元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

クロダイ

関西のルアー釣り

更新日:

夏季休暇は地元で全部釣り!

今日は、ブラックバスからキビレ釣りを楽しんだ。

スポンサーリンク

まず、死ぬほど暑い昼間っから子バスを釣りまくりに近所のポイントへ。

子バスはスピナーと豆バス好きな友達が言ってたのでトラウト用のスピナーで狙う。

めっちゃ釣れる。乗らないのも合わせると1投で2回は食ってくる。でもすぐすれる。もう2投同じコースを通しても全く意味がないくらいすぐすれる。

なので数を伸ばすにはワームに分がある。
ほとんど全部見えバスなのでフリックシェイク。魚のサイズが小さすぎるので3.8インチのを半分に切って使う。
フリックシェイクで豆バス
もう無限に釣れる・・・。さすがに15匹くらい釣って飽きた。

飽きたらスピナーや!

と、スピナーを通してたら・・・下からナマズが出てきてパックんちょ!

おい!なんでこんな場所に!こんな炎天下の日中に!
一応、0.8号のPEに1.5号のフロロリーダーだったので捕れるかなーって頑張ってやり取りしたけどあまりに竿がしょぼく、ナマズのサイズが大きすぎてテトラに潜られれPEをあっさり切られた・・・。
なぜか小さい魚を狙っていてでかい魚が食ってくることよくあるよね・・・。

この後はいろいろルアーをローテーションして数匹追加して終了。今回は最大サイズ15センチと何とも悲しいほど豆ばっかりやがな・・・。
豆バス大量ゲット

夕方になってキビレへゴー!

昼間の借りを返すべくでっかいキビレしかかからないような仕掛けにしてみた。

いつも通り甲子園浜へ。
風が強い・・・いつものことだが。ボラも今日は異様に多い。そういう時は結構餌が溜まっていてでっかいチヌも寄せられているので期待は高まる。。

しばらくアタリがなかったが完全に暗くなった頃・・・コツン・・・明確だが小さめのいい感じのあたりが来たので思いきり電撃フッキング!ドン!思いきりいい引きが伝わってきた!いいサイズ確定なめちゃめちゃいい引きを味わいランディングしたのが40ジャストのキビレ。
まぁまぁサイズのキビレ

やっぱりこのサイズだとバスロッドでギリギリのされるかのされないかのドキドキしたやり取りが出来る。最高に楽しいファイトや!チヌっていい。

リリースした後2本目を狙うが中々ヒットへ持ち込めないアタリばっかり。。それにしてもアタリはめちゃくちゃ多い。ワームをサイズダウンすれば30センチくらいの魚なら結構釣れそうなアタリ数。
それでも、今日はでかいのが釣りたい!ってことで全部無視する。アタリがあったらシェイクして追い食いさせてそれでも食い込むようなサイズを探す。チビの場合はシェイクするとワームを離す。

ゴゴン。いい感じのあたり。アタリを見極めるために追い食いをさせると持って行ったのでスイープに合わせを入れるとものすごい引き!何これ?むっちゃ引くやん!ってレベルの引きをしてくれたのはまたもや40センチジャストのキビレ。
ナイスサイズのキビレ

そのあとはアタリは乗せられないまま終了しておいた。

このサイズなら文句はない。ランカーとは呼べないけど最高に楽しめたキビレゲームでした^^

今回のルアー

ブラックバス→フリックシェイク
リグ:ノーシンカーワッキー

チヌ→ダックフィンバグ(ダイワ)
リグ:ウィードレスシンカー+チヌ針6号

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-クロダイ
-,

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.