元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

ハゼクラ フィッシング

初夏のハゼクラ調査釣行

更新日:

どうも釣活くんです!

昨年ぐらいから話題になっているハゼクラ。
そろそろハゼが釣れ始める頃なのでどんな感じか様子を確かめに近所の川へ行ってみた。

参考:話題のハゼクラに挑戦!ほんとこりゃ簡単!

スポンサーリンク

干潮前に現場到着。

熱帯低気圧の影響か曇りで風も強めなので割と快適に釣りができる。

去年の秋にハゼが連発した場所だが、まだ時期的に早いのか誰一人ハゼ釣りをしていない。チヌのブッコミをやっている人が一人だけいた。

タックルとかルアーとかは去年の秋と同様でPEラインを使ったバスタックルでのライトゲーム。

開始後、アタリは全然ない。台風で河口堰が全開放されているため流されてきた鯉が大量にいる。この状況だとハゼがビビって出てこないんじゃないか?というぐらい大量にいる。

鯉を避けながら釣りをするもののどこでも鯉だらけ。

アタリはあるのか無いのかよくわからず底にコツコツ当てながらゆっくり巻く。なんかアタリっぽいものがあるような無いような・・・。

ただ、下流側へ15分ぐらい歩いて探るもののヒットが無いので向きを変え、上流側へ投げる。この釣りは足元のかけあがりを斜めに引いてくるのが私の中での釣り方となっているので基本下流へ歩いている時は下流へ投げて斜めに探り上流へ歩く時は上流へ投げる。

上流へ向けて投げると一投目で釣れた。すごく小さいハゼが・・・。
image

もはやほとんどアタリ解らないぐらい小さくてなんとも言えない繊細な感じになる。。。
それでもヒットの瞬間はちゃんとロッドにアタリが伝わるのでこれはこれでちょっと楽しい。

小ハゼをリリースして次の一投でまたゲット。
image
これも小さかった。

連発したので上流向きに投げるのがいいのか?と思ったがただたまたまいるコースに投げただけのようでその後はヒット無く釣り始めた場所まで戻る。

ハゼが少ないのか、活性が低いのか、食ってきてるけど小さくて乗らないのか?ちょっとよくわからない感じ。

なんとなく下流側へ投げてみたら釣れた。また小さいのが。
デキハゼクランク

エリアがダメなのか?と思いかなり下流まで自転車で移動。ちょっとだけ深い場所。一応ハゼクラ用のディープクラピーなら底が取れる場所なのでゆっくり巻く。

全然釣れる気配はない。

諦めかけた時にゲット。
ちっちゃいハゼ
大体全体的にこのサイズがちょろちょろいてるということがわかったので今回はこのハゼを最後に終わりとした。

初夏のハゼクラ調査まとめ

初夏というか夏なのだがシーズン序盤のハゼクラはまだまだ魚影もサイズも揃っていないことがわかった。

引きは全く楽しめないかもしれないがルアーに果敢にアタックしてくるハゼと戯れるのは結構癒やし系の釣りなので近所の川でハゼクラ挑戦おすすめです。

他のルアーも使ってみたけどディープクラピーが現時点では一番使いやすくて釣れると思う。お腹のフックは基本ヒットに結びつかないので外しても問題ない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-ハゼクラ, フィッシング

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.