元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

メバリング

穴釣りで猫の餌釣り?美味しいヤツはあげないよ!

投稿日:

どうも!釣活くんです!

やっと最強寒波が去りましたな。家で釣りビジョン見すぎて無茶苦茶釣りに行きたくなってきたのでガシラを釣りに神戸へゴー!

スポンサーリンク

いつものテトラポットのポイントで穴釣り開始。今回はいつもよく釣れるゾーンから狙う。とっておきの場所は最初に行くべ。

いつも通りメバリング用の1グラムのジグヘッドに34のフィッシュライクってワームをつけて穴に落としこむ。寒波の影響で水温が下がってそうなのでゆっくり目にアクション。5秒ほど止めているとグググ!いきなりいい引きで釣れたのがクジメ。
クジメ
このサイズは中々グッドサイズ。

これはもしかして穴釣りめっちゃ釣れる日なの?って思いながら他の穴を撃ちまくる。

反応がない。ベストポイントでも特に反応が無い。

あれ?活性低いのかな?とジグヘッドを1グラムから0.8グラムに変えてワームも小さめにしてみるが反応が増えることはない。

しばらくやってやっと当たりがあるも乗らず・・・。こんな感じの状態が続き2匹目が全くかからない・・・。

1時間半ぐらい釣れず寒かったら帰ってるぐらいのレベルなのだが全く寒さを感じない暖かい日だったのでもう少し粘ることに。あとひとつ理由があってずっと猫が俺の様子を後ろから見守っていて魚釣れオーラが凄いので何としてもエサを与えてあげたいというのもある。(クジメは煮付けで俺がいただくのであげないが)

もはや最終手段を使うしかない状況と判断し、ガルプ投入。流石にガルプなら釣れるだろうと穴じゃなく外側へ投げてでカーブフォールさせていたらゴンと来て何かヒット!これはドラグ出るし大きめのメバルかもしかしたら木っ端メジナか?と期待が高まるが足元でギラッと光ってバラシ・・・。猫の視線が冷たい・・・。
乳牛カラー
同じパターンで攻めても小さなアタリが何度かあっただけで乗らずにアタリも消える・・・。難しすぎる。やはり昼間は無理かもしれないと思ったがアナハゼなら釣れるんじゃない?とちょっと気持ちを切り替えてアナハゼ狙いにしてみる。
アナハゼ
するとすぐにアナハゼゲット!普通は全然うれしくない魚だけど猫のエサにはちょうどいいのでストーカー猫を呼ぶと寄ってきたので投げてあげるとくわえてテトラの奥へダッシュ!俺の役目を果たせてよかった。

だがもう一匹ストーカー猫がいるのでこの猫のためにもう一匹は釣らなければならない。
黒猫
穴は釣れる気がしないので2グラムのジグヘッドに切り替えてワームもすぐにぼろぼろになるガルプをやめてマゴバチにしてボトムワインド。フォールでゴンと来たのが予想通りアナハゼ。
アナハゼでかい
このアナハゼはナイスサイズ!過去最高記録ぐらいでかい。

このでかいアナハゼをストーカーの黒猫さんにプレゼントして俺の役目は完全に終わった。

その後は他の場所もちょっと見に行ったがウミタナゴがちょろっといるぐらいで他は何も確認できず。ガシラもメバルもどこ行ったのかわかんない状態でした。

こりゃ穴釣りはちょっとしばらくお休みだな。2月は流石に自然界は厳しそうなので管釣りメインで活動しようと思う。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-メバリング

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.