元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

エサ釣り 釣行記

神戸空港でサビキ釣り!そしてノマセ釣り

投稿日:

どうも!エイリアン コヴェナントを観てきた釣活くんです!

まさにエイリアンシリーズって感じの映画でしたね。ただ、アンドロイドがやばすぎてちょっと納得いかなかった感はあります…。

今回は神戸空港で釣りをしてきたのでそのレポートです。

スポンサーリンク

朝4時からタチウオ狙い

同行の友人がタチウオを釣りたいと言うので朝4時からタチウオをウキ釣りで狙う。イワシを付けて流していくがアタリはない。

しばらく放置した仕掛けを上げるとイワシが身だけ食べられていた。タチウオの場合はかじられるとスパッと切れてしまうのでこういう食い方にはならない。

まず間違いなくこのくい方はイカである。大型のイカの場合は身だけでなく骨までバリバリ食うのでおそらく小さなイカと考えられる。

これを見てエギング開始。風が強くめちゃくちゃやりづらい。

しばらくやったが足元でグイッともってかれるアタリはあったが乗らずに夜が明けた

夜が明けてからは襲われて弱ってくるくる回る通称、くるくるイワシが足元を流れていく。

このイワシが出てきたら水中ではフィッシュイーターがお食事中ということなのだがイワシ自体が非常に小さい物が多い。

何の魚が食ってるのかよくわからないが小さめのジグで狙う。

鳥もたくさん飛んできてくるくるイワシを食っている。ただ、鳥山みたいにナブラが発生するわけでもない。

一度足元で何かがボイルしたのが見えたが何かは不明。

周りではハマチが釣れはじめてこれはチャンスと思ったが全くアタリがなく、完全に朝マズメを逃してしまった・・・。

完全に夜が明けてこれはヤバイと感じ、フィッシングマックスでコマセを購入して釣り再開。

サビキを垂らすといきなり小アジが連発

このこアジをハリにつけてエレベーター仕掛けでハマチを狙う。流れが速くウキ釣りでは非常に手間がかかると考えたから。

前回もノマセで時合後も結構ハマチが上がっていたことから時合を逃したらこれしかないという考えだ。
参考エレベーター仕掛け

周りではノマセでハマチが釣れているのを見てこれは釣れると思っていたらノマセ竿の竿先が震える。小アジが必死で何かから逃げている証拠で前アタリである。

その前アタリからすぐに本アタリが来て大きく竿先が引き込まれたところで合わせ。思い切り合わせたが底に重りが引っかかっているようで根掛かりっぽくなる。

これはやばいか?と思っていたら外れてファイト開始。エレベーター仕掛けを使ったのは初めてだったため非常に勝手がわからず針掛かりがちゃんとされていない感じになっていて魚もこっちに向けて泳いでいたりやり取りが難しいなと思っていたらバレてしまった・・・。サイズ的にはそれほど多くはなかったとは思う。

エレベーター仕掛けの時はとりあえず合わせ入れる前に誘導部分がロックされるまで巻いておかなければならないようだ・・・。

色々な釣りをやってきたけどまだまだ知らない釣りはいっぱいあるねぇ。

このアタリを最後に周りでも全くハマチが釣れなくなり、終了の雰囲気が・・・。

この後、サビキで餌がなくなるまで小魚を釣って雨が降る前に終了とした。
サビキの釣果
サビキでは結構色々な魚種が釣れて面白い釣りができる神戸空港。釣れなかったが30センチぐらいある大きめのウマヅラハギなんかも足元に見えてこれからもっと面白くなりそう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-エサ釣り, 釣行記

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.