元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

アジング 釣行記

神戸でライトゲーム

投稿日:

どうも!最近腰痛でいい椅子を買っちゃおうか迷っている釣活くんです。エンボディチェアかアーロンチェアかミラ2かエルゴヒューマンかコンテッサ・・・悩みますねぇ。

今回は神戸方面でライトゲームをしてきたのでそのレポート。

スポンサーリンク

アジュールで雑魚釣り

一日暇だったので朝から釣りに出かけたもののアジングは夜メインなのでとりあえずマックスさんでお買い物。ジョイントのメタルバイブがかっこよかったので衝動買い・・・。絶対衝動買するよなぁ。他にもワゴンのとかエサ釣り用品とか買うと3000円ぐらいあっという間に飛ぶよね・・・。

サヨリ用のオキアミを買ってアジュールでサヨリでも釣ろうかと思って行ってみると人がとても少ない。

釣れてないのかなぁと思ったけど隣の人は投釣りでカワハギをバンバン釣っていた。

しまった、サヨリじゃなくてカワハギだったか!

誰もサヨリ釣りをしている人などおらず、完全にミスった感じだったが一応仕掛けをセット。サビキ仕掛けだ。おれはサヨリはサビキで釣る派なので。基本サビキにオキアミ付けたらなんだって釣れる。

ただ、まぁサヨリはいないのでとりあえず沈めてまっているとなんか当たる。当たるけど餌だけ取られる。多分カワハギだろうと思うがどうにもサヨリ用の小さいオキアミではエサが取られやすい気がする。

しばらくしてやっと何かヒット!

ちっちゃいベラだった。。。
img_6164
この後はふぐ2連発と小さなガシラゲット後、オモリが根掛かりでちぎれたのでもうオモリ無しでやってみる。

逆になんかふわふわ漂うからナチュラルに誘えるということで釣れるんじゃなかろうか?

予想的中でふわふわさせているとラインが思い切り走り何かがヒット!しかし合わせたらその衝撃で針がちぎれまくって逃げられた。

これは結構面白い。ノーシンカーでサビキを漂わせると魚が食った瞬間ラインが走るのでなんか興奮する。

楽しくなって続けているとコッパグレゲット。
img_6166
多分さっきのアタリもこれっぽい。

2匹コッパグレを釣りウミタナゴも1匹ゲットしたところでエサを針に付ける作業が嫌になってこの釣り終了。
img_6168
エサ釣りって手がベタベタになるから嫌い。

でも意外と長いことやっていたので昼の3時ぐらいまで時間を潰すことが出来た。

そろそろ夕マズメのスタンバイということで神戸港へ移動。

豪華客船飛鳥2が停泊している反対側で釣り開始。

全く釣れない夕まずめ・・・。イワシの子供とアジの子供が一瞬通り過ぎたので釣れるかと思ったけどそんなに甘くはなかった。周りの人も小さいエソが1匹って感じでタチウオはエサ釣り含め誰一人釣っている気配がなかった。

真っ暗になってライトゲーム開始

それと同時に東からの風が強くなりアタリわからないようになる・・・。

しょうがないので西方面で釣りをする。

明かりのある場所でやたらセイゴがボイルする。何十匹もうろついているのが見えるがワームについてきても絶対食わない。匂いをかいでいるのか?ってくらい近づくのに口を全く使わず謎のベイトでボイルを繰り返す。バチ抜けのときのような状況。マッチしないルアーには絶対食いつかない感じ。とにかくこのセイゴに関してはどんなワームを使ってもどうしようもないので無視することに。

表層のボイルを避けて中層を通すとあっさり小さいアジが釣れた。
アジ
アジおるやん。ってことで同じように攻めて連発を狙うがアタリがやたら小さくなりここから全く乗らなくなる。明るすぎるのかすぐにワームにすれるのでワームチェンジもやたら面倒になり風も強くなってきたので終了した。

前回は入れ食いだったんだが流石に季節が変わったのを感じる結果になってしまった。あのセイゴの釣り方がわかれば多分まだまだ楽しめるのだがもしかしたらアオイソメ流したら釣れるんじゃないか?という仮説しか今のところない。最終手段虫ヘッドの出番かも知れないね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

-アジング, 釣行記

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.