元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

エギング フィッシング

6目釣りになった内房フィッシング

更新日:

最近いい釣りが全然出来てなかったような気がするのでちょっと遠出で富津の方まで行ってみた。

やっぱりアクアラインが安くなると本当に富津が近くなる。

冬のシーバスは富津に集まる。その理由は産卵場所に近いから。死ぬほど腹が膨れた、まさにプリスポーンというシーバスにあふれるのがこの時期の富津なのだ。

スポンサーリンク

ただ、今回はシーバスは全く狙わず、エサ釣りをしに行ったのだけどね。

朝8時に出発し、10時くらいに到着。

川崎でものすごい事故渋滞に巻き込まれちゃった。すごいグチャグチャになってたなぁあのステップワゴン・・・。

着いてとりあえずイソメを購入。
キスの方がカレイよりも釣れる確率が高いそうなのでキス狙い。

でもやっぱりアオリイカの方も気になるので持って来たエギングロッドを抱えてテトラの方へ行ってみる。

ん?ゴミか??

いやイカだ!

2杯で泳いでるのが見えたので早速エギ王Qのオレンジを投入。

切れのよいダートをかますと・・・・

逃げてった・・・。

ん~んやる気ゼロか・・・。

他にやる気あるやついるか~~ってかなり投げてみたけどやる気のある奴は全くいないようでエギにも全然寄ってこない。

ベイトのサイズと関係があるのかと2.5寸の小さいエギ投げても同じでした。まぁ昼間は活性低いからね。夜やろうっと。

そこからずっと投げ釣りをすることにした。

ひたすらズル引きで広範囲を狙う。

・・・黒鯛のおじさん・・・斜めに浮き流すと俺のまん前にウキがきてすごく邪魔なんですが・・・。

なんなんだろうねぇ・・・空気読めないねぇ。俺のほうが先に竿出してて投げ釣りしてたでしょ・・・。

まぁアタリゼロだからもう投げ釣りに飽きて放置することにして足元のなんか一杯いる小魚を狙うことに。

隣のファミリーは投げサビキで豆アジをコンスタントにゲットしてるからこの小さい魚はアジだろうって思ってイソメで釣ると・・・。

めちゃくちゃおいしいらしいヒイラギ

めちゃくちゃおいしいらしいヒイラギ

ヒイラギでした。

ものすごい数のヒイラギ・・・。食えんのか?

ブログを書きながら調べてみるとかなりの美味らしいです。小さいのはから揚げで、大きいサイズだと刺身や煮つけなどの料理法でいただけるらしいです。しまった!珍魚は食う派の俺としたことが今回全部リリースしてしまった!来年また釣ったら今度は食おう。

投げ釣りのほうでもヒイラギの大きめの奴が釣れたり、ヒイラギ祭りでした。

ちょっと場所を変えてテトラの方へ行ってみると黒鯛の子供が簡単に釣れる。この辺りは黒鯛釣りで有名らしく黒鯛狙いの人もかなり多い。

飛ばし浮きは小物釣りに重要なアイテム

飛ばし浮きは小物釣りに重要なアイテム

まぁ釣れているサイズはそれほどの大きさではなかったけどこんなに手軽に釣れたら楽しいだろうね。

で、ヒイラギと黒鯛で2目になって次に現れるのはなんだろうと思っていたら海タナゴでした。

小さな海タナゴ

小さな海タナゴ

これはこの季節何処でも誰でも釣れるメジャーな魚ですねぇ。

もう味も知っていて捌くのもめんどくさいので全部リリースです。

こんな感じで明るいうちは大した獲物はゲットできずでした。

ただ、海の様子は活気に満ちていて、たまに青物が周ってきてものすごいナブラが目の前で起こったり、隣のサビキに掛かったイワシをヒラメが襲ってつれそうになってたりしてなんか夕マズメに期待が持てそうだった。

夕マズメ。

ここまでお土産ゲットならずだったのでお手製投げサビキ仕掛けにて豆アジを狙うことにした。

こんな仕掛けで釣れんのか?と思ったがこれがいい仕掛けで結構釣れる。豆アジをポンポンと3~4匹釣り上げてから海タナゴフィーバータイム。

ナイスサイズの海タナゴが3連続ぐらいで釣れた。まぁまぁ引くから面白いけど今回は全部リリース。過去は全部持って帰って食ってたけどね。

豆アジも青イソメで釣る

豆アジも青イソメで釣る

アジも型のいいのが釣れたりしてアジングでも良さそうだなぁと思ってたら同行していたワッキーがコウイカゲットしてきた。

どうやら常夜灯の近くでボイルがあるらしいのでそっちへ移動してみた。

ウキサビキ仕掛けでは何も反応が無いのでメバリングに変更。

メバリングも好調!

メバリングも好調!

ボイルの正体はメバルでした。カブラジグで簡単にゲット。カブラジグは最初からセットされたジグヘッドみたいなもんだからセッティングも楽々で勝負が早いのがメリットです。

メバルはボイルを狙うと簡単に当たるけどボイルがないと反応が無いのであまり釣れず、隣でワッキーが2杯目のコウイカを釣るのを見てエギングに切り替えた。

とりあえずこのメバルで5目達成して目標達成?したのだけど(いつの間に五目釣りに?)コウイカも釣れた。

なんか適当にしゃくってたら釣れてたって感じだったけどまぁラッキーだったね。隣ではワッキーも同時にタコをゲットしていた。

コウイカはスミイカと言われるだけあって水中でガッツリ墨はいても地面につけた瞬間さらに吐くので気をつけたほうがいい。

そのあとはメバルを追加して終了。

なんだかんだで内房は魚種豊富で俺みたいなさかなくん的な魚なんでも大好きアングラーにはかなり楽しめる釣りとなった。

アジ&コウイカ

アジ&コウイカ

アジとコウイカの煮付けの写真

アジとコウイカの煮付けの写真

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-エギング, フィッシング

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.