ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

シーバス 必要知識

流用可能?バス用タックルの流用について

投稿日:2013/09/13 更新日:

ブラックバス用ベイトタックルで釣ったシーバス
シーバスをはじめ海のルアーフィッシングは多種多様なターゲットがいる。

また、トラウトやブラックバスからルアー釣りを始めた人が海でも流用で釣りをしたいと思ったときどのくらい流用可能なのかをまとめてみる。

Q:淡水ロッドは海で使えるか?

まずは淡水でのルアー竿が海でも使えるのかです。

A:使える状況もある。

海で淡水の竿を使うときのネックは長さです。6フィートの竿でサーフから青物を狙うことはかなり難しいです。

長さがもたらすメリットは以下の通りです。

  1. 飛距離が伸びる。
  2. やり取りにおいて場所に対応しやすい。
  3. 魚の引きに対応できる。

まず飛距離ですが、サーフからなら40グラムのジグを投げたい場面があります。40グラムと言うと1.5オンスです。バスロッドだとビッグベイト用ロッドかジグ用ロッドしか投げれません。
ただし、このロッドを使って40グラムのジグを使っても9.6フィートの専用ロッドを使った時の飛距離には遠く及びません。

やり取りにおいて場所に対応しやすいと言う点ですが4メートル以上の防波堤で釣りをする場面があるとします。その場合、通常竿を水面に近づけて防ぐエラ荒いですが、短い竿だと全く対応できません。
さらに、磯やテトラポットに行くと9フィートあればかわせる根が6フィートだと全くかわせません。獲れる魚が激減します。

魚の引きに対応出来ると言う点ですが、釣竿と言うものはしなりによって魚の力を受け止めラインが切れるのを防ぐ作用があります。長さは長ければ長いほどためが効くと言えます。海の魚は淡水の魚よりもシャープな引きをすることが多いのですがこの引きを受け止められる長さが無ければラインブレイクや口切れでばらしやすくなります。

以上が淡水ロッドで海のルアーフィッシングをする時のデメリットでした。

逆に言えばこれらのデメリットが当てはまらない釣りなら流用可能ということです。以下はバスロッドで行なえる海の釣りです。

ボートフィッシング
海でも船でやる分には強引なやり取りも必要なくオープンな場所なら船の位置を変えて対応できます。

漁港
短い竿のほうがやりやすいのが漁港のストラクチャー攻め。バスロッドで問題ない。

穴釣り
テトラの隙間を狙うカサゴやメバルの穴釣りはバスロッドより短い方がいいくらい。

穏やかな湾奥の護岸
湾の奥だと波があまり来ないので護岸が低く作られています。こういうところだと問題なく流用可能です。

※一昔前のリールは淡水専用である場合があり海で私用すると内部が錆びる場合があります。洗うとグリスが流れ出しますので分解してのグリスアップは毎回行なったほうが良いでしょう。但し、分解すると元通りにならない可能性は高いためオススメしません。

Q:海用のルアーロッドで淡水の釣りは可能?

先ほどの逆パターンです。

A:非常にやりづらいが可能

河川や池、湖での釣りを想定していますがどこも木が生えたりしていて、長い竿が非常に持ち運ぶ上で邪魔になります。また、ボート釣りの場合にも海の船より小さいためものすごく邪魔になります。

狙うターゲット自体も海より小さいのが多いのでメリットが見当たりません。

ちなみにメバルロッドなどのライトゲームタックルは管理釣り場のニジマス釣りで問題なく使えます。飛距離の欲しい釣り場では活躍するかもしれません。

シーバスロッドを他魚種の釣りに流用

ここからはシーバス用ロッドの流用の可能性についてです。
ここでのシーバスロッドは一般的に港湾や河川で使用される8.6フィートのライトクラスを想定します。

Q:シーバスロッドでメバリングは可能?

A:可能です。

ただし、1グラムのジグヘッドを10メートル以上投げるのは非常に難しいので飛ばし浮きを使うか飛距離の必要が無いポイントで釣りをします。固いロッドだと10センチのメバルではゴミのような手ごたえしか味わえず面白くないのもデメリットです。

Q:シーバスロッドでエギングは可能?

A:可能です。

実際、私自身はじめて春イカを釣ったのはシーホークというシーバスロッドです。全く問題なくデカイイカをものにできました。ただし、いうまでも無く扱いやすさはエギングロッドのほうが数段上ですので、はまったらエギングロッドを買ってしまったほうがいいです。

Q:シーバスロッドでヒラメ釣りは可能?

A:やや難あり。

ヒラメはそう簡単に釣れるターゲットではありません。ただでさえ難しいターゲットを流用で釣るのは非常に運がよくなければ難しいでしょう。普段から9.6フィート以上のシーバスロッドを使用している方は流用で問題ありません。

Q:シーバスロッドでショアジギングは可能?

A:ターゲット、使用ルアーを選べば可能

20~30グラムまでのメタルジグで、ソウダガツオやイナダ(ハマチ)クラスの魚までなら問題は無い。俗に言うライトショアジギングレベルである。

今回、少しだけまとめてみましたが参考になれば幸いです。

おすすめ記事

1

春、釣りを始めたい人が増えるシーズンですが正直そこそこ難しいシーズンだったりもします。 なぜかと言うと気温が安定しないことが多く、三寒四温で急激に水温が下がったりした時は魚がさっぱりエサに食いつかなく ...

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

-シーバス, 必要知識
-

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.