元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

クロダイ

ナイスサイズが出ないベイトフィネスキビレゲーム

投稿日:

どうも!こんばんは。最近競馬しかしてなかった釣活くんです。ダービーが終わって一区切りついたので釣りメインで頑張りたいと思います。

とりあえず、魚の写真がないとブログ更新できないということでキビレを釣りに行ってきた。実は先週シーバスのバチ抜けを狙ってみたけど明らかにボラのボイルだらけで明らかにボラのバイトばっかりでこれ絶対釣れたらボラだろと思いつつルアーを小さくしたらボラがガッツリ釣れたけど写真取る前に自分で跳ねて海へ帰っていったという事があったんだけどブログは書かなかった。写真ないしボラだししょうがない。

今回はバッチリ写真もとったのでブログを書いていく。

スポンサーリンク

状況はまだまだ

夏のキビレゲームが盛り上がるには大阪湾が濁って欲しい。赤潮というか何か錆色の汚い大阪湾こそがキビレゲームの最盛期のサイン。まだまだ今は水がクリアすぎてあんまり気分的に盛り上がらない。

予想通りクリアすぎるのか反応はあまりない状況でワームを変更しまくってバイトを探す。
足元にはいないという予測から遠投を試すとあたったので合わせるが下手くそ過ぎたので掛かりが甘く数秒のバトルのあとバラし。ワームがバルキーなので強めにフッキングしないとちゃんと掛からないみたい。

そのあと、いつも魚が溜まっている一角には今回全く反応無く魚自体がいない感じだった。風が浜風と言うことで風の当たる場所を攻めてみる。

中々次のアタリは出ないがだんだんと時間が経つにつれて釣れそうな雰囲気が出てきた。

川の流れとの合流付近を狙って遠投すると着底と同時ぐらいにバイト。合わせず様子を見て次のあたりでフッキング!

いい感じの引きでファイトの後、ぶっこ抜きでゲットしたのが30ぐらいのキビレ。
キビレ画像
これをリリースして次の一投でまた同じ場所で同じサイズのキビレがヒットしてこれもぶっこ抜きでゲット!したものの暴れて自分で海へ自動的にお帰りになられました。。。

連発ゲットで群れの居場所発見か?と思ったがそう甘くはなくチビレのかじる乗らないアタリばかりになる。

場所を川に移してやってみるが一度だけいい感じのバイトを合わせて数秒ファイト出来たもののあえなくバラし・・・。最近なんかバラシが多い気がする。

この後はノーバイトで終了。

今回のヒットルアー

今回はなぜかこのワームにのみバイトが集中。他のワームではバイトが無かった。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

どうも!最近家に引きこもって暇さえあれば釣り雑誌を読んでいる釣活くんです。 なぜか?今年もフィッシングショーの季節到来したからだ。今年のフィッシングショーで何を見て何を質問すればいいのかを去年のカタロ ...

2

冬はルアーターゲットが減るシーズン。 それでも釣れないわけではなくて低水温が好きな魚もいる。また温排水などの条件が整う場所では冬の方が他のシーズンよりも釣れるということもよくある。 そこで今回は冬のソ ...

3

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

4

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-クロダイ

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2018 AllRights Reserved.