釣りサイト「釣活」ブログ

メバリング

神戸港で根魚祭りや!入れ食い!ナイスサイズも!

投稿日:

今年のバチ抜けは微妙そうなのと、風が強くてバチ抜けポイントが良くなさそうということで、バチ抜けシーバスはやめておいて神戸港へ根魚釣りをしに行ってみた。

神戸港大盛況

夜19時ぐらいに神戸港へ着いた。まだ少し明るい感じ。日が伸びている。
神戸港大盛況
釣り場はさすが週末といった大混雑であったがちょうど帰る人達がいるみたいでポイントは割と入れる感じ。

釣れているのかを確認しながら釣り場の奥へ行くと船着き場の方でカタクチイワシがバンバン上がっていた。このイワシを追ってシーバスなんかも入ってきていると予想される。

船の下を覗くとセイゴのような魚の影が見えるのでノーシンカーでガルプを投入してみる。

一応見に来るが、食わない。なぜだ?ガルプだぞ?味も匂いもあるほぼ餌なのになぜガルプに食いつかない??

しばらくやってみたがなんのワーム投げても食ってこないのでお手上げ。

ちなみに、隣でやっていたルアーマンは多分ガルプで大きめのキビレをゲットしていた。うまくやれば釣れるみたいだ。

ただ、ちょっとアタリもないし、根魚いないかな?と場所を変更してみることにした。

移動先では投げ釣りをしている人がいて、結構でかいカレイをゲットしていた…この場所でカレイを見るのは初めてだった。

沖の方で何かがざわついていてワームを投げてみるとめちゃくちゃ当たってくる。多分イワシとかの群れに当たってるような気がする。

風でライントラブル連発…糸くずワインダーが大活躍である。

結局ここでも根魚は確認できず、移動。ちなみにライトゲームやってる人が15センチぐらいのアジをゲットしていた。底の方にアジがいるのだろう。

湾奥の船付き場で海中を覗いてみるとメバルの子供がいるのを発見!ここなら釣れる!と確信。チャリコもいたし、なんかいろいろいそうな雰囲気。

メバル用のワームを使って護岸沿いをテクトロしてみると早速アタリ。うまく乗せることができたのが極小メバル。

極小だけど中々楽しい。繊細なアタリをうまく捉える釣り。

岸沿い以外でも普通にアタリがあるが中々乗らない。多分極小過ぎて針が口に入らないのかも・・・。

ちょっとづつ歩いて極小メバルを拾っていくが明るいところで群れを発見。

圧倒いう間に2桁ゲット到達!すぐにリリースすると群れが散るので一時的にキープするバケツが満タンに。

おわかりいただけるだろうか?ムラソイもカサゴも釣れている。

アタリが無くなったら歩いていくを繰り返し、ついに大きめのメバルゲット!手応えがたまらん。

そのあと、いかにも魚がいそうな護岸沿いのエグレを発見した。えぐれから1メートルぐらい離れたところにルアーを通してもアタリがあるだけで釣れない。

きわっきわなら食ってくるかな?とエグレのきわギリギリにワームを投げてフォールさせたら手応えあり!明らかに今までの魚と違う手応えでドラグも出ていく。

これはチヌとかシーバスの子供かな?と思ったがでかいガシラでした。

このサイズのがガシラは中々出ない。年に1匹釣れるかどうかのビッグサイズだ。

えぐれの下にまだいるのでは?と思い、全く同じ場所へワームを落とすとまた同じ手応え!またでかいガシラか?と思ったらでかいタケノコメバルだった。

2連続ででかい根魚が出てくるとかまだ釣れるかも!と同じ場所を攻め続けると最終的に6連続で釣れた。ただ、釣れるたびに魚のサイズがダウンしていって最終的にベビームラソイに…。


その後も頑張ればいくらでも拾っていけそうだったけど十分釣ったので20匹ぐらいで終了とした。

根魚と言えば冬のイメージが強いけど一番釣れるのって多分4〜5月ぐらいなので数釣りもサイズ狙いも今が一番楽しいです!

今回のヒットルアー

シマノ・ストラディック
消費税の増税前に買っておきたいリール!長く愛用できるハイコストパフォーマンスモデル。

-メバリング

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2019 AllRights Reserved.