元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

ブラックバス 釣行記

I字系で釣る琵琶湖バス

投稿日:

どうも!最近かなり夏に近づいている感じがしますね・・・今年の夏は過去最高の猛暑になる確率9割らしいのですでに暑くてもしょうがない気がします・・・。

今回は梅雨ということでトップウォーターでブラックバス釣れるかな?と思って琵琶湖にバス釣りに行ってみたのでそのレポートです。

北山田

北山田付近は濁りが入っていてあまり気配を感じない。一応スウィーパーで探ってみると20センチぐらいのチビバスゲット。ただ、チビバスもあまりいないようであとが続かないので移動することに。

葉山川河口

葉山川から濁った水が流入していてちょうど濁っている部分とクリアな部分の境目を狙ってみることにした。

濁りが入ったら巻物というわけでスピンソニックで広範囲に探る。

広範囲に探った結果、岸沿いにしか魚がいない感じがしたので岸集中攻撃。

付いてきたバスに食わせるために足元で8の字を描いて泳がせ続けヒット。
スピンソニック
小さいもののコンディションの良いバス。

その後はスピンソニックでは反応がなくなったので小バスを釣ろうとステルスペッパーへチェンジ。

釣れまくる。
ブルーギル
このルアーは特に何のアクションもさせずにただただタダ巻きするというルアーでI字系と言われるジャンルのルアー。

ペラが前後についていてルアーとしてはダブルスウィッシャーなのだが水面下20センチぐらいをキープさせながら泳がせるとどこからとも無くバスが襲いかかってくる。

今回はこのルアーが激ハマりでコバスが入れ食い。ひたすら岸沿いを流し続けると15〜20センチのバスが無限に釣れる感じ。
琵琶湖バス
たまに25センチぐらいのも混ざるがデカイのは食ってくる気配がない・・・。

ふと水中を見るとザリガニだらけだったのでザリガニルアーに変えてみるが何の反応もない。
ザリガニ
たまにギルがかじるぐらい・・・。

I字を投げればコバスは釣れるのがわかっているがさすがにコバスをひたすら釣っても飽きるのででかいのを狙ってトップ投げたり、ビッグベイト投げたり、ヘビダン投げたりジャークベイト投げたり色々してみたが小バスとブルーギルの反応のみ。

夕まずめにすべてをかけたのだが急に大雨が降ったり、ベイトフィネスが一投目でバックラッシュして使用不能になったり全然ダメダメだった。。。

コバスは今回一年分釣ったと思うので次回からは夢のビッグバスを狙って50センチが釣れるまでコバスを狙うような釣りは封印することにする。ヘビキャロorスイミングジグをやり続ければ多分釣れるはず。。。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

どうも!最近家に引きこもって暇さえあれば釣り雑誌を読んでいる釣活くんです。 なぜか?今年もフィッシングショーの季節到来したからだ。今年のフィッシングショーで何を見て何を質問すればいいのかを去年のカタロ ...

2

冬はルアーターゲットが減るシーズン。 それでも釣れないわけではなくて低水温が好きな魚もいる。また温排水などの条件が整う場所では冬の方が他のシーズンよりも釣れるということもよくある。 そこで今回は冬のソ ...

3

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

4

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-ブラックバス, 釣行記

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2018 AllRights Reserved.