元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

インプレッション

シマノのスポーツカメラ使用1ヶ月経過。水中カメラは釣りを変えるアイテムかもしれない

更新日:

シマノのスポーツカメラ
出典:シマノ・スポーツカメラサイトより

昨日もポートアイランド北公園へ釣りに行ったのだが全く釣れず・・・近くで釣りをしていたおじさん曰くイワシが移動したから魚がいなくなったとのこと。別の場所では大量のイワシが湧いて湾奥の奥なのにタチウオが入っているとか。。

スポンサーリンク

そんなアタリもないに等しい状況で魚がいるのかどうか水中カメラを沈めてみた。

シマノのスポーツカメラには液晶モニターがないのでカメラ自体では動画を確認することはできない。

どうやって撮ったその場で見るのか?それはスマートフォンとワイファイでつないでスマホの画面で確認する。
下手に小さな液晶で見るよりもクリアで大きな映像を確認できるので小さい魚まで見逃さずに見ることができる。

ライブビューモードならカメラで映っている映像をスマホで映すこともできるのだがワイファイの届く範囲が非常に狭いので実用的ではない・・・撮ったものを確認するという使い方になる。

足元にカメラを沈めて撮った動画がこの動画だ。


小魚が結構いる。カワハギやらスズメダイ、アイゴに小アジの群れのようなものも映っている。

岸壁の外側にも沈めてみた。


こっち側にも小魚はいるようだ。
外海に面しているからかこちらにはまぁまぁサイズのクロダイも確認できる。落とし込みとかで釣れそう。。

周りもほとんど釣れておらず釣れる気のしない状況だったのに海中の映像を見るだけでなんか釣れそうな気がしてくる。(釣れるかどうかは別の話・・・)

ターゲット変更も

海中を覗いてアジがたくさんいればアジを狙い、カワハギがたくさんいればカワハギを狙う。映像ではっきりと確認できるのでターゲットの変更も容易だ。
もし、某魚探を浮かべて魚を発見できても何の魚かはわからない。アジなのか?ボラなのか?ターゲットがはっきりすれば釣り方も変わる。

シマノのスポーツカメラがいいなと思う点

まず、小さいこと。

小さくて軽いスポーツカメラは普通の釣竿に付けて沈めることも可能。(岩の間に挟まって引っかかる危険性もあるので事前に底までの水深を測っておくこと)
軽くてどこに持って行くにもかさばらないのはすごくいい。液晶モニタを捨てたおかげでこのコンパクトさが可能になった。

GoProマウントとの互換性。

スポーツ用小型ビデオカメラのパイオニアがGoPro。すでに全世界で普及していて関連製品が山ほど存在している。このゴープロのマウントと互換性があるシマノのスポーツカメラは専用製品以外にGoProの関連製品も利用可能。実際に色々と試してみたが全く問題なく使用できた。(公式には互換性をうたっていないので自己責任で)

シマノのスポーツカメラの残念なところ

レンズが出っ張ってる

シマノのスポーツカメラには通常のレンズカバーと水中モードのレンズカバーの2つが付いている。
陸上で使用する時は非常に広角な映像が撮れるレンズカバーを使うのだが、これが球状に出っ張ってる。
なんかかっこいいのだが弱点は落とした時にレンズカバーに直でぶつかるところ・・・傷もつきやすく非常に気をつけて取り扱いたい。もしも傷がついた場合は純正パーツが別売りで販売されているが非常に高価なのは言うまでもない。
シマノ/SHIMANO スポーツカメラ CM-1000用 標準レンズプロテクター CM-SM01

動画ファイル名がリセット

HDの画質で動画が撮れるのでもちろん常にHDモードで映像を撮っているのだが容量が気になるのでパソコンに取り込んだ動画は消している。
動画を消すと動画のファイル名がまた001から付く仕様なのだがパソコンに取り込む時に上書きしますか?って出てきてファイル名をリネームするのが地味にめんどくさい。普通9999まで連番で付くもんだと思うんだけどなぁ・・・。

水中カメラは釣りの世界を変えてしまうかもしれないアイテム

これまで釣りというのはサイトフィッシング以外は水中を想像しながらするものだった。特に海では波があったり、水深が深かったりしてほとんどの場合、海中は想像でしかなかった。

水が澄んでいる時だったり光量が十分にある場合だったりそれなりに制約はあるものの海底の状況を映像で確認できたり、今そこにいる魚の種類や大きさなどを確認できるというのは本当にこれまでの釣りを大きく変えるすごいアイテムであるような気がしてきた。

数年前、うみなかみるぞう君が出てきた頃から一気に海の中を確認しやすくなってきたがGoPro、シマノのスポーツカメラともっと気軽な製品が出現しこれからどんどんと釣りに海中映像が取り入れられるようになっていくに違い無い。

釣り好きで魚好きな人にはシマノのスポーツカメラ非常におすすめです!

SHIMANO(シマノ) シマノ スポーツカメラ CM-1000 BLACK

いきなり高いカメラを購入するのはためらわれるなぁという方にはレンタルもやっているところがあるのでそちらをおすすめします。

GoPro HERO4のレンタル

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

どうも!最近家に引きこもって暇さえあれば釣り雑誌を読んでいる釣活くんです。 なぜか?今年もフィッシングショーの季節到来したからだ。今年のフィッシングショーで何を見て何を質問すればいいのかを去年のカタロ ...

2

冬はルアーターゲットが減るシーズン。 それでも釣れないわけではなくて低水温が好きな魚もいる。また温排水などの条件が整う場所では冬の方が他のシーズンよりも釣れるということもよくある。 そこで今回は冬のソ ...

3

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

4

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-インプレッション

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2018 AllRights Reserved.