元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

必要知識

ワームフックについて

投稿日:

ルアーフィッシングのワームフックは非常に沢山の形があり、どれがどんな釣り方にあっているのかが初心者にはよくわからないだろう。

そこで今回は色々なワームフックとその使い方を紹介していく。

スポンサーリンク

オフセットフック

オフセットフック付け方
ルアーフィッシングではポピュラーなフック。付け方は図のようにセットする。メリットはまっすぐつけやすいことと針先を隠せるのでカバーを攻めても引っかかりにくいこと。デメリットは頭の部分が弱りやすく裂けたりちぎれたりしやすいこと。

このフックは一番汎用性が高いフックでノーシンカーリグ、テキサスリグ、ダウンショットリグなど使うリグ(仕掛け)を選ばない。

ジグヘッド

ジグヘッド付け方
頭に重りが付いた針をジグヘッドと呼ぶ。付け方はフックの形状により様々で基本的にワームを突き刺す付け方が一般的。オフセットにおもりを付けたジグヘッドは根がかりが少ない。他にもマスバリタイプのジグヘッドなどもワッキーリグでよく使われる。

メリットは針がむき出しの場合、刺さりやすいことやスイミングさせる時に安定した動きを出せること、ロッドアクションをつけやすいことなどがある。
デメリットは針がむき出しの場合、根掛かりやすいことや魚が暴れた場合フックが動きやすく外れてしまいやすいことなど。

使い方は一般的に障害物の少ないところでワームをフォーリング(落下)させたりスイミングさせたりする。ウィードにわざと引っ掛けてちぎる動作を繰り返す使い方も効果的。

マスバリ

マスバリイメージfig.m1
元々はエサでのマス釣り用の針のことだがチョン掛けで使うような小さなフックを総称してマスバリと呼ぶ。

メリットは小さなワームを使う時にちょうど良い大きさということとワームを付けた際に一点しか接しないためフリーになる部分が大きくワームの動きが良くなることなど。取り付ける時簡単というのもメリット。

デメリットは針先が丸出しなので根がかりしやすいことと針が小さいためフッキングし辛いことなど。

使い方は頭の部分にちょん掛けして使うかワームのボディーにちょん掛けしてワッキーリグにする。

※ラインを通す穴が無いものはfig.m1のように結ぶ。

ストレート

あまり使われないがオフセットの原型であるのがストレートフック。これもオフセットと同様にセットする。

ストレートフックのメリットは針先の角度が外向きに出た形になっているためシビアな状況でフッキングが決まりづらい時などに掛かりやすいこと。

デメリットはセットするのが少し難しいことなど。

ワームフックの基礎知識まとめ

今回は全く初心者のためにワームフックの種類とその基礎知識を書いた。釣りにおいて非常に重要なアイテムであるワームフックを是非とも使いこなして大物を釣って欲しい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-必要知識

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.