元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

ブラックバス

回遊待ちで粘り勝ちのスモールマウス釣行

更新日:

今週で東京から関西へ引っ越すのでその前にラスト釣行。
日曜日は隅田川でシーバスを狙うも2バイトでノーフィッシュ・・・今年はサッパがいないので夏なのに川にシーバスがあまり入ってきていない気配だった。。

今日はラスト多摩川スモールマウスフィッシング。
かっこいい釣りサイト「BURITSU(ブリッツ)」のノーバイトさんとの釣行。

スポンサーリンク

5時。
日の出直前のいい感じの朝マズメ。ノーバイトさんは釣りに行きすぎて朝寝坊ww7時ぐらいに合流するまでは一人で様子を探ることにした。

先週見つけておいたポイントだがゲリラ豪雨の影響からか少し濁りが入り見えバスがいない。
まだ日も上ってないのでちょっと見づらいだけかもしれないが見えバス狙いより先にブラインドで狙ってみる。

前回良かったスピナーを使ってみるが反応はない。
朝マズメなのでハードルアーをローテーションしたりしてみるがどうも高活性な魚がこっち側にいないようで対岸で何度かボイルしていたくらいの朝マズメ。。

徐々に日が登ってきたので見えバスを探す。
先週もあったスポーニングベットに見えバスを発見したがやはり流石にすれているようで反応なく去っていく。

歩いて見えバスを探すも先週あんなにいたのに今日は殆ど見当たらない・・・やばいスモールもボウズでフィニッシュか・・・?

お腹が痛くなったので近くのトイレに行ったりしてたらノーバイトさん登場ー

状況は良くないことを伝え釣り再開。

見えバスいなさすぎなのでスピナーでいそうな場所を流して反応を探る。
全く応答なしw本当にまれに10センチ未満の豆が付いてくるくらい。

その時だ!ついにヒット!

合わせたらちっちゃい魚が飛んできた!
なんとスピナーに20センチ弱のウグイがヒットしただけだった・・・。

ぶら下げてたら勝手に外れて去っていったがこんな魚を釣りに来たんじゃないんだよ・・・。

中々厳しい気配が漂ってきた(´-ι_-`)

でもテトラの際を回遊している魚もいるはずなのでちょっとそれを狙ってみることにした。

回遊待ちは暇なのでノーバイトさんと釣り談義。。ノーバイトさんは釣りブームの頃に釣りをしてたものの一度釣りから遠ざかって最近また釣りをし始めたということだ。このブランクを取り戻しまくるほどの釣行回数で私も釣ったことない60オーバーのラージやらシイラやら釣りまくってる。

確かに釣りブームだった20年近く前はまだ使えるお金も少なく満足に釣りができなかったし今が一番釣りが楽しい時期かもしれないなぁと思っていると、テトラのエッジの回遊コースをバスが通る。サイズはさほどでもないがちょっと釣れる気がしてきた。

話をしながらも魚の動きを目で追いかけるがワームが違うような気がするので色々と交換。

結局いつものフリックシェイクのスプリットショットワッキーで回遊コースに沈めて待つ。

フリックシェイクにまあまあサイズのハゼが付いてくるwちっちゃい針使ったらこのハゼもワームで釣れそうだ。
巷で流行りのハゼングやね。

話してる時に何回かバスが通るのだがワームには見向きもしない。
ただ(´-`).。oO(タイミングによってはワンチャンあるで)な気分。。

で、ついに来たよチャンスが!
何故か急に猛然とワームを食ったような動きを見せたので聞き合わせを入れたら完全にヒットw
普通にしゃべってる時にヒットしたのでノーバイトさんはジョークだと思ってたようだw

なんか慌てすぎてリールのアンチリバースがオフになって沖に走られたけど逆にそれが良かったようでテトラに潜られずうまく寄せることが出来た٩(ˊᗜˋ*)و
夏の多摩川スモールマウス
このポイントはフィネスな釣りしか通用しないのにカバーが激しすぎるというポイント的な難易度がやたら高い場所なのでこのサイズでも相当なスリル・・・。

いやーほんとに東京最後の釣りでまともなサイズのスモールを何とかゲットできてホッとした。
せっかくノーバイトさんと釣りに行けたのに二人とも釣れなかったらなんかショボーン(´・ω・`)やもんね。

この後はやっぱり多摩川そんなに甘くなくてちらほら見えバス見つけるも食わせるには至らず・・・。

結局ノーバイトさんに釣ってもらうことは叶わなかったがまた琵琶湖での再開を期待してお別れした。

次回からは釣活関西編が始まります!今後とも釣りサイト「釣活」をよろしくお願いします!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-ブラックバス

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.