元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

シーバス

魚肥ゆる秋!グッドプロポーションシーバスを連続ゲット!

更新日:

グッドサイズシーバス
3連休初日は一ヶ月季節が逆戻りしてくれて秋のいい天気。
ツイッターで流れてくる皆さんの釣果情報を見てると釣りに行きたくなり夜のシーバスを狙ってきた。

スポンサーリンク

ザ・フィッシングでは外房ライトゲーム

外房のライトゲームの回だったので見てから行くことに。アジングだけどムツとかメッキとか釣れてて外房行きたい(´・ω・`)

存分に釣り熱が高まったので早速近所の川の河口へ。フィッシングマックス情報だとサヨリパターンとかで釣れてる様なのでトップとかも入れておく。

今回はでかいシーバスが来そうな予感がしたので0.8号のPEを巻いているエクセンスLBではなく、PE1.5号でショアジギに使っているツインパワーMg3000の方を持って行くことに。
ロッドはもちろんモアザンAGS。

現場についてルアーを投げようとすると水面が鴨だらけ。渡り鳥飛んで着まくりで冬を感じるけど気温は全く寒くない。風も全くと言っていいほど吹いておらず、ちょうど満潮を迎えた水面は川の流れで少しだけ流れがある状況。

ベイトの数はいつもより少なくあまりシーバスの気配は感じない。

とりあえず様子見でメガバスのX80のパール系カラーを投げる。

特に異常なし。たまにベイトに当たる気がするがゴミかもしれない。

あまりに期待感の薄い状況に不安感を覚える。

歩きながら釣り下り、明るいポイントを探す。

微妙に明るいポイントで足を止め投げる。あまり実績のないポイントだがベイトの気配はあったので少し攻めてみた。
鴨が次々飛んでくる。毎年こんなに鴨いたっけ?

と思いながらローリングベイトのセグロカラーにルアーチェンジして同じポイントを攻める。

わかりづらい状況の時はローリングベイトに頼りがちだなあ。。年中投げてるなぁ・・・年中釣れるしなぁ・・・。

と明暗の境目の暗部に入ったところでベイトに当たったような感触。
ん?とそのまま巻いてるとゴンと小さく当たったので合わせるとヒット!

ヒットしてからは全然引かない。やる気ないシーバスか?
と思ったものの、足元に来てから急激に引きまくる!足元のエグレに突っ込もうとする強烈な引きに必死で対応。ドラグ出しまくりの強烈な引き!
秋本番の川シーバスは本当にパワーが違う!この引きがたまらないんだよと思いつつ必死でドラグを出しながら耐える。多分レバーブレーキだとこの元気さはまだ対応出来てなかったかも・・・危なかった。

ものすごい引きも次第に疲れ始めて上がってきたのでネットへ。
体高がすごいシーバス
55センチの極太シーバス。

筋肉もりもりで体高がすごい(°0°)‼

久々のシーバスゲットだがやっぱり都会の河川で気軽に釣れる最高のターゲットだなということを再認識。

この後は連発はしなくてやはり気配はほぼ感じない。

移動してもどうもベイトを追ってる感じが殆ど無い場所ばかりであった人に聞いてもヒットしたけどボーっとしててバラしちゃったとのこと。なんか集中できないくらい何もない雰囲気。

でも実際釣れているわけだし、魚は確実にいるはずなので色々とルアーを変えてやってみる。ワンダーやポッキーなど別の波動も試すがどうもよくわからない。

とりあえずローリングベイト77にシルエットが近いX80Jrを使ってみる。カラーはお腹がピンクのベイトフィッシュライクなカラー。

まぁそんなに簡単には釣れないのかな?と思いつつさっき釣った場所へ戻り、同じように明部から暗部へ入射角15度程度で通してみる。

ちょうどルアーが暗部へ入った瞬間、下から食うのが見えた。すかさず合わせを入れて寄せる。
強烈なヘッドシェイク!豪快そのもの!中々のサイズであることは確認できたのでゆっくりやりとりする。

この魚も一匹目同様、足元へよってきてからが本領発揮で思い切り突っ込む。竿は満月。もはやドラグを出されまくるのを耐えるだけのファイト。
それでもオープンな場所なので余裕を持ってやりとり・・・いきなり足元のエグレへ・・・やべぇ!リーダーがーーーー。

うまく沖へ出してなんとかいなして弱らせる。

結構長いやりとりの末に浮いてきたのでネットイン。このサイズになるとタモ枠のサイズが重要になる。60センチ枠のタモなら楽にネットイン出来ておすすめ。

70行ったか?と思いつつメジャーを当てるが67センチ。。それでも十分満足な一匹だった。
秋のナイスサイズシーバス
本当にベイトの食われている気配が全然無いのにちょっとした明暗で普通に釣れる不思議な日。
これはまだこの明暗で出るんじゃないか?とウロウロしながらポイントを休ませつつやってみた。

しかしそんなに甘くないのが釣り。
全くバイトなし。

大きく場所を変えて上流へ行くとボラだらけでルアーを巻くとガンガン当たる。
これは違う。これだけベイトだらけでザワザワだらけだと逆に釣れる気がしない。

しばらく様子を見てみるもボイルも何も全くなしなので終了した。

今日の釣りのまとめ

スポーニングに向かう直前といった太り具合のシーバスだったのであとほんの少しの期間しか釣れないような気がするので釣るなら今だろう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-シーバス

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.