元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

ルアー 釣具 面白ネタ

品薄が続く激レアルアーまとめ

投稿日:

昔、バス釣りブームの頃はちょっと有名なメーカーのルアーは超レアでラッキークラフトやメガバス、エバーグリーンのルアーはプレミアが付いていたし、どんなルアーでもお一人様一個限りで抱き合わせが普通という異常な時代だった。

今は平和な時代になってメガバスのポップXですら割引販売されていたりしてめったに買えないルアーなどはないのであるが一部のルアーは今でも激レアでプレミアムがついている。

今回はそんな中々買えない激レアルアーを少し紹介してみる。

スポンサーリンク

ネコソギDSR

バス用のビッグベイトであるが非常にでかいバスがたくさん釣れていることから店頭に並んでもすぐに売り切れ手に入りづらい。琵琶湖での夜釣りで実績が高く2〜3月の早春にはビッグママが量産されている。

by カエレバ

タイニークラッシュ

これもバス釣りで使われるビッグベイトであるが人気が高く入手困難なルアーである。大きなサイズのクラッシュはまだ見かける店があるのだが使いやすいサイズであるタイニークラッシュはフィールドを選ばないため特に人気が高い。見た目が美しくSNS映えする外観も魅力。

by カエレバ

ダッジ

レイドジャパンの大型クローラーベイトで羽根物ブームの中心的存在。このルアーはファンが多く、さらに転売ヤーからも狙われているため定価で買うのはかなり難しいレベルになっている。金森氏の解説動画を見ているとどんどん欲しくなってくるルアーである。

by カエレバ

ジャバギル

2017年新発売のルアーということで注目度が高く、初回入荷分はあっという間に売り切れてしまい多くの店で入荷待ちが続く状態となっているワーム。アマゾンでは2500円前後と高額であるが楽天ではまだ1400円台で売っている店も見られる。次回の入荷以降は品薄が解消する可能性もある。

by カエレバ

エメラルダスラトルⅡタイプS ハッスルナイト

ハッスルナイトイメージ
ダイワ公式サイトより

これはエギであるがこの種類のエギでもハッスルナイトというカラーだけが品薄という状況が続いている。何故か?それはエギング界のトップアングラーであるヤマラッピ氏がこのカラーで釣りまくったことからエギンガーに買われまくり、さらにそのエギンガーがハッスルナイトだけしか釣れなかったなどの釣果情報をブログなどで公表し口コミで売れまくっているからである。とにかく買う人は入荷したら全部買っていく状況なので市場にめったに出回らない。ダイワは他の色は作らずにこのカラーだけをひたすら大量生産すればいいと思う…。

未だに続く買えない激レアルアーまとめ

マーケティング的に考えると生産量を絞って品薄が続くように仕向けることでレア度が上がり必要ない人でもついつい買ってしまうという状況を作り上げることが可能で、言ってみると品切れ商法(よくコンビニの飲み物で使われる手法)ということも出来るが上記のルアーの場合は本当に釣れるからすぐ売れてしまうのだろう。

そして今はSNSの時代になっており、激レアルアーを手に入れたことを自慢したくてついついSNSに画像を上げる。するとそのルアーが激レアだということを知らなかった人にも激レアの人気ルアーだということが伝わり、その人が店に行った時にたまたまそのルアーがあれば別に欲しかったわけじゃないけどとりあえず買っとこうとなる。そしてそれで釣れればSNSで自慢して・・・無限ループである。

ということである程度品薄なルアーはずっと品薄なので欲しい人は待ってても中々手に入らないかもしれません。元釣具屋店員として言わせてもらうとちょいちょい店に通って店員と仲良くなっておけばLINEとかであのルアー入荷したら教えてとか言えば入荷のタイミングを知ることが出来るので有利。そして月に何万円も買い物するようなスーパー常連なら優先的に買わせてもらえる可能性も高い。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-ルアー, 釣具, 面白ネタ

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.