元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

ブラックバス メディア 釣具

ギル型ワームの革命か?ジャバロンギルがヤバすぎる

投稿日:


釣活くんのフィッシングショーで見つけたヤバすぎるルアー紹介コーナー、今回はイマカツから発売されるジャバロンギル・ジャギル100を紹介していこう。

スポンサーリンク

ジャバロンギルの動きがヤバイ

まずは動画で御覧ください↓

どう見ても泳いでる姿が本物の魚やん・・・。これ以上はどう考えも進化しないぐらいまで動きが魚・・・。

ジャバロンギルの計算され尽くした設計


完全にピント外してしまった写真しか無くて申し訳ないがジャバロンギルはめちゃくちゃ上手く設計されていて水中でギルのように縦になってステイする。

今まではハイドアップのスタッガーワイドとかデプスのブルフラットみたいなフラット系ワームは基本的に沈めたりすると横に寝ていた。ぶっちゃけこうなるとギルというよりはカニでありモクズガニパターンみたいな感じで釣れてるのか死にかけのギルを食っているのかよくわからん状況ではある。

それが針をつけて沈めても基本的に縦になってステイする設計になっているのがこのジャバロンギルでどっからどう見てもブルーギル。底に沈めても泳がせてもずっとブルーギル。これは結構革命的だと思う。

秘密はボディーの上部に空洞部分を設け、そこに空気が入ることによって浮力を得ているから起き上がりこぼしのように必ず縦になる。さらにこの空洞に浮力体を入れるとフローティングになり水面でエサを食うギルになる・・・。なんというよく考えられたワーム!スプリットショットリグとかダウンショットリグなんかだと水中でサスペンドさせることも出来て釣りの幅が広がりまくり。

そして設計面で一番すごいと感じたのがフックの付け方。縦でも横でもなく斜め!

確かに縦に付けると体高のあるギル型の場合フックが隠れてオフセットではフックを出せないし、よくある横で刺す場合はジャバロンの特性上尻尾がフニャッとなって下手すると針先が完全に隠れてしまいフッキング出来ない。

それが斜めにすることでフニャッとなった尻尾が針先側に来てしまっても針先に干渉すること無く確実にバスの顎を貫く。実によく出来ている。

まとめ

ギル型ワームは野池でも湖でもダム湖でもどこでもよく釣れて活躍するワームの一つであり人気のブルフラットなどは3.8インチとかのちょうどいいサイズは中々手に入りにくい状況が慢性化しているぐらいなのだがぶっちゃけこのジャバロンギルに関してもそう簡単には手に入らないという気しかしない・・・。

絶対欲しいルアーなので頑張って発売時期に釣具屋をはしごして探してみようと思う。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-ブラックバス, メディア, 釣具

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.