元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

アジング 釣行記

神戸港でアジングが楽しい!

投稿日:

どうも、ロッドをしゃくりすぎて肩を痛めた男、釣活くんです。

エギングとタチウオワインドやりすぎるとかなりやられますね・・・。気を付けましょう。

今回は神戸港へタチウオ狙いに行って結果的にアジングメインになった釣りのレポートです。

スポンサーリンク

潮の流れ抜群

大潮ということでエギングにしようかシーバスにしようかタチウオにしようかかなり悩んだ結果エギングとタチウオをすることにして神戸港へ。いつもの漁港へ行くと真っ昼間からイワシが大群で泳ぎ回る。潮の流れがかなりきつく流れているので魚の活性は高そうだ。

見ていると鯖も水面を泳ぎ回っている。グレやスズメダイはかなり岸寄りにへばりついていて流されないように必死なようだ。雰囲気的にこれだけイワシがいればアオリイカも青物もまわってるんじゃないかと思い広範囲を探ってみるが反応なし。

鯖でも釣れないかと鉄板バイブレーションを投げてみるが鯖はすでにどこかへ消えていた・・・。

明るいうちはこんな感じで釣れそうな雰囲気があるのに釣れないという状況。

タチウオ狙いに移動

タチウオポイントに到着したが人が多すぎて入る場所がない状態・・・。夕まずめにアジやサゴシを狙う人も入り混じって大混雑状態である。。。

タチウオを狙ってワインドやバイブレーション、ミノーなどを投げまくるが釣れる気配がない。誰も周りは釣れていない。

これは回っていないのか?と少しウロウロして他の人の状況を見に行くとライトが当たっている部分の人だけ釣れている。

しかもライトに照らされた部分に通したときだけ釣れるようでその人のその角度しか釣れない。

暗い部分には居ないのか?と隙間に入ってやってみるがアタリなし。でもその人だけ釣れる・・・。こんなにピンポイントしかタチウオが釣れないこともあるのだな・・・。

タチウオ狙いを諦めてウロウロしているとライトに照らされたところでアジングをしている人がいた。見ているとサビキの人がバンバン釣っている。

そこは満員なので隣のライトの場所を覗くとめっちゃなんか魚がウロウロしている。アジなのか何なのかはよくわからないがちょっと狙ってみたくなる。

エギングロッドでアジング開始

リーダー1.5号にアジングアシストサビキを取り付け更に下に1グラムのアジング用ジグヘッドを装着。ジグヘッドはあったけどワームが無い。アジングする予定はなかったので持ってきてなかった。ふと足元を見るとアジング用のワームが落ちていたのでありがたく使わせてもらうことにしてアジング開始。

数投でヒット!これは即バラシ。

こんなタックルでも釣れるのかとやる気がみなぎる。ぶっちゃけ5メートルぐらいしか飛ばないがその5メートル以内にうじゃうじゃ魚が泳いでいるので釣れる感じがする。

しばらくするとコン!とアタリが来て合わせると吹っ飛んできたのが小アジくん。
アジングイメージ
坊主かと思っていたので嬉しい一匹。

続けて2匹目も同じように釣れ小気味の良い引きを味わう。

3匹目は重くなるだけのアタリだったがガッツリ食っていてナイスファイトだった。

その後、急激に食わなくなり通すコースを変えたりちょっと場所を変えてみたりしたが反応は無い。本当はワームを変えたりしたいところなのだが一本しか無いのでしょうがない・・・。

しばらく最初の場所を休ませて戻ってくると何かがボイルを始めている。これは!と思いボイルを通すとグググ!と引きが来た。なんかそこそこ大きめの魚が来たぞと強引に巻き上げぶっこ抜いたらでかいウミタナゴだった。アジングアシストサビキに食ってきた。
ウミタナゴ

このサイズは今まで釣ったこと無いぐらいデカイと思う。

納得サイズが釣れたのでここで終了とした。
img_6013
楽しすぎたので次回はガチでアジングタックル持ってきて本気でアジを狙います。

今回のヒットルアー

一応何かの時用に忍ばせておいたのが吉と出た^^

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

どうも!最近家に引きこもって暇さえあれば釣り雑誌を読んでいる釣活くんです。 なぜか?今年もフィッシングショーの季節到来したからだ。今年のフィッシングショーで何を見て何を質問すればいいのかを去年のカタロ ...

2

冬はルアーターゲットが減るシーズン。 それでも釣れないわけではなくて低水温が好きな魚もいる。また温排水などの条件が整う場所では冬の方が他のシーズンよりも釣れるということもよくある。 そこで今回は冬のソ ...

3

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

4

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-アジング, 釣行記

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2018 AllRights Reserved.