元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

クロダイ 旅行

長崎フィッシング・チヌゲーム編

更新日:

チヌゲームイメージ
引き続き長崎釣行記。

長崎フィッシングも2日目の夜に突入し、段々と盛り上がりを見せ始める。

スポンサーリンク

昼間の長崎釣りサークルの打ち上げを佐世保のおらが村という居酒屋で行った。
九州といえばもつ鍋!やっぱりうまかった!他にクジラの盛り合わせとか地元のカキなどばりばりうまかった♪
他アニメ声事件やらなんやらハプニングもあったりして面白かった。
クジラ肉盛り合わせ画像

21時、飲み会は終わり、釣り開始。

酒はほどほどだと防寒にちょうどいい。今回は前日夜のチヌばらしを踏まえ、本気でチヌを狙ってみることにした。

まず、川の河口。
シーバスアングラーが何人かいる。浮きづり、ぶっこみづりの人たちもいる。セイゴがエサで釣れているようだった。

シーバスもいいけど、どうもボイルがないようなので今一つシーバスという気分になれない。同行の後輩がシーバスを狙うようなので釣れたらシーバスにシフトしようと考え、チヌのずる引きゲームをする。

川の河口で底を取りながら引いてくるも今一つアタリが出ない。
底をついばんでいるのではないのか?と仮定し、岸壁に浮いている魚にワームを気付かせて底に誘い込むことにした。
特にあたりが出ないもののワームを見るとちぎれ掛けている。小さいのがかじったのかもしれない。
恐らくやり方は間違っていない。場所が違うのだ。

ということで、前日アジングでチヌの魚影を確認できた場所へ移動。
ここぞという場所を通すとアタリ・・・思い切り合わせをぶち込みフッキング。
トルクフルなチヌ特有の突っ込み!強烈!
キビレゲームの画像
25センチほどのキビレだったが気持ちのいいファイトだった。

このやり方が正解かどうかを確かめるために同じ場所を通す。アタリ!フッキング!
乗らない。ワームを確認するとちぎれまくっている・・・。
フグにやられてもこんな感じでワームがやられることがあるが鋭利な刃物で切られたようなフグのかじり方ではない。
チヌの歯でつぶされちぎれてしまったような切れ味。
間違いなくチヌだ。

間違いなくこのやり方でまた釣れる!と何度か通すがフッキングのタイミングが悪いのか乗らない・・・。

気分転換にちょっと場所を変えてみる。

フェリー乗り場の岸壁直下。同じく岸壁沿いにワームを投入し、底を離さずズル引き。
この場所は起伏に富んでいるようで根がかる。でもこの仕掛けは根がかっても外れる仕掛けなので外しつつ攻め続ける。

岸壁沿いギリギリに投げて引いてくるとアタリ。すかさず電撃フッキング!!

最初だけ引いたがそれほど引きはなくスムーズに上がってきたのはでっかいガシラ(九州ではアラカブ)。
ナイスサイズのガシラの画像
多分ガシラの自己最高記録サイズだ。25センチはゆうに超えていた。

結構テンションが上がってきた。バッファロー五郎・木村氏のギャグ、絶好調中畑清です!を5回連続で言ってしまうくらいテンションが上がってきた。

そして、同じ場所を攻める。ガシラやらチヌやらにワームをボロボロにされたので、ワームはいつものアマジャコからバグアンツ3インチに変更している。

ガシラを釣った場所と同じ場所を通すとアタリが来たので固いチヌのあごを貫く電撃フッキングをぶち込む!
いきなり思い切り突っ込むがロッドのバットのパワーで無理やり根から引きはがし、中層まで巻く。ここまで巻けばあとはじわじわ寄せればよい。
それでも今までとは違うチヌだとしても確実に40センチは超えている大物の引き!絶好調中畑清です!
で、竿が折れるかと思うほどの突っ込みを何とか耐え抜き、空気を吸わせて勝負あり、なんか雰囲気の違うチヌだな??と思いながら8ポンドでブッコ抜いた。

おいしい真鯛の画像
ん?何これ?すごくきれいな・・・真鯛!!!
すごくきれいな40センチ近くある天然真鯛がこんな佐世保駅から歩いて3分の波止場で釣れるとは!絶好調にもほどがある。
おいしそうなので早速絞めて血抜き♪煮つけにしたけど身が厚くて流石高級魚!って味でした。波止からこんなのが釣れる長崎ハンパねぇぇええ!

絶好調はまだ続くか???と思われたがこの後はアタリはあっても乗らない状況が続く。潮の流れが徐々に緩やかになり、食いが落ちてきているのか?とりあえずさびしいのでアジングをやってみるもバラし連発…そして乗らない。

エサ釣りの人はナイスサイズのグレを釣っているようだった。

魚いるかな?と岸壁をハロゲンライトで照らすと結構いる。25~30センチのチヌが群れている。ただ全部表層付近に浮いている感じ。これはトップなのか?と思うけどそれほど活性高そうでもなく・・・わからん・・・。

結局潮どまりまでやったが釣れないまま終了。
真鯛釣れたし十分すぎるくらい十分なんだけど。ちなみに後輩はこのクロダイゲームのコツが掴めなかったようで何も釣れていなかった。ブラックバス用の竿じゃないとちょっとアクションが難しいからなぁ。繊細な釣りです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-クロダイ, 旅行
-

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.