ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

アイテム

【ダイソー】ルアー用タックルボックスがよく出来ている…

投稿日:2021/05/19 更新日:

これがダイソーで!?タックルボックスがすごい…

ダイソーでちゃんとした釣具用のタックルボックスが売られていたので買って試してみたのでそのレポートです。

220円のタックルボックス

ダイソーは最近100円区切り均一ショップになっているがルアーケースは220円の商品だった。(1500円とかの商品も有ってほぼただのバラエティーショップ化してる気がする)

これまでクリアタイプは何でも小物入れ的に売られており、私もそれを使って来た。ちゃっちい感じで仕切りがグラグラしたりはあるが使用には問題なく普通に使えるレベル。

今回のはもうパッケージに釣具用って書かれているし専用タックルボックスとして特化していると言ってもいい商品だ。色も黒と赤でかっこいいし、水抜きの穴があるなど細かい点も良く出来ている。

ワンタッチで開けやすく、締めやすいデザインの留め具になっていてもはや釣り具メーカーのタックルボックスと何も遜色ない出来になっている。
それでいて220円は相当お買い得なのではないだろうか?

仕切り型が選べるボックス

仕切りがついているが組み合わせ方は色々有ってパズルとも言っていいレベル。

ルアーのサイズが大きい時は仕切りの場所を変えて入れやすくするなど出来るのが凄い。釣り具メーカーのタックルボックスは基本的に縦タイプと横タイプになっていることが多く、縦横の組み合わせが出来るこのタイプは初めて見た。

このタイプのいいところはジョイクロのような普通のタックルボックスには入らないけど普通のタックルでギリ投げれるぐらいの小型ビッグベイトと、普通のルアーが一緒に入れる事ができる様に組み合わせる事ができるところだろう。

今まではどうしてもタックルボックスの関係上横タイプでも縦タイプでも入らない小型ビッグベイトは別に仕切りのないタイプのタックルボックスを用意して入れる必要が有った。
そのためルアーボックスを2個携帯することになりカバンのキャパを圧迫することになっていた。
それがタックルボックス1個で出かける事ができる様になったと考えるとかなり使えるボックスだと言えるだろう。ジョイクロと普通のルアーがこの通り一緒に入る↓

非常にしっかりしている

タックルボックスの作りとしては仕切りがカチッと止まる感じで、グラグラすることがまずない。逆に一回装着すると抜けにくすぎて困るぐらいきっちりハマる。

全体的な出来としても非常にしっかりしていて数回使って壊れそうとかそんなレベルではない数年使えそうな質。流石にちゃんとしたメーカーの作る高いボックスと比べると劣ると言わざるを得ないがここまでちゃんとした作りなら問題は全く無いだろう。

ダイソーのタックルボックスを買ってみた感想まとめ

今回ダイソーのタックルボックスがかっこよくて使えそうなので買ってみたのだが予想外にちゃんと出来ていてびっくりした。
まさか求めていたビッグベイトと普通のルアーの共存の出来る作りのボックスが220円で手に入るとは驚きでしかない。

ほんまタックルボックスなんて何個有ってもいいですからね、安いほうがいいです。どんどん家にこのタックルボックスが増えていきそうな気がしてなりませんわ。

おすすめ記事

1

春、釣りを始めたい人が増えるシーズンですが正直そこそこ難しいシーズンだったりもします。 なぜかと言うと気温が安定しないことが多く、三寒四温で急激に水温が下がったりした時は魚がさっぱりエサに食いつかなく ...

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

-アイテム

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.