元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

ハゼクラの基本知識

ハゼクラメージ

「ハゼクラ」とは?

まずハゼクラというものについて少し説明をしておくと、管釣り用の小型クランクベイトを使用してハゼを釣るという新しいルアー釣りの一種。

これまでハゼは虫エサを使ったエサ釣りのターゲットであり、ルアー釣りの対象魚ではなかったのだがこの釣りが生まれたことによって一気に人気ライトルアーターゲットの仲間入りを果たそうとしている。

タックルについて

タックルのアドバイスとしてはハゼというターゲットは小さな魚なのであまりごついタックルでは楽しめないので出来るだけライトなタックルをおすすめしたいということ。また、ハゼが暴れるとバラしやすいというのもライトタックルをおすすめする理由のひとつ。

ハゼクラのロッド

ロッドの例を挙げると足場が低く自然護岸になっている場所などはバスロッドやトラウト用のロッドなど6〜7フィートぐらいの竿でよいが足場が高いところなどではアジングやメバリング用のロッド7〜8フィートぐらいが使いやすいだろう。

ロッドは出来るだけ感度のよい物がおすすめでハゼのアタリなのか底に当たってるだけなのかぐらいは判断できるものが良い。

ハゼのサイズが小さい時は硬めのロッドでは乗りが悪いので夏場のシーズンは柔らかいロッドを使うのがおすすめ。

ハゼクラ用のリール

リールはロッドに合わせて選ぶのが基本だが感度を重視すると出来るだけ軽いリールがおすすめとなる。

トラウト用やブラックバス用などのダイワなら1500〜2000番クラス、シマノでいうとC2000〜2500程度のサイズまでが使いやすい。

ハゼクラ用のライン

ラインは色々とあるが断然PEラインをおすすめしたい。飛距離も出るし、強度も高くて感度が抜群とメリットが多いのが理由。昔は値段が張ったが最近は安いものも結構出ていて手が出しやすくなった。

ただ、直結だと絡みやすいので20センチ程度1.5〜2号程度のフロロカーボンリーダーを結んでおくと良いだろう。
結束は結び目をガイドに巻き込まないようにすれば、電車結びや3.5ノットでよい。

私のハゼクラタックル

私は先調子のスピニングタイプのバスロッドに2000番クラスのリール、ラインはPEラインを使っている。

PEラインはライトタックル用の0.2号でリーダーはアジング用の1.5号のフロロカーボンリーダーを20センチほど入れてある。

ルアーについて

ハゼクライメージ
ハゼを狙うルアーは色々試してみたけどラッキークラフトのディープクラピーが私の中ではベスト。

重要なのが動きと音とカラーで潜行能力が高くて底を叩き続けるバランスの良さは必須。

音はジャラジャラうるさい方がアピール力が高くて良い。カラーは金メタリックがベストだが他のカラーでも釣れる。

ただ、すぐにすれてしまうという弱点もあり、できるだけ多くのハゼを釣るならルアーローテーションで飽きさせ無いようにしなくてはならないのでハゼアンやハゼクランクなどの最低3種類以上のバリエーションは持っておきたい。

ポイントが広大なら歩き続けてすれてない魚を拾っていくというのもある。

by カエレバ

by カエレバ

腹のフックは無い方がいいかも

ラッキークラフトのディープクラピーの場合ちょいちょい前後のフックが絡むのでストレスが溜まる。

絡んだ状態ではフッキング出来ないので勿体無い。

腹の方のフックにかかることはそれほど多くないので私は外して使っている。

時期によってはアシストフック必須

夏のハゼは小さいのが多くて乗りが悪いのでアジング用に売られているアシストフックを付けると掛かりが良くなる。活性が低い時にも有効

ハゼクラでハゼを釣る方法

ハゼイメージ
釣り方は至ってシンプル。

ハゼは底にいるので一気にリールを巻いて底まで巻いてやり底へ当たり始めたらスローリトリーブで巻いてくるだけ。基本的に巻くだけで釣れるので投げることができれば釣れる釣り。

極端な話、あまり釣り経験のない女性や子どもでも全く問題なく釣れる釣りである。

アタリが有っても乗らない時など、時々食わせの間を与えるために止めを入れて浮力を使ってアピールするのも効果的。

ハゼクラのコツその一、岸に対して斜めに引く

浅いところを攻めるのが鉄則のハゼクラ。岸に対して斜めに引けば浅いゾーンを長く引けるので斜めに引いてくる。

潮の流れによって上流側に投げたほうがいい時と下流に投げたほうがいい時があるが基本どちら側でも釣れる。

表層と底で潮の向きが違うこともあるので両方一応投げてみる。

周りに誰も居ない時などは岸と平行に引いてもいい。意外と足元にたくさんいる。

ハゼクラのコツその二、群れでいる

当たる場所では連発するが当たらないところには全然アタリがないことも。

アタリがあったらそこでアタリがなくなるまで集中して狙おう。

ハゼクラのコツその三、ハゼの時合は上げ潮

ハゼの喰いが良くなる時間帯は上げ潮の時間帯で深いところから浅いところへ上がってくる。

そのためハゼクラで狙いやすくなるので上げ潮はチャンスタイムとなる。釣りに行く時間は潮見表と相談して決めたほうが良さそうだ。

底を攻めて根掛かりしないのか?

根がかりの心配だが、根がかりはほとんど無い。

クランクベイトというルアーは大きなリップと呼ばれる潜航させるための透明の板が付いているため、引っかかる場所へ来るとこの大きなリップでうまく根がかりを回避できる構造になっているからである。

石のゴロゴロしたところで使ったが致命的な根がかりはめったにない。(ひっかかってもすぐに外れるレベルのは何度かあるが。)
現場イメージ

ハゼクラは縄張り争いを利用した釣り

ハゼクラフッキングイメージ
ハゼクラではハゼとあまり変わらないような大きさのクランクでハゼが釣れてしまう。

明らかにエサとしてはありえないサイズ感であることからこの釣りはハゼの縄張り意識を利用した釣りと言えるだろう。

自分の縄張りに入ってきたムカつく魚を噛んで追い出してやろうというハゼの習性を利用して釣っていくというポイントがわかってくると釣果を伸ばせるかもしれない。

ちなみに、アユの友釣りなどもこの縄張り争いを利用した釣りであり、タコジグを使ったタコ釣りやマグナムベイトを使ったバス釣りなども縄張り争いの習性を利用した釣りである。

ハゼ釣りの動画紹介


私がよくハゼクラをしにいくポイントで撮られた映像。動画を見てもらえればわかるように本当にあっという間に結果の出る簡単な釣りと言える。

エサで狙うハゼ釣り入門はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

更新日:

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.