元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

ブラックバス

2014年多摩川バスシーズン開幕!スモールは順調に成長中!

更新日:

3月になり、ブラックバスのプリスポーンが始まる季節になったので多摩川の状況を確認しに行ってきた。

スポンサーリンク


午後から釣り開始。

いつもの登戸周辺は洪水で地形が変わってから釣りづらくなったので下流の人気エリアでの釣り。

先行者は対岸に3人ほど。

風は北風だが微風で寒さを感じない。晴れ時々曇りだが春を感じる日だった。

この場所での実績の高いメガバス社の大型ミノーを投げるが反応はない。まだそこまで活性が上がっていないのではないかと感じ、シャッドでゆっくり攻めることにした。

しばらくハードルアーで攻めたがアタリがでないのでスモラバで底付近を狙う。

全然反応はない。

ポイント的には全体的に浅く、魚は回遊性が高いと思われる。

回ってくるのをひたすら待つ。それが春のスポーニングシーズンの釣り方の一つで私の中では王道のパターン。

実績の高いストレートワームのインチワッキーにてひたすらバスが回ってくるのを待つことに。。

ただ、このエリアにバスがいたとしても数十匹。春モードで回遊をしている魚は2割ほどだろう。まだほとんどの魚は冬モードに感じる。エリアはそれなりに広いのでそう簡単には回遊に当たらない・・・。

ただ、対岸のほうで鯉は跳ねていて生命感はある。

カゲロウが水面を流れていて、それを補食する小魚も多い。活性はある程度高いのではないかと希望を持って待つ。

しばらくすると先行者が動き始めて対岸を歩いた。
釣りで重要なのが人的プレッシャーで、魚は出来る限り人から遠くへ逃げようとする。対岸にプレッシャーがかかればこちら側に魚が移動してくるので他の釣り人はありがたい存在なのである。人が多くても釣りにおいて有利な状況が生まれるということあるのだ。

対岸の人のおかげで鯉の群れが対岸からこちら側へ近づいてきた。

春先、なぜか鯉とバスは同じ群れにいる。なぜだかわからないが春は鯉を見つけるとバスを見つけたのと同じくらいのチャンスなのだ。

目の前で鯉がエサを食っていたのでその鯉の下にバスがいるという想定のもと上流からワームを流す。

ここで食うだろうという場所でヒット!

鯉も雑食なので一瞬鯉か?と思ったが豪快にジャンプ!まさに真っ黒のスモールマウスバスだ!40センチは軽く超えるナイスサイズで体高も抜群のいい魚体だった。

ものすごい引きで突っ込むのをただ耐えるだけだったが思ったより引きが強烈でテトラに潜られると思った瞬間ぶっちぎられた・・・。
4ポンドのフロロでは40オーバーのスモールマウスをテトラ帯で釣り上げるのは不可能だと思い知った瞬間である・・・。

とりあえずへこんで釣りやすい場所へ移動して色々と頑張って同じような鯉が回ってくるチャンスが何度かあったものの、そう簡単に釣れる魚ではないのが多摩川のスモールマウスバス。
この季節だと釣れるサイズはでかいが一日1〜2匹釣れれば大勝利というレベルなので引きを味わえただけラッキーだと思いながら帰ることにした・・・。

まあ今回はポイズンアドレナのスピニングタックルを試すために行った釣りなのでしょうがない。俺は休み明けは走らない感じなので次走たたき2戦目はきっちりでかバスをしとめることでしょう!
来週は朝からベイトタックルで40アップのバスをひねり出します。

ちなみにポイズンの使い心地は上々で、スモラバやらダウンショット・インチワッキーが非常に操作しやすい。感度も抜群で最高の竿でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-ブラックバス
-,

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.