ポイ捨てするやつは釣運まで捨てとる。
ゴミ拾うやつは釣運を拾っとる。

釣りサイト「釣活」ブログ

タチウオ 釣行記

南芦屋浜短時間勝負!

投稿日:

どうも!最近の若者ほとんどMA-1着てるよな!って思ってる釣活くんです。

どこ行っても他に着るもの無いんかい!っていいたくなるほどMA-1ですよね…。私は大体ジャージかパーカーですけど。

今回もとりあえず南芦屋浜の様子を見に行ったのでその模様をレポート。

17時過ぎ現場到着

南芦屋浜の石畳
どうせ青物釣れないだろうとタチウオの時合に合わせて釣り開始。風はゆるく気温はまだ手袋をするほど寒くはなくちょうどいいぐらい。潮はゆるく流れている感じがする。

おそらくすでに時合に入っているはずということでルアーは最初から最強のワーム、パワーシャッドを使いソフトなシャクリでスローワインドをする。

特に反応はない。隣の人はメタルジグをシャクっているようだが釣れていない。

誰もタチウオを釣る気配がないのでこれは群れいないんじゃないのか?と不安になってきた。

ワインドを止めてゆっくり巻いてアタリがあるか調べてみると沖でなんか当たった。魚はいるようなので気合を入れる。

次も同じように表層をゆっくり巻いているとアタリがあり、集中をすると明確なグイ!という引きが来たので思い切り合わせる。そこそこいい引きを味わうことが出来てゲットしたのが指3.5本サイズのタチウオ。
南芦屋浜でタチウオゲット
やはりすでに時合は始まっとる。全くざわつきみたいなのがない釣れる気配のない水面ではあるが水中はタチウオの群れが居るようだ。

この後も同じ攻め方でアタリは連発したが乗り切らないバイトばかり・・・。

周りでもタチウオが上がり始め時合のピークっぽくなってきたがバイトが減る・・・。

これは違うルアーの方がいいのか?と他のルアーを試すが全然反応がない。やはりパワーシャッドが最強のようでそれしかアタリがないので戻してみる。ただアタリはさらに小さなものになっていてもはや乗る気が全くしない。

底の方に魚が移動したのか?と沈めてみると根掛かりでリーダーごと持って行かれてしょうがなくワイヤーリーダーのみでやるがもうこの後はアタリすら感じることが無くなり周りの人が次々に帰っていくのを見届け終了することにした。

一応1本でも普通サイズのタチウオが釣れたのでオッケーということにしておこう。

今回はこのポイントにベイトの群れが少なくて時合が短かったように感じる。この場所が徐々にしょぼくなっている気がするので次回は別の所でやろうかと思う…。

おすすめ記事

1

夏は暑いがルアー釣りにはベストシーズンなので夏に是非ともおすすめしたいルアーフィッシングを紹介していこう。

2

ちょっとツイッターを見ていると100円均一でルアーを揃えているツイートが! しかも結構良さげだったので近所のダイソーへ偵察へ行って買ってきたので報告する。 注:写真に写っているゲームのコントローラーは ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。 釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい、偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知 ...

4

タモ網(ランディングネット)とは、抜き上げられない大きさの魚をキャッチするために使う道具のことである。単純にタモと呼んだり、ネットと呼んだりすることも多い。 このページではそんなタモ網の使い方や選び方 ...

5

昼間の釣りでは釣れない魚が釣れたり、街灯に寄せられた魚を狙い撃ちできたり夜釣りは楽しい。 今回は夜釣りのススメを書いてみようと思う。

-タチウオ, 釣行記

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」 , 2022 AllRights Reserved.