元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

ナマズ ブラックバス

ナマジィー連続・・・

更新日:

多摩川の朝焼け
最近台風やら多忙やらで全然釣りに行っていなかったわけだが今朝は朝マズメの多摩川へ久々に行ってみた。

台風からの湿った空気により雨が激しく降った地域があるようでかなりの濁りと浮遊物。

ニオイもドブ川のようなにおいがする。隅田川よりはだいぶましなのが救いだが。

こういうときは流れの流心のほうでも釣れるけどゴミがかかってきて釣りがしづらいということで流れのないエリアですることにした。

スポンサーリンク

生命感あふれる水面。時折何かがボイルする音も聞こえる。

いつ、どんな時でもフィネスができる状況の時は絶対にフィネスをするスタイルの俺は最初からジグヘッドにピンテールワームをセットしてシェイク。

しかし、アタリは一度小さなのがあったのみであまり効率がいいとは言えない。

いそうな打てるカバーは打ったのでしょうがなくトップウォーターへチェンジ。

細かいシェイクを与えながらスイミングさせるやり方で引いてくると思い切り下から突き上げるバイト!

でも乗らない。お決まりのパターン。ここ2年くらいで10回はトップに出してるけど一回も乗っていない。どんだけ乗せられないんだ俺・・・。半分はシーバスなんでしょうがないのはしょうがないけど。

そのあとは何も反応が無いのでしょうがなくいつものテトラへ。

流れはまともに当っているものの割とごみは少ないようだ。

でも流れは少ない方が魚も溜まりやすくて釣りやすいと思いダウンショットで護岸を狙う。

すぐにヒット!

下へ突っ込むスモール特有の引き!
まぁまぁいい引きだが強引に寄せてきて足元まで来たところでフックアウト・・・。

なんとも情けないことで・・・。

で、気を取り直してテトラの外側の流れがぶつかるところを狙う。

一投目でバイト。コツンと来たのでスモールだったら4インチシャッドシェイプをマス針部分まで食えてないかな?と思いつつスイープにあわせを入れると乗った。

結構な重量感だがコイのような疾走する走り方ではなくバス系の引き。バスだったら40センチは確実か?と期待したが浮いてきた魚体はナマジィー。

これが中々の大きさで70センチくらいはありそうなサイズ。

でもナマズは割りと持久力が無いのでとりあえず寄せてきて弱らせてボガグリップで捕獲・・・と思ったら最後のあがきでラインをぶち切ってオートリリース・・・。

口の端っこにかかっていたみたいだし大丈夫かな・・・。

なんかさっきの魚もよく考えたらナマズだったんじゃないかなぁと疑心暗鬼になりつつ釣り続けたが日も昇りバイトもなくなったので終了した。

久しぶりに魚の引きを味わえてよかったがキャッチできなかったのはやはり悔しい・・・。明日の朝は確実にしとめる!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-ナマズ, ブラックバス
-, ,

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.