元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

メバリング

晩秋の淡路島で釣れた昼間のメバル

更新日:

そろそろ秋の釣りが終わったのかを確認しに淡路島へ行ってみたのでそのレポートをお届けする。

スポンサーリンク

5時起床

目覚ましを4時にセットしたはずなのに5時に目が覚めた。そう、二度寝だ。

多分1時間ぐらいなら大丈夫だろうという気分で淡路へゴー!前回橋が燃えて行けなかったから今回はリベンジするぜ!

前回と同様南あわじの港へ到着。

一応まだ日は出てないが既に明るいので堤防へ。車が一台も止まってないからなんか嫌だなーと思ったんよ。来るときも高速でなんかもうフワーとした感じがあれやなと思ってた。

激暴風でばば荒れ・・・。

何この強風ってぐらい真正面から吹き飛ばされそうな暴風が吹き付ける。もう2秒で判断できるレベル。アカンわって・・・。

風裏になりそうな場所を求めてさまよって前回イカの大群を見かけた港に行ってみた。下見しておくとこういう時に役立つよね。

思った通り風裏で穏やか。さっきの暴風なんやったんや?ってぐらいそよ風。とりあえずエギング開始や。

無反応で終了・・・。あれ?朝マズメのチャンスタイムは?

なんか船で大きめのマイワシを釣りまくってたのでそれを狙ってイカがたくさんいるはずなのに沈黙。前日の大雨で水潮になったのを嫌って深いところへ移動した可能性はある。やってもうたの世界やな・・・。

それでもめげずに日が登ってもエギを投げ続けてたらガツンと来た!そう魚や。イカはこんなアタリ方せえへん。しかも中々のグッドファイト。多分あれやなと思ってたけどやっぱりあれやった。

大きめのエソ。
エギでエソゲット
エソのフライが思いの外美味かったので今回も地味に釣れたらええなと思ってたけど今回のはお刺身サイズ!やりぃー!(刺し身にして食った結果やはり美味)

その後本気でエソを狙うことにしてメタルジグにジグサビキをつけて投げまくった結果小さめのエソを1匹サビキ部分で追加したのみの釣果・・・。エソって本気で狙っても釣れまくるもんでもないのか。。。

メタルジグでもエギングでも反応が無さ過ぎてちょっとやる気が無くなったので栄養補給のために道の駅うずしおへ。うずしおって見たことなかったけどホンマに渦巻いてんの?と思ってたけど思った以上に激流やった・・・。
激流
流されたらえらいこっちゃで。

そんで淡路島バーガーを食う。この淡路島バーガーはYouは何しに日本への佐世保バーガーマニアのYouも食べていたバーガーで前から食ってみたいと思っていた。
淡路島バーガー
image

食った感想。美味いけど佐世保バーガーの圧勝。確かに美味いけど玉ねぎが強すぎてなんか肉の印象がわからんようになってしもててバーガーと言うか玉ねぎやったなって印象しかない・・・。うん。美味しい玉ねぎやった。玉ねぎ大好きな人にはおすすめ!なんか色んな種類があったんで他のも今度食べてみようかな?
ちなみに外で食べていると猫が2匹めっちゃ寄ってきて欲しそうにするので注意!猫に玉ねぎは毒。

お腹いっぱいになったので洲本港へ移動してワームかメタルジグでなんか狙ってみることに。

岸壁から海中を見ると結構魚が見える。曇っているのではっきりは見えないが多分メバルかウミタナゴかコッパグレかスズメダイ。とりあえずマイクロワインドで狙ってみる。1.5グラムのジグヘッドに1.5インチのストレートワームをつけてちょいちょいバーチカルに動かして食わすメソッド。

今回は曇っていたのが良かったのか結構上の方で食ってくる。ただ乗らないのでちょっと5秒ぐらい止めて食わせてみる。すると小さめのメバルゲット。止まっているワームを下からひったくっていった。
メバリング画像
ちなみにエギングタックルでこの小さなワームを使ってみたがギリギリ出来る。めっちゃやりにくいけど。

パターンを探していろいろやると今回は護岸沿いをスローに引いてくるという普通のメバリングみたいなパターンが昼間なのに成立していることに気付く。

昼間なのでメバルは護岸にピッタリ寄り添っているがそのメバルの目の前を通るように1グラムのジグヘッドでゆっくりと通すとコン!と明確なアタリが来るのでビシっと合わせれば釣れる。アジングに近い感じ。リールで巻くのではなくロッドでワームを操作する。
コメバル

このパターンで小メバルが連発したが持ち帰りサイズではないのでリリース。さらなる大物を目指して堤防の先端でメタルジグを投げる。

するとナブラ発生!!!もう昼すぎなのにマイワシか何かが追われている。サイズ的にそれほど大きくはなくサバかメッキのような感じはするが正確にはわからない。とりあえずルアーを投げまくるが反応ゼロ・・・どんどんとナブラは沖へ行ってしまい消えていった・・・。チャンスを物に出来なかったがっくり感が漂う・・・。

しょうがないのでアイスジグに付け替えて足元を狙って何か大物隠れてないかなとしゃくると・・・
極小メバル
サイズダウンやん・・・。

他の釣り人も何人かいたがこの時間は誰も釣れていない。

メバルでも釣れるだけマシかと小メバルをまた狙って数匹ゲットしたあと普通サイズゲット
マシなサイズのメバル

大体満足したので終了とした。

海は確実に冬に向かっており秋の釣りを楽しみたいならそろそろラストチャンスといったところ。これからは根魚メインの釣りになっていくだろう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-メバリング

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.