元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

ショアジギ メバリング 必要知識

ハタ(グルーパー)の仲間の釣り方

更新日:

シングルフックの魅力
最近盛り上がっているのがグルーパーゲーム(ロックフィッシュゲームとも言う)。

グルーパーと言うのはハタの仲間のことで有名どころで言うとアカハタ、オオモンハタ、キジハタ、アオハタ、クエ、スジアラ、イシミーバイなどの魚がターゲット。

これらをショアから(岸釣りで)狙う釣り方について紹介してみる。

シーズンは夏から秋にかけて

産卵を控えて初夏にシャローに上がってきて産卵が終わるとシャローで体力回復と越冬のための荒食いをすると言われており12月初旬までぐらいはショアからハタを狙えるシーズンになる。水温が下がると水温の安定するディープに行ってしまう。

スポンサーリンク

基本的なタックル

グルーパーゲームで使うタックルはエギングタックルやシーバスタックルの流用で問題ない。
最近は専用のモデルも出てきているが基本的には他の釣りのタックルで釣れる。

最も適したタックルはベイトタックルで根の周りを丹念に狙っていってアタリを掛けていくようなタックルが有利。
ベイトリールならクラッチ操作で細かく落としこむことが可能で海中の凹凸をうまく狙うことが可能な上、大型サイズのハタがかかった場合にもパワーがあるため潜られにくいというメリットがある。ただし、使うルアーによっては多少飛距離が犠牲になるデメリットもある。

【参考】
ロッド:長さは7〜8フィートでML~MH程度の硬さ
リール:2500〜3000番程度のスピニングリール、もしくは100〜200番クラスのベイトリール
ライン:メインラインPE0.8〜1.5号、リーダー3〜4号(12〜16ポンドクラス)

使用ルアー

スプーンで釣れたキジハタ
ハタは目の前に来た餌なら何でも食いつくような貪欲なフィッシュイーターであるため基本的に普通の根魚や青物狙いのルアーを流用出来る。
例えばメタルジグ、スプーンなどの金属系でも釣れるし、ミノーやバイブレーションなどのルアーでも問題なく釣れる。
ワームは最終手段として使われることが多く根回りのハタを狙って釣るならワームが一番効率よく釣っていくことが可能である。

【参考】

ハタの釣り方

ハタのイメージ
ハタと言っても上に挙げたように何種類もいて修正が違うので種類によって狙い方も少し違う。その辺りについて少し解説していく。

基本的に根周りを中心に攻める

根のイメージ
色々な種類のハタがいるが基本的に表層を泳ぎまわるようなハタはおらず底から中層付近にいることが多い。(夜間など活性の高い時は表層にいる場合も)
その為底から中層を狙っていくと効率よくハタを釣ることが出来るだろう。

また、ハタは海中の根の周りで近くを通る小魚を待ち伏せていることが多く、隠れ場所の多い根回りは狙い目。いい場所には多くのハタが付いていることもあり連発も期待できる。

手付かずの荒磯や沖磯、ゴロタ場などはグルーパーの好釣り場になるが漁港にあるテトラや、沈み根なども思わぬ大物が潜んでいるポイントなので侮れない。

種類別の攻略法

アカハタをはじめとする底中心で食ってくるハタは根のギリギリを攻める必要があるため根がかりしづらいルアーで攻めたい。

オススメな仕掛けはテキサスリグ直リグのようなオフセットフックを使ったワームの仕掛け。オフセットは針先を隠すことが出来るため根掛かりが非常に少なく出来る。
オフセットの使い方図
ワームの種類は好きなもので基本問題ないが実績があるのは甲殻類系。活性が低い場合はスローに探る。

しっぽでアピールするカーリーテール系のワームも専門のワームが発売されているほど実績が高い。

オオモンハタなどのようにベイトフィッシュを追いかけて食うタイプのハタの場合はルアーで効率よく狙っていくのがオススメ。
メタルジグを底まで沈めてシャクって釣ったり、バイブレーションなどで狙う。

ただ、オオモンハタの釣りで一番実績が高いのはやはりワームでベイトフィッシュに似たシャッドテール系のワームを針がかりし易いジグヘッドリグで使用するのが王道。根掛かりのリスクは上がるが根回りをコンタクトさせながら釣りをする必要はないためフォールでもヒットしやすいジグヘッドが使いやすい。

ベイトフィッシュがキモ

どんなフィッシュイーターもそうだがハタに関してもベイトフィッシュがいることで活性が上がる。
ベイトフィッシュのたまりやすいエリアならハタも多くストックされている可能性が高い。

夜釣りの実績も高い

ハタは昼でも釣れるが夜の方が活発に餌を追う事が多くボトムにいる甲殻類を食い漁る。その為深夜に大型のハタを釣ることが出来たりする。暗ければ暗いほど活性が上がるようで専門に狙うグルーパーハンターは新月の深夜を主戦場とするとか。

一投目が勝負

根魚は貪欲で目の前に来た獲物に食らいつく魚なので居れば大体一投目でヒットする事が多い。そのためポイントについたら一投目一番集中してルアーを投げる。

逆に粘っても回遊してくることはまれなのでこまめに移動していったほうが数を伸ばせる。

グルーパーゲームのまとめ

大きいものでは40センチや50センチも狙えるハタのルアーフィッシング。ハタ類は美味であることも魅力の一つでキジハタ(アコウ)などはキロ8000円の高値がつくこともある高級魚である。

釣り場としてはエギングポイントとかぶっていたりして挑戦しやすく、非常に貪欲な魚なのでいれば簡単に釣れることもあり面白いゲームフィッシュなので専門に狙ってみるのも良いだろう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-ショアジギ, メバリング, 必要知識

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.