元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

タチウオ

芦屋浜ではまだまだ太刀魚が釣れる

投稿日:

どうも!昨日の金杯は完敗でバイバイだった釣活くんです!一年の計は金杯に有りとまで言われておりもう今年の競馬は絶望です・・・。

今日は年明けも釣れ続けている南芦屋浜へ太刀魚を狙いに行ってきたのでその模様をレポート。

スポンサーリンク

暖冬により終わらない太刀魚

南芦屋浜のタチウオ釣りは大体毎年水温の下がる年末年始ごろになると終了してくる。例年はそんな感じのタチウオなのだが今年はどうも様子が違うようで年を明けてから絶好調に毎日良く釣れているようなので初釣りは手軽な南芦屋浜のタチウオフィッシングに行くことにした。

16時過ぎ芦屋浜到着。

この日の最高気温は12度とそれほど寒すぎない感じでそれほど風もなく防寒着さえちゃんと着ておけば特に寒さが気になる程でもなかった。

すでに釣り場にはタチウオ釣りの人がかなりいたが年末のギッシリで入りづらい程の人の数でもなくすんなり入る場所を見つけることが出来る感じ。

早速バイブレーションから投げてみる。この日のタックルは年末にアタリ連発もフッキング率ほぼゼロというエギングタックルをやめてワインドはちょっとやりづらいけどノリを重視したシーバス用RODシーホーク。ライトクラスのRODなので非常に柔らかく勝手に乗るROD。バイブレーションやメタルジグは投げづらいし巻くのもちょっと抵抗が強いのだがまぁ耐えられなくはないと言った状態。

巻物には特に反応無し。

16時30分を過ぎた頃隣でヒット。そこそこサイズのタチウオをゲットしていた。よく見るとすでにもう一本タチウオが釣られていて袋詰されている。到着前に釣れていたみたいだ。

年末は完全に暗くなってから時合が来たはずなのにまだ日が暮れる前から釣れている。これは早く釣らないとということでワームに付け替え投げる。

だがアタリはない。。。隣がどんどん釣り上げる・・・すごいプレッシャー・・・。群れは確実にいるはずなのでなんとかして釣るしかない。

隣の人はピンクのパワーシャッドを使っているようだったがこちらのピンクワームには反応が無いので実績抜群のワインドに変更。

しばらくして遂にヒット!竿が柔らかいからめっちゃ竿が曲がって楽しかったがめっちゃちっちゃいタチウオ・・・。でもまぁ釣れてよかった!
小さいタチウオ
そのあともワインドがハマりアタリ連発。魚が小さいのかのりが悪くてこれはもうロッドとかそういう問題じゃないわって思う。そして次のアタリこそヒットさせようと投げたら仕掛けがちぎれて飛んで行く・・・。さっき当たった時にラインが傷んでた可能性が高い・・・。当たった時はラインチェックやで・・・。

そして当たりルアーが亡くなりしばらくアタリも遠のく。周りではまだ結構な勢いでポンポン釣れているので群れはいる。

ピンクのワームでワインドをしているとやっとヒット。これも必要以上に曲がる柔らかいロッドのおかげで結構楽しくファイトをさせてもらった。
芦屋浜の太刀魚
サイズは普通ぐらいのタチウオ。

まだ明るいうちに2連発でゲット出来て周りもかなり釣っているのでこれは暗くなってもっと数を伸ばせるんじゃないか?と思ってテンションが上ったもののこの後はアタリがたまにあるだけで全然釣れない。17時30分には周りの人はほとんど帰ってしまう。時合終了早いな・・・。

結局悪あがきで18時まで粘るも何の反応もなく終了。

年末は釣れても一人1本程度の状況になっていたのに年始になってまた一人2〜3本は釣れるようになっている南芦屋浜。今年は例年にない異常な暖冬なので寒波によって一時的に釣れなくなっても暖かい日が続けばまた復活するのを繰り返して2月ぐらいまではタチウオが釣れ続けるんじゃないだろうか?

とりあえず今は釣れているのでこのチャンスを逃さないように釣りに行ってみることをおすすめしたい。

ヒットルアー

フックはフッキング重視でワインドシングルを使ってみた。

アシストフックがずれにくくてグッド。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

パックロッドというのは継本数が多いコンパクトロッドのことで、非常に短く収納できるため携帯に便利で旅行や出張する時などにかばんに忍ばせることも可能。 昔は技術力の問題から感度が悪くなってしまったり、見た ...

3

冬は寒くて釣りをするのにはかなり辛いシーズンです。しかし冬でも釣れる魚はたくさんいて、メバルやカサゴなど産卵を控えて大型が接岸する時期であり、低水温を好む管理釣り場のトラウトなんかはまさにベストシーズ ...

4

愛着のある釣具でもなんだかんだでお金が必要でどうしても売ってしまわなければならないことがあるだろう。家のスペースの問題だったりいろいろな理由があると思うがどうせ売るなら高く売りたい。そんな時はこのペー ...

-タチウオ

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.