元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

必要知識 釣具

フロロカーボンラインを使う時、気をつけたいこと

投稿日:

ツイッターを見ていたらスピニングリールのラインをフロロカーボンラインにしたらトラブル多すぎてやってられんみたいなのが有ったのでちょっとそのことについて書いてみようと思う。

スポンサーリンク

フロロカーボンラインのトラブルの原因

フロロカーボンラインのトラブルの原因は硬さ

ナイロンラインに比べて硬く、ハリがあるためスピニングリールのスプールに馴染みにくく少しの糸ヨレでもトラブルの原因となる事が多い。

フロロカーボンラインをスピニングリールで使う時の注意点

出来るだけ細いラインを使う

硬いフロロカーボンラインをスピニングリールで使おうと思うと少しでも細いラインを選ぶことが重要。

硬いとリールに馴染みにくいので10ポンドとかのラインをスピニングリールで使うのはかなり厳しい。私は6ポンドぐらいが限界だと感じている。

おすすめは3〜4ポンド辺りで場合によっては5ポンドも使うがメインは4ポンドを使うことが多い。

最近のリールのドラグ機能は優秀でストラクチャーが少ない場所などでは2.5ポンドぐらいでも対応可能で全くのオープンエリアなら1.5ポンドでも50センチ級のバスを釣ることは可能である。

なので出来る限り細いラインを使うというのが一つ目のポイント。

あらかじめスプールになじませる

2つ目はフロロカーボンラインは巻き替えたてを使うのではなく、一晩以上は寝かせて使うのが重要。

スプールに馴染んでいない状況で使うと硬さからラインが元に戻ろうとする力でスプールから勝手に出てきてしまいライントラブルとなる。

ある程度時間をおいてスプールの形にラインが馴染めばこういったトラブルは減らすことが可能である。

3つ目は巻きすぎないということ

ラインをスプールの限界まで巻くとちょっとしたことで糸が出てぐしゃぐしゃになる可能性が高まる。

基本的にスプールエッジよりも10円玉一枚分少なく巻くことでトラブルは減らせる。

4つ目はラインメンディングを行うこと

ラインが出ていく時にスプールに手を当てて糸の出を調節することにより余分な糸を出しすぎないようにすることでライントラブルの原因となるスプールからの輪っかのような飛び出しを無くすことが出来る。

もしも輪っかが飛び出した場合はドラグを緩めて少しずつ糸を出していくことで修復可能。ベールを上げて一気に糸を出すと糸が一気に出てグシャグシャになり再起不能になる可能性が高い。

スピニングでフロロカーボンラインを使う時の注意点まとめ

高性能なフロロカーボンラインはしなやかで扱いやすい物が多いので少し高めのフロロカーボンラインを使うというのもおすすめであるが上記のことを頭に入れていないとそれでもトラブルになってしまう可能性が高い。

フロロカーボンラインは沈みやすく、アタリがわかりやすくて根ズレにも強いということでバスフィッシングをやるなら積極的に使っていきたいラインなのであるが慣れるまでは扱いに苦労するラインでもある。

性質上、どうしても糸ヨレが溜まりやすく使い続けるとトラブルが連発し続けるので定期的に巻きかえるというのも重要なポイントだと感じる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-必要知識, 釣具

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.