元釣具屋店員である管理人があらゆる魚をターゲットとするルアーフィッシング総合サイトです。

ルアーフィッシングの「釣活」ブログ

インプレッション ショッピング 日常

ロッドのグリップが汚れた時便利なグッズ

投稿日:

今回は釣りに便利なグッズを紹介する釣活ショッピングのコーナー。今回もナイスな商品を紹介していくぜ!

ロッドのグリップが汚れることがあるが多少の汚れならきつく絞った雑巾でこすれば大体綺麗になる。コルクなんかは汚れが目立ちやすいグリップであるが汚れもまた味という人もいる。

ただ、何年も使っているともはや落ちないぐらい汚れたり汚れと言うか劣化のようなレベルまで来ると洗剤や雑巾ではどうしようもない状態になったりする。

そんな時に使いたいのがこの商品。

プロックス(PROX) ラバーホールドグリッププロックス(PROX)ラバーホールドグリップ

熱収縮チューブになっていてロッドのグリップにかぶせてドライヤーやバーナーを使ってゆっくり温めると縮んで密着する商品。

シーホーク
10年近く前に買ったシーホークに使ってみたが非常に良い感じになった。このシーホークのグリップは何か柔らかすぎてフニャフニャで使っているうちにどんどん質感が悪くなっていてグリップ以外はまだまだ問題なく使い続けられるのにグリップだけはもはや限界と言った感じになってきていたのであるがこのカバーを被せたらすごく質感が良くなった。あと5年は余裕で使えそうな気がするレベルで良くなった。

この製品を使ってみた感想としてはターボライターで炙って温めたのだが割りと時間がかかるということ。めちゃくちゃ熱に強い材質なのか普通のワームに使うような熱収縮チューブに比べて全然縮まらない。ライターのガスが半分ぐらい無くなるような時間温めてやっとちゃんと収縮してグリップに密着した。
シーホーク
恐らくドライヤーが最適だと思われる。パッケージにはガスコンロでも良いというようなことが書かれており相当な熱量が必要ということだろう。

あと温まり始めると時間差で縮む特徴があるようだ。

ラバーホールドグリップ使ってみたのまとめ

コルクグリップのロッドや傷のついたEVAのグリップなど諦めないでこのカバーを使ってみるとよみがえるので試してみて欲しい。

新しいコルクグリップを汚すのがもったいない時とかにも最初からこのカバーを付けてしまうというのもありかもしれない。ヤフオクとかで転売する時有利になるかも。

カラフルなのもあるようです。

【釣り用の車を買おう!】●毎日約500台入荷●約6,000台の豊富な在庫から選べる

車を買うお金がないなら働こう!【工場WORKS】短期から長期まで全国に求人多数!

おすすめ記事

1

釣り用のクーラーボックスを選ぶ上の基礎的な話は以前書いた「どれがいいの?おすすめはどれ?釣り用のクーラーボックスの選び方」を参照していただけるとわかると思うが今回は2017年版の最新釣り用クーラーボッ ...

2

釣りはアウトドアなので常に雨にあう危険性がある。また船釣りなどでは波しぶきが掛かったりするのでレインウェア(別名レインコートまたはカッパ)というのは釣りの必需品のひとつだと思われる。 今回はそんな釣り ...

3

オクトパッシングとはタコをルアーで釣るつりのことだ。 今回はこのタコ釣り、オクトパッシング(オクトパス+フィッシングの造語)についてまとめてみる。

-インプレッション, ショッピング, 日常

Copyright© ルアーフィッシングの「釣活」ブログ , 2017 AllRights Reserved.