとも逆にもっと美味しいベイトを求めて運河から去ったのか?

ぶっちゃけ半ば諦めかけの状態で最後の公園のポイントへ行ってルアーを足元の影のところを通してきたら足元でヒット!合わせたら飛んできたのがミニシーバスくんでした・・・。
チビシーバス

多分時々当たってる感じがしたのはこのサイズのシーバスのバイトだったのかもしれない。

結局その後も少し粘ってみたものの反応はなし・・・。まだシーバス秋シーズンは終わってないはずなのでリベンジしようと思う。

今回のヒットルアー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

どうも!最近家に引きこもって暇さえあれば釣り雑誌を読んでいる釣活くんです。 なぜか?今年もフィッシングショーの季節到来したからだ。今年のフィッシングショーで何を見て何を質問すればいいのかを去年のカタロ ...

2

冬はルアーターゲットが減るシーズン。 それでも釣れないわけではなくて低水温が好きな魚もいる。また温排水などの条件が整う場所では冬の方が他のシーズンよりも釣れるということもよくある。 そこで今回は冬のソ ...

3

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

4

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-シーバス

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2018 AllRights Reserved.