元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

タチウオ 釣行記

南芦屋浜短時間勝負!

投稿日:

どうも!最近の若者ほとんどMA-1着てるよな!って思ってる釣活くんです。

どこ行っても他に着るもの無いんかい!っていいたくなるほどMA-1ですよね…。私は大体ジャージかパーカーですけど。

今回もとりあえず南芦屋浜の様子を見に行ったのでその模様をレポート。

スポンサーリンク

17時過ぎ現場到着

南芦屋浜の石畳
どうせ青物釣れないだろうとタチウオの時合に合わせて釣り開始。風はゆるく気温はまだ手袋をするほど寒くはなくちょうどいいぐらい。潮はゆるく流れている感じがする。

おそらくすでに時合に入っているはずということでルアーは最初から最強のワーム、パワーシャッドを使いソフトなシャクリでスローワインドをする。

特に反応はない。隣の人はメタルジグをシャクっているようだが釣れていない。

誰もタチウオを釣る気配がないのでこれは群れいないんじゃないのか?と不安になってきた。

ワインドを止めてゆっくり巻いてアタリがあるか調べてみると沖でなんか当たった。魚はいるようなので気合を入れる。

次も同じように表層をゆっくり巻いているとアタリがあり、集中をすると明確なグイ!という引きが来たので思い切り合わせる。そこそこいい引きを味わうことが出来てゲットしたのが指3.5本サイズのタチウオ。
南芦屋浜でタチウオゲット
やはりすでに時合は始まっとる。全くざわつきみたいなのがない釣れる気配のない水面ではあるが水中はタチウオの群れが居るようだ。

この後も同じ攻め方でアタリは連発したが乗り切らないバイトばかり・・・。

周りでもタチウオが上がり始め時合のピークっぽくなってきたがバイトが減る・・・。

これは違うルアーの方がいいのか?と他のルアーを試すが全然反応がない。やはりパワーシャッドが最強のようでそれしかアタリがないので戻してみる。ただアタリはさらに小さなものになっていてもはや乗る気が全くしない。

底の方に魚が移動したのか?と沈めてみると根掛かりでリーダーごと持って行かれてしょうがなくワイヤーリーダーのみでやるがもうこの後はアタリすら感じることが無くなり周りの人が次々に帰っていくのを見届け終了することにした。

一応1本でも普通サイズのタチウオが釣れたのでオッケーということにしておこう。

今回はこのポイントにベイトの群れが少なくて時合が短かったように感じる。この場所が徐々にしょぼくなっている気がするので次回は別の所でやろうかと思う…。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

クーラーボックスは美味しく魚をいただくためには必須アイテムなのではないだろうかと思い、少しクーラーボックスについてご紹介する。 クーラーボックスと言っても簡易保冷バッグから真空6面パネルまで様々なラン ...

2

PEラインというのは一般的に比重が0.9程度と水に比べて低く、何もしなければ浮くのが普通。投げたあと何もしなければ浮いているので上の図のようになる。 この状態だと水面に吹き付ける風の影響をモロに受けて ...

3

「偏光グラス」とか「偏光」とも呼ばれる偏光サングラス。釣りをするなら必須アイテムの一つに入れるべきアイテムだと私は思っているぐらい偏光サングラスは常に持ち歩いている。 今回は偏光サングラスの基本知識に ...

4

ライントラブルは釣りをしていて最も厄介な問題の一つだ。 ほどくのに時間がとられるし、再起不能になれば釣り自体がそこで終了してしまう。 こんな状況に陥らないためにライントラブルを防ぐ方法をいくつか紹介す ...

5

釣りはアウトドアなので常に雨にあう危険性がある。また船釣りなどでは波しぶきが掛かったりするのでレインウェア(別名レインコートまたはカッパ)というのは釣りの必需品のひとつだと思われる。 今回はそんな釣り ...

-タチウオ, 釣行記

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2018 AllRights Reserved.