元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

シーバス

秋のランカーシーバスを求めて多摩川を行く

更新日:

多摩川下流地域

曇りのち晴れ

23度

シーバス・0ゲット

22時~24時半

小潮

タックル:ロッド・シーホーク、リール・ツインパワーMG

ライン:シーバスPE1号/リーダー:L-ハード4号

河シーバスの季節は始まったかなと思い行ってみた。

スポンサーリンク

最も下げた時間帯に開始。

前回トップで炸裂したのもこの時間帯。やはり水深が無くなっていたほうがトップには出やすい。

いつもの場所にはかなりの人。週末なのでそれはしょうがない。

早速トップでの反応を見るため、コモモを流す。

異常なし。

周りも誰も釣っていない。

ベイトも全く見える場所にはいない。

かなり前回とは様子が違う。

風が全く無く、ブヨも全くいない。

ただ、ルアーを触ると水温がかなり高めで温かく感じる。

秋パターンではない。

でも、時々何かもじるような水面への反応があるので魚はいるようだ。

これがデカシーバスならと思い、様々なルアーで反応を探るも、ワンダーでかすかなアタリが有ったのみ。

ワンダーはマルタがよくかかるのでマルタかもしれない。

厳しすぎる。

やがて潮が止まり何も釣れる気配がなくなったので今回は終了。まだまだ河は秋では無かった。今年の季節はかなり遅れている。例年のように10月メインではなく11月メインの河シーバスになる気がする。それか今年は去年のような大型乱舞の河は無いのかもしれない・・・。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-シーバス

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.