元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

オフショア

リベンジ ザ 沖釣り

更新日:

ヒラメの画像
船釣りは去年のマゴチ以来となるがあの時の悔しさをバネにガッツリ頑張ってきたので報告。
→去年のマゴチ惨敗はこちら

今回のプロジェクトは、キスを釣ってそれをエサにしてマゴチ・ヒラメなどの大型魚を狙うというもの。
この春は毎日のように大型のマゴチ・ヒラメが釣り上げられているので期待は大きい。

スポンサーリンク

朝4時30分起床、ワッキーとともに今回お世話になる茅ヶ崎の一俊丸さんへ向かう。

現地に到着し、後輩とその後輩と合流。

船に乗り込み釣り場へ向かう。
現地の天候は雨。北風が強く体感気温は3度くらい。実際の気温も10度へ届かないレベルの寒波。4月下旬にこの気温になるのは数年に一度のレベルである。
俺のレインウェアはツンツルテンなので袖からどんどん水が入っていく。
そう、袖びっちゃびちゃ芸人なのである。そして、通常の波しぶきごときではなんともならないゴアテックスの靴下がびちゃびちゃになってしまっていた。そう、靴下びっちゃびちゃ・・・もうええわ。

前回のマゴチの教訓は生きていて今回はバッチリ酔い止め飲んできたし準備万端。

今回はキス船なのでそれほど遠くへは行かない。
すぐにポイントに到着した。

キス仕掛け投入。

まずはエサとなるキスを狙うわけである。

開始早々キスがつれたが、このあとはヒイラギの猛攻で中々キスが釣れない。

それでも2時間ほどで5匹のキスが揃った。

キスをエサにマゴチ狙い開始。

マゴチの釣り方と同じ方法で底を取りつつ流す。

しばらくして、何かかかった。

まぁまぁいい引きなので何かとあげてみたが・・・ホウボウ。
ホウボウをキスで釣る写真

おいしい魚なのでキープ。初めて釣ったが想像以上にガシラみたいなさわり心地だった。いいだし出そう。
我が家ではこういう魚は大体煮付けにする。絶対うまいと思う。

本命ではなかったがキスを使った釣り方で釣れたのでそれなりに安心。この釣り方で間違っていないことが確認できた。

キスエサだが中々大きなサイズのキスが釣れてしまいあまりエサ向きではないのでちょっとエサ用のキスを狙ってみる。全然釣れない。本当にキス狙いで今日この船乗ってたらかなり残念だったんじゃないかと思えるほどの釣れなさ・・・。

そうしていると隣で後輩がサメを釣ったりエイを釣ったりしている。いい引きを味わえたのではないだろうか。

と、ワッキーにアタリ。

竿がしなるもののどう見ても地球釣ってるってレベルの引きなので怪しいと思っていたがどうやら針が外れてしまったようだ。何だったのだろうか・・・。

そのあとしばらく時間が空いて何故かキス釣の仕掛けにカタクチイワシがかかってきたのでこれもエサになるとキープしておいた。

ワッキーもカタクチイワシをエサにヒラメを狙う。

そんなワッキーにヒラメがきた。

いいサイズ・・・これはうまそう。

俄然テンションが上がり、ワッキーの隣で大き目のキスを付けてひらめを狙う。

しかし、しょっちゅう隣とお祭りする。

風が強いから船を風上に向けるために操作してるのでラインが流されやすいのだ。気づくと右や左へ流されている・・・やりにくい・・・。

ヒラメ狙いを続けているとアタリがあった。

こつんこつんっと小さいアタリがあり、5秒後くらいにゴンと来たので合わせてみたのだがすっぽ抜け・・・。エサを見ると歯型があった。完全に早合わせだ。ヒラメはなかなか食い込まないのだ。

キスエサは一度かじられても全く問題なく使えるのでそのまま使う。

ワッキーにアタリ。

俺にもアタリ。

ワッキーと俺の間隔1.5メートルくらい。こんな近距離に2匹もヒラメなんかいないだろって思ってた。だから多分お祭りしてるんだと思ってた。

ワッキーにヒット。完全にヒラメの引きだ。ただ俺の竿も引いてる。結構グイグイ引いてる。ん?これって?もしかして・・・ダブルヒット!

まさかのヒラメダブルヒットである。こんなことある?
魚影の濃さが異常。

2匹とも45センチ以上くらいのナイスサイズ。

どうやらイワシの群れが入ってきたおかげで急激にヒラメの活性が上がったようだ。

キスが釣れないのでイワシを釣ってそれをエサにする。

すぐに結果は出た。
ヒラメの800グラムゲット。40センチあるかないか位のサイズ。

こんなに釣れる日めったにない!ってことでみんな必死でエサをたらす。後輩2人はまだ釣れてないので結構必死wワッキーのポジションにあやかりに来るw

ただ、エサが釣れない釣れない・・・俺のストックはもう無いのでイワシを狙うがそれも群れがまとまってないので単発でしか釣れないし、キスより弱くて外れやすい。しょうがないので一応持ってきたワームを試すが全くアタリもない・・・。やっぱり生のエサが最強だな。
4インチのスティックワームだとアピール力が全然足りなかったというのもあると思う。付けエサのキスは軽く7インチはある大型だったからね。センチで言うと20センチくらいあった。イワシも15センチくらいのナイスサイズだったし。

後輩のエサもガンガン食われているが合わせが早いのかボロボロになって上がってくるだけ。これだけは経験か運が無いとダメかな。俺は運だけで釣った!最初のヒラメなどアタリから10秒も待たなかったから。ギリギリ唇にかかってただけというかかりの浅さ・・・あぶねぇ。

他の乗船者も80オーバーのシーバスを釣り上げたりしてた!でかすぎ。

そんなこんなで俺の場合はエサがつれなすぎて終了・・・。

過酷な釣りだったがヒラメ2枚とホウボウをゲットできて今年一番楽しい釣行だった。マゴチが釣れなかったのが心残りなのでまた絶対釣りにいく!

今回お世話になったのが茅ヶ崎の一俊丸さんです。今年初めて行ったらリニューアルオープンしていてなんかめちゃめちゃ素敵になってました。女性でもリピートしそうなおしゃれな船宿でおかみさんも素敵。

ワッキーのヒラメ
ワッキーの釣り上げた3枚のヒラメ。

ヒラメたち画像
俺の釣ったヒラメとワッキーのヒラメ。

ムニエルにしたヒラメ
バター焼きにしてやった!身がふわふわでたまらん!幸せ!

詳しい仕掛けや釣り方はこちらから↓
>キスでヒラメ・マゴチ釣り

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-オフショア
-,

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.