元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

クロダイ

気軽なターゲット!ルアーでの黒鯛ゲームのすすめ

投稿日:

台風後のキビレゲーム

気軽に釣れるターゲット

シーバスと居る場所は同じだし、シーバス並みに引きとか強くて楽しい。
あとシーバスみたいに釣れない時はあほみたいに釣れないってこともなくてサイズさえ選ばなければメバル用の針使ってチビを狙うことも出来る。

タックルもバスタックルやシーバスタックルで流用可能。
ラインはPEなら0.8号以上、ナイロンやフロロなら2号以上あれば40センチ級でも対応可能。

周年釣れるが冬はあんまり釣れない

やはりこれは他の魚と同じで冬は活性が下がる。でも釣れない事も無い。

魚のポジションで狙い方を変える

黒鯛は底のエサを食べている時と表層のえさを食べているときの2パターンがあるようだ。

昼間、護岸に浮いてる時はポッパーかフォーリング。

護岸をポッパーで釣るのは難易度が高いのでフォーリングの釣りになるがジグヘッドにカニ系かエビ系またはフジツボみたいな貝型のワームなんかをうまくフォールさせると食ってくる。

昼の釣りでは偏光レンズは必須。

夜も浮いてる時があるのだが、ラインが見えないのでこの場合は今のところ攻略できてない。
そんな魚が浮いている時でも底にいるやつもいるのでそれを狙うことにしてる。

砂浜などではシャコやカニを狙っているのでボトムずる引きが有効。

噛む力がすごい

歯がえぐい。
大型になるほど丸呑みしてくるので違和感があったら即アワセにしないとフロロ2号ごときでは歯が立たない。

針でも折ってくる強烈なあごなので気を抜けない。だから面白いのか。

まだまだ誰もやってない

どこ行っても思うのだが黒鯛のルアー釣りは認知されていない。

シーバスを狙う人は非常に多いのに黒鯛狙いの人はほとんどいない。
こっちが大物連発しててもシーバスルアーマンは何釣ってるんだろう?
みたいな目で見てくる。

認知度がまだまだ低い。

まだ全然釣り方が確立してない

根魚ボンボンゲームが3年くらい前に流行り出す前はどこでも通用する釣り方がなかった。

ポッパーで釣れる状況はあまり多くないし、Mリグで釣りが出来る地形もあまり多くない。

やっと根魚ボンボンによって誰でも簡単にチヌをルアーで釣ることが可能になったのが最近。

まだまだ釣り方はこれから開拓されていくだろう。

今後はデイゲームで落とし込みルアーゲームが来る気がする。

やり方はジグヘッドかチヌボンボンあたりを居そうな岸壁で沈めるだけなんだけど。

前打ちとかもルアーでいけそうだし。まだまだこれからだね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

どうも!最近家に引きこもって暇さえあれば釣り雑誌を読んでいる釣活くんです。 なぜか?今年もフィッシングショーの季節到来したからだ。今年のフィッシングショーで何を見て何を質問すればいいのかを去年のカタロ ...

2

冬はルアーターゲットが減るシーズン。 それでも釣れないわけではなくて低水温が好きな魚もいる。また温排水などの条件が整う場所では冬の方が他のシーズンよりも釣れるということもよくある。 そこで今回は冬のソ ...

3

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

4

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-クロダイ

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2018 AllRights Reserved.