元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

アジング

簡単ライトゲーム、小サバ釣り

投稿日:

色々釣りたいけどイマイチ何を釣るかの決め手にかける今日このごろ。チヌもシーバスもいい感じであちこちで上がってるらしいし、食べることを考えるとタコ食べたいけどまだ沖堤に渡らないとまともに釣れない感じ。

沖堤わたってしまってもいいんだけど今週は既に淡路島行ったりしてお金的に節約したいところなのでお金もかけずにそこそこ食える小サバなどを狙いに神戸空港へ行ってみることに。

スポンサーリンク

雨の神戸空港

朝5時到着。

着くとまぁまぁの雨が降っている。レインウェアを着込んで釣り開始。サバ以外にもあわよくば最近釣れだしたサゴシとかタチウオがかからんかとメタルジグを付けたジギングサビキ仕掛け。エギングタックルを使用。

30分ちょっと釣りをしてみたがなんか違う。どうもサバ全然いる感じがしない。周りもサビキの人がスズメダイを釣っているくらい。

おとなしくここは兵突行こうと移動。

兵突へ

雨がやんで釣りがしやすくなった兵突にはいつも通り人が結構多いが空いてる場所で釣り開始。

ルアーは前回のキャロ仕掛けがセッティング済みだったのでそれをそのまま使用。

周りのサビキで普通に釣れていたので釣れるだろうと思ったが一投目でゲット。

やっぱり簡単やな!サバゲー楽しいな!

と思ったのだがここからが全然ダメでパターンが全く掴めない。一応反応はあって食いついてくるのだが全然針がかりしない。

キャロがダメなのか?とメタルジグにしても同じく乗らないバイトばかりでかなり釣れない迷宮を彷徨う。

色々試すとどうもアクションさせている時に食ってくるようなのでライトワインド仕掛けに変える。非常に当たりが増えるが中々針がかりしないか針にかかってもすぐに外れる。

それでもライトワインドで何匹か釣れ始めこれが正解か?ともっと効率よくかけることが出来るように色々試すが中々アクションを変えるとかではダメなようだ。

ワームを謎のライトワインド用ワームから34のフィッシュライクに変えると少しヒット率が上がったような気がしてそれで10匹ほど上げることが出来た。

10匹ほど釣るとさすがにワームがボロボロになったのでジャッカルのジャコナックルに変更してダートしやすいように尻尾の部分をカット。

このワームのリブがダートを適度に止める効果を発揮したおかげかヒット率が上がる。最初からこれを使っとけば・・・。

どうもダート幅が大きすぎると追いつけないようで小さめの幅のダートが良いようだ。

それに気付いて数を伸ばすが根本的にサバの動きってものすごいスピードなので食った瞬間に合わせてもものすごいスピードでこっちに向かってきてラインがたるんでバラしとか食ってきても基本口に入れてこっちに向かってきてることが多くアタリがわからない。だからダートを連続させて食ってなくてもシャクって合わせを入れていく。ダートを小さくしようとすると合わせが上手く決まらず即バラシ。

めちゃくちゃ数がいるから釣れるけど基本的にサバをライトワインドで釣るのは結構難易度が高い面白いゲームだということがわかってきた。

魚のサイズも結構バラバラで大きい魚だと20センチを超えて中々の引きを楽しめる。

釣り場の状況は潮は岸壁にぶつかって渦をまきしょっちゅう流れが変わるような状況でプランクトンが溜まるのか小イワシや小サヨリなどが水面を泳ぎそれをサバが追いかけるというような状態。潮はそこそこ澄んでいてサバが通るのが上からよく見える。トビエイがウロウロしていて時々海面から飛び出していた。

周りのサビキの人は9割ぐらいサバを上げているが他にもイワシや豆アジなども混ざっている。他、カニやシャコなども見かけた。

そんな感じで最終的に20匹近く釣った時に最後アワセ切れしてしまいキリがいいので終了とした。やっぱりエチレンは衝撃に弱いのでアワセ切れしたくなかったらリーダーを必ず使いましょう・・・。
サバ詰め合わせ

ぶっちゃけサビキでやれば簡単に50匹くらいは釣れると思う。釣り初心者はサビキがおすすめ。釣れすぎてつまらない人はジグヘッドワームでやるとゲーム性が高くて楽しめる。

今回のヒットルアー

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-アジング

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.