ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

チニング

ナイスサイズが出ないベイトフィネスキビレゲーム

投稿日:

どうも!こんばんは。最近競馬しかしてなかった釣活くんです。ダービーが終わって一区切りついたので釣りメインで頑張りたいと思います。

とりあえず、魚の写真がないとブログ更新できないということでキビレを釣りに行ってきた。実は先週シーバスのバチ抜けを狙ってみたけど明らかにボラのボイルだらけで明らかにボラのバイトばっかりでこれ絶対釣れたらボラだろと思いつつルアーを小さくしたらボラがガッツリ釣れたけど写真取る前に自分で跳ねて海へ帰っていったという事があったんだけどブログは書かなかった。写真ないしボラだししょうがない。

今回はバッチリ写真もとったのでブログを書いていく。

状況はまだまだ

夏のキビレゲームが盛り上がるには大阪湾が濁って欲しい。赤潮というか何か錆色の汚い大阪湾こそがキビレゲームの最盛期のサイン。まだまだ今は水がクリアすぎてあんまり気分的に盛り上がらない。

予想通りクリアすぎるのか反応はあまりない状況でワームを変更しまくってバイトを探す。
足元にはいないという予測から遠投を試すとあたったので合わせるが下手くそ過ぎたので掛かりが甘く数秒のバトルのあとバラし。ワームがバルキーなので強めにフッキングしないとちゃんと掛からないみたい。

そのあと、いつも魚が溜まっている一角には今回全く反応無く魚自体がいない感じだった。風が浜風と言うことで風の当たる場所を攻めてみる。

中々次のアタリは出ないがだんだんと時間が経つにつれて釣れそうな雰囲気が出てきた。

川の流れとの合流付近を狙って遠投すると着底と同時ぐらいにバイト。合わせず様子を見て次のあたりでフッキング!

いい感じの引きでファイトの後、ぶっこ抜きでゲットしたのが30ぐらいのキビレ。
キビレ画像
これをリリースして次の一投でまた同じ場所で同じサイズのキビレがヒットしてこれもぶっこ抜きでゲット!したものの暴れて自分で海へ自動的にお帰りになられました。。。

連発ゲットで群れの居場所発見か?と思ったがそう甘くはなくチビレのかじる乗らないアタリばかりになる。

場所を川に移してやってみるが一度だけいい感じのバイトを合わせて数秒ファイト出来たもののあえなくバラし・・・。最近なんかバラシが多い気がする。

この後はノーバイトで終了。

今回のヒットルアー

今回はなぜかこのワームにのみバイトが集中。他のワームではバイトが無かった。

おすすめ記事

1

夏は暑いがルアー釣りにはベストシーズンなので夏に是非ともおすすめしたいルアーフィッシングを紹介していこう。

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-チニング

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.